バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

月別アーカイブ :2012年02月

ディフェンス1つでも…

指導者の見えてる部分や体感してきたレベルや、人生観が結局はチームに出ますね。 各都道府県にいる、本当に凄いと思う方々のバスケットを見ていると、やっぱり違います。 毎年チームはメンバーが変わるので、そのメンバーでバスケットは変わります。 でも細部には、絶対的な水準や基準があります。 教科書のバスケットと、活きたというか現場で培ってきた経験値からのバスケットは違う気がします。 プレスディフェン......続きを読む»

運動学習理論その15

フィードフォワード制御 フィードバック制御には目標(内的基準)があり、それを誤差検出、誤差修正していき、目標の運動に近づけていきます。 運動学習とは、目標とする運動についての正確で明瞭な内的基準を形成するという言い方もできます。 フィードバック制御とは反対に、フィードフォワード制御というものがあります。 ある刺激が提示されてから運動が開始されるまでの時間を反応時間と言います。 反応時間は、......続きを読む»

運動学習理論その14

フィードバック制御 人間が運動するときの情報の流れは一般に写真の図のように示されます。 まず、どのような運動をするかという目標が内面化されます。 次に、身体内外からの情報を取り入れ(入力)、それを手がかりとして目標を達成する運動を決定し(情報処理)、その運動を実行する(出力)。 そしてさらに、自分が実行した運動についての情報を取り入れて目標とする運動と比較して誤差を調べ(誤差検出)、誤差をな......続きを読む»

思考は現実化する

今まさに自分を変えたい!変わるなら今しかない! と思う方々にも紹介したい詩です。 バスケット指導者や選手にも読んでいただきたいので、紹介します。 負けると思ったらあなたは負ける 負けてなるものかと思えば負けない 勝ちたいと思っても、勝てないのではないかと思ってしまったら、あなたは勝てない 負けるのじゃないかな、と思ったらあなたはもう負けている というのも、成功は人の考えから始まるからだ ......続きを読む»

評価と反省と今後。

バスケット教室での成果も、少しは出ているものの全員をしっかり伸びるよう導けてるか? と自分自身に問いかけると、妥協している部分があります。 毎回の指導の後の評価や分析をし、もっと良い方法や伝え方や言葉は無いかと反省してます。 何を指導するか? そしてどう指導するか? 何人かは理解しても、首をかしげる選手や頭に疑問が浮かぶ目をしている選手! もっと理解しやすいようにできたはず! 知る、わかる、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:69
  • 累計のページビュー:345553

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss