バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

月別アーカイブ :2013年04月

ジュニアバスケットボールサミット2013からの学びその4

日本が一刻も早く止めるべきことは? なんて質問もありました。 ロイブルさんは、ハッキリとミニ時代にゾーンをやることを今すぐ止めるべきと仰いました。 この点は昔から議論されていますし、ゾーンやゾーンプレスを海外では禁止にしてたりもします。 これではスキルや1対1の能力が育たないと。 ミニを指導されてる方々からは色々な言い分もあるでしょう。 私自身も育成の視点からは、ゾーンは害が多くあると考えて......続きを読む»

ジュニアバスケットボールサミット2013からの学びその3

次に質問があったのは、日本独自の育成の強みは? との質問でした。 ロイブルさんは、「日本はここ何十年も男子はオリンピックに出れず、女子も苦しんでいる現状!つまりは育成は成功してないのが現実であり強みは無い」と本音で語ってくれました。 「ただ国民性の強みはある」 と仰いました。 まず日本人は規律を守る! そしてハードワーク! バスケットに対する態度や姿勢! チームスピリット! これは本当に優れて......続きを読む»

ジュニアバスケットボールサミット2013からの学びその2

今回はきっと書くと長くなりすぎるので、学びの要点や今後の日本バスケット界への問題点や改善点だけを書いていきます。 まずは、海外コーチから見た日本の選手育成を考えるディスカッションについて書きたいと思います。 今回もう日本ではお馴染みであり、世界的にも高いレベルにあるトーステン・ロイブルさんと、レバンガ?に就任したのかな? ロイブルさんと親友のスコット・ベリーさんによる見解でしたが非常にタメになる内......続きを読む»

ジュニアバスケットボールサミット2013からの学びその1

私は19の時より指導に携わらせていただいて、11年になりました。 愛媛の私の指導の学びの原点と呼べる、オヤジ様という方との出会いから、県外にいる素晴らしい方々との縁ができはじめました。 動くことで世界は広がっていき、選手やバスケット界に還元できます。 バスケット指導に正解は無いと思います。 でも様々な取り組みや視点が必要と感じます。 私は今回お世話になった、エルトラック(バスケットの家庭教師)......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:333683

(06月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss