ラグマガ ドットコム

ラグビーマガジン編集部発、楕円球ミニ情報

rugby-m

【毎月25日発売】 白熱の試合レポートから技術解説、インタビュー、初心者観戦ガイドまで、幅広い企画で毎月充実。選手、ファン必携の雑誌です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [[rugby-m-292062.jpg もっと見る
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:907018
  • (08月01日現在)

最新の記事

花園です。W杯から帰ってきました!

ワールドカップから帰ってきました!(←2か月半前ですが) で、花園です。全国高校大会開幕! 生駒おろしが冷たく、寒い…のですが、 熱戦を見ていると鼻水が垂れるのも忘れてしまいます。 ↓開会式の入場行進。若者は元気だ。 全国の予選を勝ち抜いて聖地にやって来た各校。 やはり、すべてのチームにキラリとひかるものがあります。 自分の取材担当となった試合で目を引いたのは、 愛媛県代表......続きを読む»

王国の熱、おとどけします。

ワールドカップ…終わっちゃった。 いい試合ばかりでした。 ファイナルも凄かった。 で、その編集作業で…ただいま復帰しました。 決勝戦の翌日に現地の森本記者から届いていたリポート、 遅まきながらアップします。 たぶんニュージーランドは、まだまだ熱に包まれています。 ■オークランドの街は熱狂の渦。 W杯決勝から一夜明け、NZは国民の休日。 オールブラックスが優勝したからではなく......続きを読む»

JK退任、をJRFUが発表です。

日本に戻ってきました。 風と雨で寒かったウェリントンにいたからか、 まだまだ暑く感じます。 そうそう。シドニーの空港でこんなことがありました。 イミグレーションを抜けると、恐い顔をしたお兄さんが近づいてきました。 ん? で、無表情で「こっちへ。荷物をすべて置いて。両手をあげて」。 聞けば、「爆発物探知機による検査対象者に無作為に選ばれました」とのこと。 あなたが、怪しいと思ったんで......続きを読む»

タスマン海をまたいでラグビー談義。

楕円の王国のおとなりです。シドニーです。 ウェリントンからのフライトは、 準々決勝を観戦したファンでいっぱい。 3列シートの真ん中で窮屈な思いをしました。 窓側のおばさんがワインを何度もおかわり。 案の定、トイレに立つ回数も多く、何度か起こされました…。 ↓シドニー空港からシティーへは地下鉄で。わずか10分強の時間なのに約1000円。高ッ! ↓シドニーのセントラルステーション......続きを読む»

つながる楕円球の縁。ウェリントンはいいとこだ。

ああ、アナタたちまで…。 オールブラックス、大変だ! 準々決勝のアルゼンチン戦で肩をいためたムリアイナ、 足の付け根をいためたスレードに代わって、 ホズィア・ギアとスティーブン・ドナルドを招集しました。 この先のワラビーズ戦と決勝をどう乗りきるのか。 国民の悲願達成に向け、オールブラックスのより一層の結束が求められるところですね。 ↓ウェリントン市内の中心部、ライブラリーの横には、......続きを読む»

タックル、タックル、タックル!

2日続けてタックル、タックル、またタックルのゲームでした。 やったねワラビーズ! ボクスだって、立派だった。 準々決勝2日目のウェリントンでは、 11-9でオーストラリアが勝ちました。 南アフリカは大会に入って調子を上げていましたが、 連覇には届きませんでした。 ↓スタジアムの入り口はこんな感じ。 ↓試合後、スタンドのファンの声援に応えるワラビーズの選手たち。 ↓凛......続きを読む»

レッドドラゴン、アイルランドを飲み込む!

やったよウエールズ! 昨晩ウェリントンで行われた準々決勝のアイルランド×ウエールズは、 真紅の側が自分たちらしく戦い抜き、 最初のセミ・ファイナリストとなりました。 ディフェンスの勝利です(22-10)。 あふれ出るFWのタックルとブレイクダウンへの素速い参加。 そして若きBKが、それぞれの仕事を全うする。 19歳のWTBジョージ・ノースは「風がどう吹いているかも知らなかったよ」と言う......続きを読む»

ラグビーマインド満載です。ウェリントン!

昨日は、お伝えしていた通り、福岡の画家・岡部文明さんと、 同氏が高校時代に首に重傷を負った際、お見舞いに来てくれた NZU(ニュージーランド学生選抜)の選手たちが 44年ぶりに再会するパーティーへ行ってきました。 涙、涙…の再会劇となるかと思っていましたが、実際は、 長い歳月をあっという間に超えて、当時に戻った感じ。 皆さん、あたたかな時間を過ごしていました。 ↓NZラグビー協会で......続きを読む»

ウェリントンにて、ラグビーマンの個展開催中。

昨日は小雨と風で寒かったウェリントン。 今日は晴れて、暖かいです。 いよいよ明日、アイルランド×ウエールズ。 街にも両国サポーターたちの数が増えてきた感じです。 ↓ウェリントン市内の紳士服店の看板です。 ↓『ビーハイブ』(蜂の巣)と呼ばれる国会議事堂。 ウェリントンの中心部から電車で約20分、 ボリルアというところにあるパタカ美術館に行きました。 ラグビーマンである画......続きを読む»

気を取り直して、再度ワールドカップへ!

ジャパンのワールドカップが終わってから 抜け殻のようになっていました。 が、ボーッとしているわけにいきません。 今日からブログ再開しますね。 いよいよ今週末から、ノックアウトステージ開始ですから。 ということで、昨日の夜に日本を発ち、NZへ向かいました。 今回は、前回に比べたら楽勝の旅程。 シドニー→クライストチャーチ→ウェリントン、でした。 ↓クライストチャーチの空港前には......続きを読む»

勝利は遠く…。ジャパン、W杯を終える。

残り約8分で8点リード。 それでもダメか…。 今回のW杯、第4戦となるカナダとの 試合を戦ったジャパン。 結果は23-23と、4年前の大会同様に引き分けに終わりました。 ↓ジャパンの応援も多かったマクレーンパーク ↓勝ちきれなかった… あまりのショックに、詳細を書く気力がありません。 現地で取材中の森本記者によると、 菊谷主将は、次のように語った模様。 「......続きを読む»

ジャパンよ、ワールドカップに足跡を残せ!

いやあ、昨日のアルゼンチン×スコットランド、おもしろかったですね。 これぞワールドカップ! でした。 さて、いよいよ明日に最終戦を戦うジャパン。 現地の森本記者より、キャプテンズランのリポートが届きました。 どうぞ。 【ジャパン・リポート in NZ/ from ネーピア】 カナダ戦を翌日に控えた26日、マクリーンパークで キャプテンズランが行われました。 前夜の雨が埃を洗い......続きを読む»

【続報あり】ジャパン、カナダ戦メンバー発表!

ジャパンのカナダ戦メンバーが発表されました。 ベストメンバーです。 魂、見せてください。 【ジャパン・メンバー vs CANADA】 1. Hisateru Hirashima 2. Shota Horie 3. Nozomu Fujita 4. Luke Thompson 5. Toshizumi Kitagawa 6. Sione Talikavili Vatuvei......続きを読む»

ジャパン、20年ぶり勝利に向け再始動。

トンガ戦の敗戦を見て、抜け殻状態になっています。 ブログ、またまた放置状態になるところでしたが…現地の 森本記者より、ジャパンがもう一度上を向いたと報告が。 24日の練習の模様をお伝えしますね。 ■ジャパン in NZリポート from ネーピア 2日前にネーピアに移動した日本代表は、 カナダ戦を3日後に控えた24日、 ネーピア郊外のシティー・ローバーズで練習を行いました。 ......続きを読む»

トンガ戦メンバー発表! ジャパン、魂注入だ!

9月21日に行われる、ジャパンのW杯第3戦、 対トンガのメンバーが発表されました。 昨日(18日)のジャパンは練習がオフでしたが、 チームはNZのパワースポットに出向いてリフレッシュできた様子。 同行した編集部の森本記者のレポートをお届けします。 ■ジャパン、W杯リポート From NZ 練習がオフの9月18日、 日本代表は滞在しているホテルから1時間半のとこにあるホキアンガを訪れ......続きを読む»

決戦前日。ヤングボーイズ、GO!

いよいよ、あと数時間後にオールブラックスと対峙します。 ジャパンよ、誇り高き戦いをみせてくれ! 試合前日のジャパンの表情が、 現地で取材中の編集部スタッフ、森本記者から届きました。 以下、どうぞ。 ジャパンは11時からワイカトスタジアムでキャプテンズラン。 最後の20分だけ公開されました。 練習後はJKとリーチ、日和佐が会見。 指揮官は開口一番「YOUNG BOYS TODA......続きを読む»

オールブラックス戦で、世界中が『日本ラグビー』を評価する。

カナダがトンガに勝った! 25-20というスコアで、互いの迫力が凄いのなんの。 その試合、ジェイスポーツで解説させていただいたのですが、興奮しました。 カナダ、愚直なプレーをくり返し、いいチームだったなあ。 これで2連敗のトンガ、次の日本戦で快勝しない限り サプライズを起こす可能性がなくなるから(最終戦のフランスに勝って奇跡のプレーオフ進出など)、 なりふり構わず向かってくるだろうな。 ......続きを読む»

対ジャパンのオールブラックス、メンバー決まった!

16日にジャパンと対戦する オールブラックスのメンバーが発表になりましたね。 開幕のトンガ戦の先発から7人が変更となっています。 ↓トンガ戦のマン・オブ・ザ・マッチ、WTBカフイも出ます。 【ALL Blacks vs JAPAN】 1. Tony Woodcock 2. Keven Mealamu 3. Owen Franks 4. Brad Thorn 5. Sam ......続きを読む»

ラグビーに人生をかけた男!

ジャパン×フランスの試合後、オークランドで酒席をともにした ハミルトン在住の森田さんから、現地発の情報が届きました。 12日には、ジャパン×NZ(16日)が行われるハミルトンの スポーツショップでオールブラックスのサイン会が開かれたとのこと。 長蛇の列が出来て、サインをもらえない人が続出でしたそうです。 試合に向け、現地のボルテージも高まってきた! ↓サイン会の模様。 ↓お店......続きを読む»

ワールドカップは、世界中のラグビーファンが見ている。

今朝、興奮の王国より帰国しました。 あついよジャパン。暑いよ日本、です。 寒いNZはオークランドから、シドニーを経由して、 クアラルンプールに着く頃には周囲のラグビー熱が低下していくとともに、気温が上昇。 成田に到着後、機内から外に出るとムシ暑いこと。 帰ってきた…という感じです。 ↓シドニーの空港で。豪州×イタリアの放映にはグレーガンが出ていました。 ↓クアラルンプールでは......続きを読む»

ワールドカップ初戦。日本ラグビーにスタジアムが揺れた。

「ジャパン! グッドゲーム!」 夜のオークランドの街で、多くの人に声をかけられました。 フランスを相手に一時は21-25と迫る試合内容。 最後は21-47と引き離されましたが、ノースハーバースタジアムは 圧倒的にジャパンへの声援が多かった。 もちろん、前半にスクラムで圧倒されて試合の試合を許し、 後半立ち上がりも何度も攻め込まれ、 一時、相手の闘争心が薄らいだ感じはありました。 ......続きを読む»

始まった! ラグビーの祭典。オールブラックスは不完全燃焼でも完勝。

街にはラグビージャージーを着た人たちがあふれ、 イーデンパークのスタンドは真っ黒けでした。 ワールドカップ開幕! です。 注目の開幕戦、NZ×トンガは41-10でホスト国の勝利。 満員のスタジアムはおおいに沸き、 繁華街は深夜まで酔っ払いで埋め尽くされましたが、 オールブラックスのミスの多さとトンガの底力が見られた80分でもありました。 ↓住宅街で見つけた応援ボード。子どもたち......続きを読む»

ラグビー日和! ワールドカップ開幕のオークランドは快晴です。

ついに、この日がやってきました! RWC2011、本日開幕です。 テレビでは朝から特番をやっています。 各国のコメンテーターが登場し、ああ言ったり、こう言ったり。 ただ、ジャパンの話題はでてこない…。 19:30からオープニングセレモニーが始まり、 20:30、ついにキックオフとなります。 ↓9月9日、開幕を待つオークランドの空は快晴! ↓スーパーで買ったビールもW杯仕様で......続きを読む»

ラグビー王国到着! ワールドカップ一色だよ。

昨日はソウルまででしたっけ? 7日の15時過ぎ、オークランドに着きました! 20時間超の旅、疲れた~。 仁川空港を出てシドニー空港に着くと、さすがに隣国。 NZへのトランジット窓口には多くの人が並び、 ジャージーを着ている人もたくさんいました。 ラウンジのショップにはW杯グッズもいろいろ。 こちらの気持ちも高まっていった感じです。 ↓大韓航空の機内食はおいしい。 ......続きを読む»

ラグビーはどこ? ワールドカップ熱…ここにはナシ。

ワールドカップが近づくのを待っていました。 ブログ再開の機会を逃すこと数十回。 また、やってみます。 で、3日後ですよ、3日後。 楕円球界最大の祭典が近いというのに…ここに、ラグビー熱は皆無です。 ソウル、インチョン空港にいます。 成田発、ソウル、シドニー経由のオークランド着の長旅は約20時間! つらいけど、とりあえずオールブラックス×トンガと、 ジャパン×フランスを観るために王......続きを読む»

ラグビーマガジン 10月号

ラグビーマガジン 10月号 待ってろNZ ワールドカップ、まもなく開幕 MATCH REVIEW(1)  日本20-14アメリカ 逆転勝ちで壮行試合飾る MATCH REVIEW(2)  日本24-31イタリア セットの修正急務 イタリア強化合宿総括◎「ネクストレベル」に必要なもの インタビュー 日本代表決戦のとき。  ・菊谷崇 [主将/FL] ◎キャプ......続きを読む»

ラグビークリニック Vol.26

ラグビークリニック Vol.26 特集◎NZラグビー ラグビーカントリーに生まれて。――ジョン・カーワン[日本代表ヘッドコーチ] ライバル国の名指導者が語るNZラグビー――エディ・ジョーンズ[サントリーサンゴリアスGM&監督] 2つの国で、貫く哲学。――ロビー・ディーンズ[オーストラリア代表監督/元クルセーダーズ監督] 王国の子はこう育つ――小野晃征[福岡サ......続きを読む»

ラグビーマガジン 9月号

ラグビーマガジン 9月号 決戦へ加速せよ。 ジャパン、パシフィックネーションズカップ優勝! ・PNCマッチリポート ・信念の「7」◎西原忠佑インタビュー[FL/パナソニックワイルドナイツ] ・RIVALS 「2番」の一番は誰だ? 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ/日本代表×TL選抜 特別企画◆ラグビー日本代表応援宣言『ラグマヨ!』に密着 ......続きを読む»

スーパーなお顔、です。

ラグマガで連載中の『THE FACE OF WORLD』。 これは世界各国のラグビー雑誌の表紙を紹介するページですが、 今月号のSA RUGBY(南アフリカ)が凄い。 カラーで見た方がおもしろいので、紹介しますね。 ↓2011年の1月&2月合併号です。約300円。 まもなく開幕するスーパーラグビー(スーパー15)各チーム、 スター選手の顔の一部を合成して作った表紙です。 誰の......続きを読む»

勝手に休み、勝手に再開! ラグビーマガジン発売です。

おひさ、です。 勝手に休み、勝手に再開します、ね。 昨日(25日)はラグマガ3月号の発売日。 各大会のクライマックスを思い出し、お楽しみください。 大学ラグビー、写真に迫力あり。高校ラグビーはみんな熱い、です。 昨日は、多くのプレーヤーが着用している『スキンズ』の展示会へ。 新しいモデルも登場で、ますます快適になるそうです。 ↓これを履いている選手、多いですよね。『ス......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 12 13

このブログの記事ランキング

  1. ボウケンレッドは、かつてのロイヤルブルー戦士。
  2. リアルロックのいる焼肉店。
  3. なつかしの左座さんと、福岡にて。
  4. おおっ、アンドリュー・エリス!
  5. 秩父宮→カンガク→福岡→鹿児島ラグビーツアー
  6. ラグビー界の知恵袋、です。
  7. 激しすぎるぞ、台湾ラグビー。
  8. 新鮮ジャパンとルール勉強会
  9. 上井草の新たな住人たち。
  10. 元WTBのドクターと、あの梅木さん。

このブログを検索

月別アーカイブ

2011
12
10
09
07
06
01
2010
10
09
08
07
06
05
2009
11
09
08
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
04
2007
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss