ラヴラグブログ

「パナソニックワイルドナイツ×ヤマハ発動機ジュビロ戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は、第54回日本選手権準決勝

「パナソニックワイルドナイツ×ヤマハ発動機ジュビロ」

の試合を見た感想を書こうと思います。  スコアの推移を見ても、風が試合に大きな影響を与えたのかなと思います。前半も、後半も、風上のチームが多くのスコアをしましたから。  まずは、パナソニックについてです。このチームのピーキングの上手さには圧巻です。今シーズンだけではないかもしれませんが。シーズン終盤に向けてしっかりと仕上げてくる感じがします。シーズン開始当初よりは、明らかにチーム力の向上を感じました。  この試合では、とにかく地上戦で圧倒したと思います。先発のFW3列の顔ぶれを見ると、ジャッカルに長ける選手が揃っていましたからね。意図的か、偶然か、どちらかは分かりません。しかし、地上にあるボールに対して、手を掛けるというプレーに長けている3人が揃ったと思います。そして、ヤマハのブレイクダウンに対してプレッシャーを掛けていたと思います。この3人以外にも、ジャッカルが上手い選手は多いですよね。ヒーナン選手もだし、堀江選手もだし、そういった選手が多いかと思います。というか、チームとしてジャッカルが上手な印象があります。それに対して、ヤマハはオーバーをしてボールを越えていくイメージがあります。  さらに、低いプレーが目立ったと思います。タックルに関しても、ブレイクダウンに関しても、とにかく低かったと思います。タックルに関しては、まずは低いタックルで倒してしまって、前述のFW第3列がしっかりとボールに絡んでいたと思います。ブレイクダウンでは、常に相手の下に入ってプレーをしていたと思います。相手のお腹に自分の肩を当てるようなイメージですね。低さと上手さで、ヤマハの強さに対抗していたように見えました。とはいえ、決してパナソニックの選手が弱いとは言い切れませんよね。すると、強い選手が低いプレーをしていることです。そりゃ、強い訳ですわ。  ATでも、いいプレーが見られました。1本目と2本目のトライは、意図どおりにDFを崩してトライを取っていたと思います。要因は、DFに対して全ての選手が仕掛けていたからだと思います。イメージとしては、ノミネートされるんじゃなくて、ノミネートをさせる感じですね。ボールを持っていてもいなくても、DFに対して走り込んで足を止めさせる感じです。そして、DFにスライドをさせないでスペースやギャップを突破するイメージです。きっと、サントリーのATもまたこの考え方があるように思います。

誰が、どこに、どのように走ってプレッシャーを掛ける。

といったことが理路整然となっている感じがします。チームが違っても、ラグビーの根幹は同じなんですね。  さらには、前半は逆目への折り返しを意図的にATに折り込んでいたように見えました。きっと、ミスマッチを狙っていたのでしょう。決して悪気がある訳ではないのですが、ヤマハの第一列は少しDFが苦手なように見えます。フィールドプレーに関して、横の動きに関して、少し難があるのかと。そこを突くために逆目を多用していたように思いました。  ATで目立っていた選手を挙げると、福岡選手はとにかくキレッキレでしたね。僕が改めて言う必要はないかと思いますが、非常に能力が高い選手だと思います。その能力を、余すことなく出し尽くしていたように見えました。そして、林選手ですね。ボールキャリーの回数がとんでもなく多かった印象があります。カウントした訳ではありませんが、ATの起点になるためにひたすらボールを持ってDFに対して切れ込んでいたように見えました。  ヤマハは、自分たちの強みは出していたと思います。

スクラム・ラインアウトからのドライビングモール

自分たちの強みはしっかりと出していたと思います。しかし、試合を支配するまでの圧倒的な強みまでは至っていなかったと思います。シーズン序盤は試合で猛威を振るっていたのですが、徐々にほかのチームも対応できてように見えます。確かに、スクラムでペナルティを奪い取っていました。確かに、ラインアウトからのドライビングモールでトライも獲っていました。しかし、勝利までは繋がりませんでした・・・。  ATでは、立ってボールを受ける機会が多かったように思います。試合開始当初は、ボールをあまり下げないでATする機会が多かったと思います。シンプルでダイレクトなプレーを選択していたと思います。どんどん前に出て行って、自ら体を当てていたように思います。しかし、時間が過ぎるにつれて、立ってボールを受けるシーンが多かったと思います。そこに対してパナソニックがプレッシャーを掛けて来て、下がってプレーをせざるを得ない状態になっていたように思いました。どうして、途中で変わってしまったんでしょうか。もしかして、ゲームプランだったのでしょうか。ま、僕に知る由はありません。。  後半には何本かトライを取ることができましたが、個の力が大きかったように思います。DFラインのFWとBKの継ぎ目を、スピードのあるランナーが個の力で突破していたと思います。組織としては・・・パナソニックのDFのプレッシャーをまともに受けてしまっていたかもしれません。  試合を見終わって思ったことは、パナソニックの懐の深さです。後半のヤマハのスコアでさえも、取らせるように取らせていたというか。ま、そんなことはありませんよね。ふと、こんなことを思いました。敵陣深くでDFをするとき・・・例えば、22mライン付近でDFをするときです。そんなときに、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rugby
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:「パナソニックワイルドナイツ×ヤマハ発動機ジュビロ戦」を見て

> mm0507さん
 コメントありがとうございます!
 確かに、今シーズンのヤマハはそのような戦い方をしていましたね。意図的にペナルティを得て、タッチキックでゴール前に侵入して、ラインアウトからドライビングモールでスコアしていましたね。
 そっか。パナソニックがブレイクダウンで無理をしなかったからなんですね。しかし、絡めそうなときはしっかりと絡んでいたし、見極めが良かったんですね!確かに、スキルと規律の高いチームですね!!

「「パナソニックワイルドナイツ×ヤマハ発動機ジュビロ戦」を見て」へのコメント

ヤマハが喉から手が出るほど欲しかったのは、ペナルティでしょう。セットやブレイクダウンでペナルティをもらって、ファンデンヒーハのキックで・・・。
パナソニックはその部分でフィフティフィフティのDFをしない。スキルと規律の高いチームですね

こんな記事も読みたい

にしやん松戸ラグビー教室2017-3【Dream Rider  西山淳哉】

ラグビー日本選手権からの大学枠撤廃はラグビー界レベルアップの証【スポーツ えっせい】

その気持ちをみんなで【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconrugby-rugby

初めまして。
ラグビーを通じて、思ったことや感じたことを素直に自由に書き記していこうと思います。
あまりに自由奔放すぎて、不快な思いをする人もいるかもしれません。
何はともあれ、よろしくお願いいたします。




実は、知る人ぞ知る「ラグビー馬鹿日記」の続編です。。
ご意見、ご指摘等がありましたら、以下のアドレスまでメールいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

rugby_bakanikki@yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:910315

(03月30日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「筑波大学×帝京大学戦」を見て
  2. 「南アフリカ代表×日本代表戦」を見て
  3. 「早稲田大学×帝京大学戦」を見て
  4. 「早稲田大学×同志社大学戦」を見て
  5. 「第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会」準々決勝を見て
  6. 「第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  7. 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会3回戦」を見て
  8. 「明治大学×筑波大学戦」を見て
  9. 「御所実業高等学校×東福岡高等学校」を見て
  10. 「第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準決勝」を見て

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss