バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

バスケットボール

第13回籠魂会を振り返って!

キレイごとではなく、「学ぶことを止めた時は指導者を辞める時」 「選手以上に指導者は努力しよう」 「良い指導者が増えれば幸せな選手が増えて、選手の笑顔が増える」 そんな思いで、はじめた指導者の勉強会である籠魂会も第13回を迎えました! 今まで協会が開いたりする様々な講習会に疑問もあり、「年齢や実績やカテゴリーやジャンルを越えた学び合い」の場を作ろうと目指してきました。 地道にやってきて、......続きを読む»

第13回籠魂会が終了しました。

第13回籠魂会が無事終了しました。 今回も本当にたくさんの方々に協力いただきました! クリニックの感想はまた時間があるときに書きます。 今回は本当にたくさんの方々の協力がありました。 企画の段階から熱心に手伝っていただいたマイミクのお二人には本当に色々私が動けない分や、苦手な部分のフォローをありがとうございました。 あなた達のおかげで無事に会が開けました。 講師であり、よき兄貴分......続きを読む»

明日のクリニックについて♪その2

現在明日のクリニックに向けてイタンさんとリハーサル中です! かなり本格的に本気でやります! 来てくださる皆様のために! さて明日昼から参加する選手や実技で体を動かす方はマイボールがあれば持ってきていただけたら助かります! よろしくお願いします。 プロジェクターの効力も素晴らしいです!これは素晴らしいクリニックになりますよ♪ 皆様是非参加よろしくお願いします! ...続きを読む»

トルネードの魂!田村大輔選手

トルネードでエースとして活躍し、IBL得点ランキング5位に入った田村大輔選手がbjの高松ファイブアローズに入団決定したようです! 大阪エベッサや福岡などを渡り歩き、トルネードへ参戦した日本の侍が今度は高松でプレーするそうです。 まだお話したことは無いですが、JBAに関わっていればその機会も訪れるはず! 頑張れ田村選手! 海外での貴重な経験を活かして欲しいです。 ...続きを読む»

第13回籠魂会いよいよです♪

第13回籠魂会がいよいよ今週10月3日の土曜日に浪速青少年会館で行われます。講師はマイミクのイタン様です。 バスケットの指導やトレーナーとして活動して生きているバスケット大好きなプロコーチです。 詳しくは私の過去の日記をご覧ください。 今回イタンコーチのクリニックでは、フィジカル・スキル・コンディションという3つを軸に指導法やバスケットのドリルを紹介してくださいます。 様々な角度からの指......続きを読む»

第10回JBAコーチ研修会その4

10ポイントの話の後は、アップの中でストレッチと体幹トレーニングについての基礎をイタンコーチが実演してくださいました。 まずはアップの意味やストレッチの基礎知識を解説! アップはランニングや体操などと軽く考えている方々は是非聞いて欲しい話でした。 私も体について勉強したり、色々な方々に話を聞く中で今までの自分の指導が恐ろしく感じます。 怪我をさせたり、疲労を蓄積させるのもやはり指導者に原......続きを読む»

第10回JBAコーチ研修会その3

2日目のコーチ研修会では体育館に移動して前日に解説があった10ポイントオフェンスを自分達で動きながら実践! 2ガードポジションと両ウィングとコーナー・両エルボーとショートコーナーで10ポイントです。 ここにミニコーンなどを置きます。 そしてそのポイントを踏むように5人が動いていきます。 UCLAハイポストオフェンスを基本としつつ、様々な条件をつけて動いていきます。 スペーシングや動き方が分......続きを読む»

第10回JBAコーチ研修会その1

この土日は楽しみにしていたJBAコーチ研修会がありました。 本当にバスケットが大好きな素晴らしい方々が、大好きなバスケットを世界基準へと本気で思って活動してます。 今回は理事会とJBA指導書作成委員会という形でも会議しました。 理事会を作ることにより、ブレないチームになるようにしたいという思いがあります。 またしっかりと全てを掘り下げていき、科学的な裏付けをしていき、実践的な活きた指導書......続きを読む»

チーム創りについて!その13

相手を知ることは、上辺だけではダメです。 知るだけでなく理解することが必要です。 こうして私が書いてる事は理想論であり、本当に難しい部分です。 でも目指し続けています。 実際に私ができているのか? と問われたら、答えはNOです… 私自身が自信家であり必要ないプライドの高さがあり、周りや選手とたくさん衝突した経験があります。 今までの指導経験でも本当の信頼関係を築けた選手や教師の......続きを読む»

チーム創りについて!その12

チーム創りで一番大切なのは信頼関係だと思います。 チームはかけ算だとしみじみ思います。チームとはいえ、個人個人から成り立っています。 どれだけ強い思いがあり、チームの99%の人間が意思統一できていて協力できていても誰かの思いが0なら、チームは成り立ちません! 逆に一人一人は弱くても、かけ算なんでチームは凄い力を発揮するときがあります。 その元となるのが信頼関係なんだと思います。 では信......続きを読む»

第13回籠魂会・講師のプロフィール

コーチングショップの中谷です。 以下、プロフィールです。 【中谷 初雄 プロフィール】 1979年生まれ。愛知県出身。 愛知学泉大学を卒業後、自動車販売店勤務をするが退社。その後スポーツ系専門学校、ドイツのライプチヒ大学などで指導者育成カリキュラムを学ぶ。その後フリーのプロコーチとして茨城県つくば市にて開業。コーチングショップ代表。 現在の事業は個人レッスン、チームレッスン、専......続きを読む»

第13回籠魂会クリニック概要

<PSCクリニック> Physical・Skill・Conditionの3本柱でバスケットのパフォーマンス向上を目指したレッスンを行ないます。 「木を見て森も見る」という多面的な指導を心掛けているコーチングショップ独自の指導ノウハウから、 理念や計画の仕方そして指導への観察点などをご紹介します。 また、ドイツで学んだコーディネーショントレーニングやアメリカ式SAQトレーニングを6年間でどのよ......続きを読む»

第13回籠魂会開催決定です。

マイミクの皆様、籠魂会に参加してくださる皆様にご報告です。 箱がなかなか決まらず苦戦していた、次回の籠魂会ですが無事箱も確保でき開催が決定しました。 第13回籠魂会です。今回はまた1日かけてクリニックをしていただくことになりました。 講師の方はマイミクでありプロコーチでもあり、JBAで共に活動させていただいている兄貴のような存在であるイタンコーチです。 バスケットの指導やチーム帯同のトレ......続きを読む»

チーム創りについて!その11

過去の日記にも書きましたが、私がチーム創りにおいて参考にさせていただいてるのが上杉鷹山という方です。 財政難に苦しんでいる藩を立て直した方として有名ですね!意識改革や意思統一は指導者の大切な役割です。 上杉鷹山の考え方からヒントをたくさんもらいましょう。 改革を妨げる壁には3つの壁がある! 制度の壁 物理的な壁 意識(心)の壁 特に意識の壁が厄介である! この3つを壊......続きを読む»

チーム創りについて!その10

私が指導していたチームの部訓や目指すチーム像や成績目標やルールについて書いてみます。 目指すチーム像 「勝ちも負けも次の糧にできるチーム」「最強より最高のチーム」 「一人一人が自分のできる最大の努力をするチーム」 「家族のような絆のあるチーム」 こうしたチームを目指すために必要なことなども皆で話し合わせることも必要と思います。 部訓 「不撓不屈」 成績目標 高校指導......続きを読む»

JBAコーチ研修会

チーム創りの書き込みの間にすいません! 今月の19・20日は2ヶ月に一度あるJBAコーチ研修会があります。 場所はこれまた恒例の大阪商業大学です。 今回は朝からしっかりと理事会があり、アメリカのIBLに参戦したトルネードで得た様々な情報を研究し還元していく作業にも入ります。 日本のバスケットを世界基準に! 本当に素晴らしい仲間が、全国から集まってきます。 今回は私が紹介させて......続きを読む»

チーム創りについて!その9

チーム創りにおいてこの部分は賛否両論かもしれませんが、チームにはルール・規律が必要と思います。 バスケットにおいての約束事も決めると良いと思いますが、チームのルールを決める必要が私はあると思います。 やはりチームとはいえ個人個人で育ってきた環境も違えば、価値観も違います。自分の常識は他人には非常識です。 個人の尊重だなんだと言う前に、チームのルールが大切だと思います。 公私混同が多い世の......続きを読む»

チーム創りについて!その8

キャプテンや副キャプテンはチームには必要と思います。 やはりチームですから、リーダーは必要だと思います。 チームは指導者の人間力が大切と書きましたが、キャプテンの影響力も凄く大きいと思います。 キャプテンはこうあるべきだ! なんてものはありません。 人間がやるのですから、完璧なはずはありません。 ただやるべき役割、責任は大きいと思います。 チームの状況によって仕事は違うと思いますが、キ......続きを読む»

チーム創りについて!その7

チーム創りについて・指導において私は常にプラス思考、プラスの言葉を使って考えていくことを大切にしてます。 自分が指導させていただくチームを見て、理想とするバスケットができないかもしれません。 指導者は必ず理想のバスケット像やチーム像や選手像があるはずです! その理想に限りなく近づけたいですが、理想と現実があります。 チーム創りの原則の1つに「身の丈にあった」チーム創りがあると思います。 ......続きを読む»

チーム創りについて!その6

チーム創りについて!を書くにあたり、私が書いているのは原則的なものにさせていただいてます。チームの環境や状況は各チームで必ず違います。 1から立ち上げる場合や、引き継ぐ場合でも違います。 強い弱い、名門である、人数が多い少ない色々あると思います。 でも原則的なことは万物に応用できると思います。 指導者はありとあらゆる環境を考慮してチーム創りをしていかなければいけません。 隣の芝生は青く見え......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:345872

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss