ラヴラグブログ

「サントリーサンゴリアス×パナソニックワイルドナイツ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、第54回日本選手権決勝戦

「サントリーサンゴリアス×パナソニックワイルドナイツ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  最近は、試合を見た後の感想が同じになってしまいます。

「すごい試合だったな・・・。」

非常に抽象的で、誰にでも表現できるものなんですが、この試合もまた同じ感想を持ちました。そして、正に

「テストラグビー」

だったと思います。まるで、テストマッチのような試合だったと思います。

トライが少なくて、 アンフォーストエラーが少なくて、 お互いにDFが良くて、

非常に締まった試合でした。日本国内ではなく、外国の試合を見ているようでした。  実際の試合内容も、いかにもファイナルというものでした。キックを効果的に使って、自分たちが戦べき陣地を意識して試合を進めていたと思います。そして、お互いに最初のスコアはPGでした。スコアできるチャンスが少ないという想定があっての選択だと思います。このような試合では、スコアできるときにしっかりしておくのが鉄則ですからね。そして、勝利を求めるというよりは、敗戦を避けるような試合運びではなかったでしょうか。ATでは、できるだけリスクを冒さない確実性のプレーを選択する傾向が強かったのではないかと思います。DFでは、アグレッシブの中にも規律正しいプレーを選択していたと思います。とはいえ、ペナルティはパナソニックの方が多かった印象があります。きっと、サントリーのプレッシャーが強かった証拠なのではないでしょうか。  シーズン終盤の疲れの影響もあったのかもしれません。それにしても、グラウンドに倒れる選手が多かったと思います。ケガをしてしまう選手が多かったように思います。きっと、コンタクトが想像以上に激しかったのでしょう。今思うと、痛んでいたのはパナソニックの選手の方が多かったかもしれません。すると、サントリーのコンタクトの方が激しかったという仮説が立てられます。一概には、そう言い切れませんよね。お互いに勢いを付けてコンタクトをするでしょうから、必ずしも一方が強かったとは言い切れないかもしれません。  このような大一番は、どちらかと言ったらディフェンシブな試合展開になります。だから、なかなかDFを崩してトライまで至ることが難しいんですよね。すると、泥臭いトライで勝負が決まってしまうことがあります。例えば、タックル後のこぼれ球を足で引っ掛けてインゴールまで運んだり。例えば、キックチャージしたボールがインゴールまで転がって抑えてみたり。この試合の唯一のトライも、キックチャージが原因でした。しかし、それが勝利に繋がるものではありませんでした。辛抱に辛抱を重ねて、少しずつスコアを重ねたチームが勝利を得ました。自分たちの形ではなかったかもしれませんが、勝ち切るチーム力があったということなのでしょう。  それにしても、パナソニックはチームとしてジャッカルが上手ですね。ジャッカルというプレーは、誰にでもできるプレーではないと僕は思います。どんなにトレーニングをしても、一定以上のものができるのは先天的な素質のある選手だけだと思います。そう考えると、そのようなタレントが揃っているということなのかもしれません。しかしながら、ジャッカルが上手な選手が多いチームだと思います。  山沢選手、成長しましたよね。開幕戦の頃とは、別人のようなプレーだったと思います。彼に対しては、僕は少し厳しい見方をしているのかもしれません。ほかの人からすると、開幕戦のときから十分に通用していたようです。しかし、どこか試合にフィットしていない印象があったんです。それが、この試合では見事なプレーでした。彼の長所は、しっかりとしたビジョンを持っていることだと思います。前を向いてプレーをして、しっかりスペースを突くプレーができることだと思います。きっと、ほかにもいます。彼のように、大学に在学中でもトップリーグで通用する選手はいるはずです。これが成功例になって、ほかの大学生にも挑戦してほしいと思います。ま、制度的に課題があるものだとは思いますが。  それにしても、ヒーナンの横殴りのタックルは健在ですね。ずーっと健在ですが、今シーズンもまた健在でした。ラインブレイクをしたかと思った瞬間、見えないところから飛んできます。横殴りのタックルが、ガツーンと飛んできます。きっと、カバーDFに走っている証拠なんですよね。予測をして、しっかりとしたコースを、カバーしている証拠なんですよね。意識はもちろんだし、読みだったり、経験だったり、そういったものに裏付けられたプレーだと思います。タックル自体はもちろんですが、そこに走っていたことが最も評価されるべきプレーだと思います。  サントリーに関しては、とにかくプレッシャーを掛け続けていたという印象があります。ATでも、DFでも、しっかりとプレッシャーを掛けていたと思います。そんな中で思ったのは、2人目の選手の寄りの速さですね。特に、AT時には強く感じました。そして、その選手がしっかりとした仕事をするんです。それは・・・ロールアウェイさせないという仕事です。パナソニックのタックラーを、足で押さえ付けていたシーンが何度かあったと思います。意図的なのでしょうか、それとも不可抗力なのでしょうか。いずれにせよ、そういった状態が何度か見られたと思います。僕は・・・意図的だと思います。そしてペナルティを得て、PGで得点を重ねていましたから。ま、PGは結果ですよね。しっかりと2人目が早く寄っていたからの副産物です。  僕は、前のブログで、この試合についてプレビューをしていました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

北海道ミニ・ジュニアラグビー指導者研修会2017@定山渓1/28−29【Dream Rider  西山淳哉】

「ジャパンラグビートップリーグ16/17入替戦」を見て【ラヴラグブログ】

【お知らせ】釜石タウンミーティングin東海【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:182
  • 累計のページビュー:918530

(04月26日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss