バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

バスケットボールを愛する人のための学び舎です。 こちらでは、心・技・体からバスケット、指導者としての学びを書いていこうと思います。 私の日々の勉強や現在指導させていただいているミニバス教室の事や、月に一度主催させていただいている勉強会の事も紹介していけたらと思います。 そして何よりも学び合いの場や、熱意ある方々との出会いの場になればと思います。

roukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属 6年時にはキャプテンも経験する。 4年から遊びでバスケットにハマる。 中学、高校、専門学校とバスケットに燃える! 専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える! 選手よりも指導者としての道 もっと見る
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:345805
  • (12月16日現在)

最新の記事

ディフェンス1つでも…

指導者の見えてる部分や体感してきたレベルや、人生観が結局はチームに出ますね。 各都道府県にいる、本当に凄いと思う方々のバスケットを見ていると、やっぱり違います。 毎年チームはメンバーが変わるので、そのメンバーでバスケットは変わります。 でも細部には、絶対的な水準や基準があります。 教科書のバスケットと、活きたというか現場で培ってきた経験値からのバスケットは違う気がします。 プレスディフェン......続きを読む»

運動学習理論その15

フィードフォワード制御 フィードバック制御には目標(内的基準)があり、それを誤差検出、誤差修正していき、目標の運動に近づけていきます。 運動学習とは、目標とする運動についての正確で明瞭な内的基準を形成するという言い方もできます。 フィードバック制御とは反対に、フィードフォワード制御というものがあります。 ある刺激が提示されてから運動が開始されるまでの時間を反応時間と言います。 反応時間は、......続きを読む»

運動学習理論その14

フィードバック制御 人間が運動するときの情報の流れは一般に写真の図のように示されます。 まず、どのような運動をするかという目標が内面化されます。 次に、身体内外からの情報を取り入れ(入力)、それを手がかりとして目標を達成する運動を決定し(情報処理)、その運動を実行する(出力)。 そしてさらに、自分が実行した運動についての情報を取り入れて目標とする運動と比較して誤差を調べ(誤差検出)、誤差をな......続きを読む»

思考は現実化する

今まさに自分を変えたい!変わるなら今しかない! と思う方々にも紹介したい詩です。 バスケット指導者や選手にも読んでいただきたいので、紹介します。 負けると思ったらあなたは負ける 負けてなるものかと思えば負けない 勝ちたいと思っても、勝てないのではないかと思ってしまったら、あなたは勝てない 負けるのじゃないかな、と思ったらあなたはもう負けている というのも、成功は人の考えから始まるからだ ......続きを読む»

評価と反省と今後。

バスケット教室での成果も、少しは出ているものの全員をしっかり伸びるよう導けてるか? と自分自身に問いかけると、妥協している部分があります。 毎回の指導の後の評価や分析をし、もっと良い方法や伝え方や言葉は無いかと反省してます。 何を指導するか? そしてどう指導するか? 何人かは理解しても、首をかしげる選手や頭に疑問が浮かぶ目をしている選手! もっと理解しやすいようにできたはず! 知る、わかる、......続きを読む»

中央大会観戦少しだけしました。

名古屋も熊本も行けずで、今回少しの時間だけ中央大会観戦をしました。 女子は薫○、男子は大○学園と大○大を少しばかり。 薫○のオールコートのディフェンスの一線目のつき方と、ダブルチームの仕方に注目! 裏と表の守り方あんな風にしてるんか… とか大○学園の2線目のディフェンスなど、色々見てました! 新人戦で、まだまだこれからどんな風になるかや、精度が上がるとこうなるのかな?などを見ました。 それ......続きを読む»

新人戦中央大会

今年は高校バスケットもたくさん見てみようと思います。 高校を指導していたのも、もう10年近く前になります。 あの頃は、チームを任されるに値しないような未熟な10代の人間でした。 今思えば、自分の経験則だけで教えていました。 それはとても怖いことでした。 自分の母校とはいえ、部活をやるような環境ではなく、荒れた学校でした。 それでも地区最弱というチームから、絶対に抜け出したいという選手が数名いた......続きを読む»

毎年恒例の…

ここ数年1月か2月には、愛知にバスケットを見に行ってます。 藤浪トレーニングマッチという、中学女子の強豪が集まる大会です。 愛知や東京や愛媛や三重、北海道なんかからからも強豪チームが来ます。 関西からも何チームか! 縁があって毎年見学させていただき、自分なりの基準にするためにと見学へ… 懇親会や合間合間に様々な指導者の方々と話させていただいたり、また見る目が鋭い方との観戦は勉強になります。 ......続きを読む»

新年初バスケット教室

先日新年初のバスケット教室がありました。 久しぶりに会う子供達に「お年玉は無いん」とか聞かれたので、毎回心や技術についてのプリントを作成して配っているので、「これがお年玉やわ」と言うておきました。 「休み期間中に、自主練習してた人おるか」と質問するとチラホラしか手が上がりません(泣) 意識の高さの差は今年も課題です。 新年初ですし、練習もハンドリング・ピボット・ステップスライドでハーフムーンと......続きを読む»

聞く耳を持つ!

聞く耳を持つことや、柔軟な姿勢を持つこと! 大人になればなるほど難しいんかな… 私は自分がまだまだ未熟だと分かってます。 知らないことも多いです! もちろん自分の信念や哲学や譲れない部分もあります。 でも反省し、聞き入れることや、プライドが邪魔をすることは無いです! そこに年齢や実績や経歴は関係無いです! 本当に自分のために言ってくれたり、心からの訴えは心に響きます。 自分が絶対!反対意見や少......続きを読む»

明日から始動!

明日から色々動き出していきたいと思います。 まずは高校の新人戦の地区大会を見に行き、夕方からは兵庫県へ! ストリートの素晴らしい大会である、SOMESITYも見に行きたかったのですが… 身体は1つなので! 以前からお誘いいただいてる、バスケット教室見学へますば行く予定です。 今年は愛知や東京や愛媛にも行きたいです! もちろん家族優先ではあります! 3月が出産予定です!今年一番の楽しみはやっ......続きを読む»

運動学習理論その13

運動学習の情報処理モデル 現在主流となっている運動学習理論は、人間を一種の情報処理システムとみなす情報処理モデルを取り入れた理論です。 外界から必要な情報を取り入れ、記憶として持っている情報を利用しながらさまざまに処理し、運動行動として出力する自動制御システムとして人間をとらえる理論です。 このシステムで最も基本となるメカニズムが、情報のフィードバック制御とフィードフォワード制御です。 ...続きを読む»

運動学習理論その12

学習理論の重要性 知覚ー運動協応の高次化が何故起こるのか?そのメカニズムを説明するのが、運動学習理論です。 運動学習のメカニズムを解明することは、2つの重要な意味があります。 ひとつは、これまでに経験的に工夫開発されてきた数多くの技術練習の方法の中で、効果的な練習とそうでない練習を見分ける視点ができます。 このことは、裏を返せばこれまで多くの人が効果的な練習方法が、何故効果的なのかを説明でき......続きを読む»

運動学習理論その11

運動学習とは 多くの人は、運動学習というと運動の練習をすることであるとか、運動が上達することと考えてます。 それはあながち間違いではないですが、非常に不正確であり、このような理解ではきわめて不十分です。 運動学習とは以前説明したように、知覚系と運動系の協応関係の高次化とも言われます。 それでは、運動技能の「向上」や「高次化」とはどのような意味なのか。 運動学習はもともと知覚ー運動学習と呼ばれ......続きを読む»

謹賀新年

2012年がいよいよ始まりました。 世界滅亡説なんてのもありますが、今年も皆様未熟な私ではありますが、よろしくお願いします。 今年も新たな出会いや、素晴らしい学びを楽しみにしてます。 去年動けなかった分、今年は積極的に動いていきます。 3月には新しい家族が増える予定です。 バスケットよりも、まずは家族を大切にして、落ち着いたら行動を開始します。 昨年日本全体が色々あり、私のやるべきことや残り人生......続きを読む»

感謝を忘れないこと

バスケット教室も年内の予定を終了しました。 バスケットの技術も大切ですが、やはり人として心が真っ直ぐじゃないと、色々なことも真っ直ぐ入っていきません! 今年最後のバスケット教室の話は、感謝について話しさせてもらいました。 私自身も心から感謝することの大切さや、人を大切にすることについては、たくさん反省させられ、その大切さを経験してきました。 相手を思いやること、相手の立場や思いや願いを知ること!......続きを読む»

運動学習理論その10

運動行動の全体像 動機づけ、モチベーション理論や実際に関しては、以前書いたので省略します。 ・動機づけは運動参加不参加を決めるとともに、練習活動の質と量に大きな影響を与える学習・トレーニング変数です。 動機づけを高める練習を動機づけ訓練と呼んだりします。 指導者は動機づけに対して高い能力を持つ必要があります。 ・練習活動はパフォーマンスを向上させるために行われる。 ・パフォーマンスを向上さ......続きを読む»

バスケット教室

さてバスケット教室も年内残り三回です。 前回は女の子も1人体験で参加してくれました♪ 楽しそうでしたし、妹さんもいるので、姉妹で参加してくれたら嬉しいです。 私は技術は知る・理解する・できる・身につけて使える・必要に応じ使い分けれる段階までを目指しています。 当たり前のプレーを当たり前にできないと、レベルは上がらないです。 バスケット教室では、まだ知るから理解する段階で、できるまでに持っていくこ......続きを読む»

12月10日にバスケット談義しませんか?

つぶやきにも書き込みましたが、明後日土曜日夕方から難波近辺でバスケット談義しませんか? 一度指導者の方とフィロソフィーや指導の核や、どのような計画立てをしたり、こだわりがあるか聞きたいです。 私も動きの三原則に基づいたドリル作成や、バスケット教室で学んだこともありますし、最近はやっと色々とまとまり、今までのことがシンプルに頭の中で描けてきました。 明後日が急なら来週でも良いですね蠇よろしくお願い......続きを読む»

バスケット教室

今年も残すところわずかになりました。 バスケット教室も無事に続いています。 当初の計画では、もっと個人のスキルも上がっている予定でしたが、やはり週1日の二時間で、子供達も定期的に来れない状況もあり予定よりは大幅に指導も修正してます。 正直な話し、指導力不足もありまだまだバスケットができるスキルには達していません。 ただずっと学ぶ姿勢や、ミスや成功の理由を考える、イメージしながら聞くことを言い続け......続きを読む»

第15回籠魂会

開催日時場所議題が決まりましたのでお知らせします。 日時 11月30日水曜日 18時30分〜21時30分まで予定 場所 近鉄奈良線 【瓢箪山駅】に集合でお願いします 車で来られる方はメッセージかメールよろしくお願いします。 我が家にてバスケットの映像を見ながらの勉強会になるため、住所等は公表できません。 すいません。 定員 8名までとさせていただきます。 参加費 今後の活動費として500円だ......続きを読む»

運動学習理論その9

運動学習との関係で言うと、運動技術は学習目標として位置づけられています。 スポーツでは、新しく開発された技術を、いち早く技能として習得することによって、優位に立つことができます。 また運動技能を上達させる練習をするとき、その運動がどうやったらうまくできるのかを、知っているのと知らないのとでは大違いです。 運動技術を知らないと、思いつくままにでたらめな試行錯誤をしてみて、どうやったらうまくできる......続きを読む»

運動学習理論その8

わかる技術とできる技能 運動技術は運動の実施方法について人類が、工夫発展させてきた知識であり、文化です。 私達はそれらを人から教えられたり、本やビデオを見て理解します。 ああそうか、なるほど、そうすればうまくできるんだと納得する。 言い換えれば、運動技術は「わかる」というかたちで習得します。 したがって、運動技術を理解することは運動学習ではありません。 理論を学んだところで、できるようになる訳......続きを読む»

月末に籠魂会を開きたいと思います

日程・場所・議題もまだまだ仮の段階ではありますが、今月末と来月は籠魂会を開きたいと考えてます。 指導者の本当の意味での勉強会! 無いなら創っていくしかないと思います。 指導者自身の競技観・感やバスケット観を高める! 見える部分を増やすことや! 分類・系統立て! 目標や年間計画の立て方や環境創り! また今何がチームに個人に必要か? 哲学や信念! 心技体の面からしっかり学び合えたらと考えてます。 ......続きを読む»

運動学習理論その7

運動技能について書きましたが、よく混同されやすい言葉に運動技術という言葉があります。 今回は運動技術について書きます。 我々が体育やスポーツで行う運動のほとんどには、速く走ることや的に向かって正確に投げるなど明確な目的があります。 単純に走る、投げるというだけなら、色々な走り方や投げ方があります。 しかし、速く走る・正確に投げるということになると、どのような走り方・投げ方をしてもいいという訳に......続きを読む»

バスケット教室

バスケット教室が6月から始まり、5ヶ月がたちました。 現在13名の中学生から小学生の男子が参加してくれています。 強制参加ではなく、時間帯も19時から21時なので、日によって人数はバラつきがあります。 週に1度だけの指導なので、最初は子供達と楽しみながら、最低限必要なスキルを練習しながらゲームしたりして伸び伸びやる予定でした。 身につける段階、できる段階まで持っていくよりも、どのようなスキルが......続きを読む»

やめるな!

スポーツや教育にかかわる人間だけでなく、目標に向かって努力する人々へ! 私が大好きな本より作者不明の一編の詩を載せたいと思います。 挫けそうな時、諦めたり辞めたくなる時に読み返しています。 「やめるな」 物事がうまくいかないとき 自分の進む道がずっと上り坂に思えるとき 貯金は少なく、借金ばかりがかさむとき ほほえみたいのに、ため息しか出ない 心配事で心が押しつぶされそうなとき 必要と......続きを読む»

運動学習理論その6

運動技能について 運動技能は、知覚を手がかりとして運動を目的に合うようコントロールする学習された能力と定義することができる。 これは前に書きました。 運動技能が向上していく過程を運動学習と呼ぶことも書きましたが、運動技能が向上するということはどういうことか?について書いていきます。 運動がコントロールされるとき、それがパフォーマンス(習得した能力に対して実際に遂行された行動)のどのような側面に現......続きを読む»

緊急告知!身体について勉強会!

スポーツ指導やバスケット指導者の皆様へ! マイミクのTrainerである栗ちゃんこと、栗本様主催の、新Japan-Trainers-Networkが開催間近になりました。 私も仕事次第ですが、参加できたら勉強したいと考えてます。 開催日 11月5日 場所 最寄り駅新大阪 KoKo PLAZA 803号室 参加費 社会人 1講座につき1000円 3講座で2500円 学生 1講座につき100......続きを読む»

11月の予定

今年も残り2ヶ月になりました。 今月はやりたいことがたくさんあります。 まずは、籠魂会を今月と来月は再開したいです。 やはり指導者の本当の意味での勉強会をしていきたいです。 子供達や選手を進歩させるには、指導者も常に進歩し続けれる人間でありたいです。 既存のクリニックよりも更に内容を絞って、ドリル云々よりも競技感、バスケット感・観を高めたり、運動心理学等の学びや身体運用についてや、環境創りなど......続きを読む»

1 2 4 6 7 8 9 13 14

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss