ラヴラグブログ

「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、トップリーグオールスター FOR ALL チャリティーマッチ2017

「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  まずは、グラウンドのロケーションについてです。僕は配信で見たのですが・・・いいですね!海が近くにあって、スタンドが近くて、ロケーションが素晴らしいと思います。いつかのスーパーラグビーで見たような気がするのは、記憶違いでしょうか。あ、メジャーリーグだったかな?しかしながら、海が近いということは、風が強いんですよね。実際にプレーをする選手たちはどう感じたのでしょうか。  試合の内容としては、非常に締まったものだったと思います。昔々は、花試合だったんですよね。トライが多くて、スコアが大きく動いて、真剣なんだけど真剣勝負ではないような試合だったイメージがあります。しかし、昨年からは変わりました。サンウルブズができて、その強化試合となってからは試合の意味合いが違ってきました。  その証拠として、お互いにPGを狙っていました。PGを狙ったから真剣な戦いだったというのは安易かもしれませんが、PGを狙うことで試合が締まったようには感じました。そして、お互いの球際のせめぎ合いが真剣勝負だということを大きく証明していたと思います。ブレイクダウンはもちろんです。さらに、ハイライトはオールスターズの2度のトライセービングタックルに現れていると思います。山田選手がボールと地面の間に体を入れたり、山中選手がトライの体制に入っている選手のボールを叩き落としたり、最後の最後まで諦めない姿勢もまた素晴らしかったと思います。  とはいえ、試合全体としては

「個と個の戦い」

というイメージが強かったと思います。もちろん、オールスターズは個としての力を前面に押し出して試合を進めたと思います。サンウルブズもまた、これから仕上がって来るのだと思います。まだ一試合目ですからね。そして、準備をする時間についても十分だったとは言い切れないと思います。きっと、これからです。試合をすればするほど詰まっていくんだと思います。  その中で光ったのは、オールスターズのATではないでしょうか。まずは、アイデアと引き出しが豊富だったと思います。キックの有効活用が光っていましたね。DFラインの背後に転がしたり、DFラインの後ろに浮かしたり、ファンタジスタ的なアイデアが豊富だったと思います。そして、縦のオーバーラップを有効活用していたと思います。前にいるランナー(リードランナーで良かったんでしたっけ?)がしっかりとDFに対して仕掛けて、バランスを崩していたと思います。そして、後ろからのランナー(シャドーランナーで良かったんでしたっけ?)がしっかりとスペースに対して仕掛けていました。外のオーバーラップでDFが届かないところを抜いて行くのではなく、DFライン内でオーバーラップを作って選手のDFエリアの中を抜いて行く。非常に有効だったと思います。そして、最近よく見られる光景だと思います。きっと、こういったプレーができないと、最近のラグビーではラインブレイクをするのは難しいのではないかと個人的には思います。外のスペースに対しては、必ず誰かがカバーDFに走っていますからね。あらかじめ、準備をしている訳です。しかし、

「ここはお前の責任だから止めてくれよ。」

という範囲を抜かれてしまうのは、少し想定外だと思うんですね。ミスマッチであれば、多少は予測ができるのでしょうが、それ以外の状況だと・・・。  個人的に光っていたのは、やっぱり山田選手ですね。ちょっと、格が違うのかな。昨年のサンウルブズでの大活躍もまた、納得のプレーでした。何かの事情はあるのでしょうけれども、シーズン途中からでもサンウルブズに合流してくれたらと思います。そして、ジェイミー・ジェリー・タウランギ選手のAT能力もまた光っていました。ほかには、坂出選手のタックルもまた渋かったですね。そして、リアクションがいいです。倒して、すぐ起きて、次の仕事を探す。そこまで徹底されていたのが良かったと思います。  そのほかの話題としては、やっぱり、背番号ですかね。試験的なものだったんですが、持ち番号制度ですね。僕としては、反対です。だって、ターンオーバーをしたときに、ブレイクダウンの中に15という番号を見付けたら、まずは裏のスペースを見るという理屈が成り立たないからです。と、あまりにミクロな話をしていますね。すみません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ戦」を見て

> ぶらをさん
 コメントありがとうございます!
 確かに、スタンドの雰囲気とリアクションが良かったですね。サンウルブズを待っていたんだという期待感がそうさせたのでしょうか?それとも、ぶらをさんが言う「九州ラグビーファンが醸し出す独特の空気」なのでしょうか?いずれにせよ、僕もコメントを読んでからふと思いました。
 国内シーズンのストラクチャーは・・・トップリーグのプレーオフのチーム数を増やしてほしい気がしました。4チームよりは、6チームなのかなと。理由は、6位以内でプレーオフということになるとシーズン終盤までにもつれるのかなと。最後の一枠や二枠が。それが日本選手権という方式であろうとなかろうと、その方がシーズンの終盤まで盛り上がるのかなって思います。ま、もうすでに来年のレギュレーションが発表になっていますけどね 笑
 持ち番号制度にして、もちろんいいこともあるでしょう。でも、現時点では何となく馴染まないことの方が多いと思います。もしそうなったら・・・とりあえず、覚えるのに必死ですね!ラグビーを見ることに力を注ぐことができないかも!?
 田中選手や堀江選手、山田選手がどうして成長したのか?それは、きっと一人で乗り込んだからです。一人で戦う状況でタフになったからです。そう考えると、サンウルブズに拘束しちゃうのはどうかなって思うんです。もちろん、僕の言い分は数ある理屈の中の一つなので、必ずの正解だとは言えませんけどね。でも、日本代表も、サンウルブズも、応援しますよ。だって、日本のチームなんですから!!!

Re:「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ戦」を見て

> angelmatさん
 コメントありがとうございます!
 確かに、一緒に戦いながら指導をするという方法もアリですよね!プレイングコーチという肩書がなくっても、それがベテランと言われる選手の務めですよね。それが、専任コーチには決してできないコーチングでしょうから。
 僕も、スーパーラグビーにかじりつきます!でも、時間が欲しい!本当に、時間が欲しいです。。

「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ戦」を見て

こんにちは。
ミクニワールドスタジアム、簡単に海ぽちゃしそうな競技場ってどうなのかとか、インゴールがやや狭い気がしたとかありましたが、とにかくロケーション最高ですね。
美しい芝も。(日本選手権決勝での秩父宮が悲しかったことを思い出しつつ)こんな場所でラグビーをやれるって至福な気がしました。
何より、スタンドの雰囲気が良かったです。両チームを応援できる、この試合ならではの空気なのか、九州ラグビーファンが醸す独特の空気なのか、
老若男女、選手を鼓舞する人、試合に熱中する人、お祭り的気分の人…それぞれいい感じで共存し、ファインプレーなどへの反応も素敵でした。

この、圧縮日本選手権−(パナのグローバルテンズ参戦)−ドリームマッチーSRの流れっていいですね。
それぞれの試合の勝利に明確なモチベーションが存在し、さらに世界(とか日本代表)につながる流れとなっていることで、選手達のギラつきがすごくて、充実感を感じます。
今後もこの時期はこんな感じでできると良いのではないかと思いました。

>持ち番号制度ですね。僕としては、反対です。 
のご意見に賛成します。私の場合見る立場としてですが。
ラグビー経験者だと普通にわかるのかもですが、場面場面でコンテストしている選手達とかのポジションを考えている間に次の展開に移ってしまったりして、見づらかったです。野球やバスケはポジションが一目瞭然だから問題ないでしょうけれど、ラグビーでこれが通常になると私ついていけなくなるかも。

>サンウルブズを日本代表の強化とするならば〜主力選手はほかのチームに参加をするべきです。
そうですね。自分の状況によって、ほかのチームを志行する選手もきっといますよね。
田中が昨季ハイランダーズ、今季サンウルブズを選んだのと同じように、トップを目指す選手には、その時期に必要なことを自分で判断する力が求められるでしょうし、
少なくとも、日本代表の強化策として、そういう志向も認めるべきだと思いました。

「サンウルブズ×トップリーグオールスターズ戦」を見て

何かコメントを書こうと思って読みましたが,
皆書かれていて何にもありませんでした.ハハハ.
その通り,その通り,その通り.
山田や田中は違いますねぇ,
彼等はもう戦いながら指導へ進むべきかなとも思います.

若い有望選手には武者修行で世界に通用する実力を付け,
我らが代表になってほしいものです.

いよいよテレビにかじりつく日々が始まります.

こんな記事も読みたい

ニューHB団【グラウンドから愛を込めて】

全国選抜まであとひとつ【グラウンドから愛を込めて】

【Photo】「豊田自動織機シャトルズカップ第18回愛知県中学生ラグビー新人大会」決勝【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:956103

(11月26日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
10
08
07
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss