バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

ジュニアバスケットボールサミット2013からの学びその6

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界との距離を縮めるには?
世界を知る人間を集めることが大切であり、世界中の知識を集める必要があるとロイブルさんは仰いました。
私もこれには同感です。

世界を目指すなら、まずは世界を知ること。
世界に飛び出ることと世界を知る指導者や選手を呼ぶこと。

こんにちJリーグが20年計画で飛躍的に急激に伸びたのは、もちろん選手や指導者が海外にどんどん飛び出たことも1つ!そして金銭を一番に注ぎ込んだのは、世界のスーパースターや指導者を招いたことです。

そこに集中していたのは影にマネジメントのスペシャリストがいたこと。
上にそういったことができると、草の根からも明確な目標が出ます。

バスケットは現状はバラバラです。
何度か変換期はあったものの、いつも短期的な計画倒れで終わります。

サッカーに負けず劣らずバスケットもスラムダンクのブームなどもありましたが…

トップに素晴らしい指導者が来る!
でも色々な壁(古い体制や派閥やなんやかんやですね)で阻まれる。
の繰り返しです。

ロイブルさんのいる間になんとかしないと、また低迷期に入ります。

現在はJBAやジムラッツなど、独自で世界基準を創る団体も現れましたが、やはり協会の体制の改善や改革は必要です。
純粋な思いが、選手や指導者の頑張りが一部のお偉いさんに簡単に潰れてしまうなら、こんなに悲しいことはありません。

エンデバーも最初は素晴らしい計画でしたが、正直今は迷走してる様子!
一番下の草の根まで届いてないのが現状!

もちろん多くの方々が尽力なさっています。
私自身色々と頑張ってバスケット界を良くしようと奮闘している方々を多く知っています。
微力ながら共に動いてます。

環境を変えない限り先は無いです。

そしてライセンスシステム等の改善。
指導者のレベルアップ自体が未来です!
本当に正しく指導できる指導者を育てないと、選手が育たない!
もっと広く遠く深くを見て指導できる指導者を増やさないといけません。

自己流や経験則!もちろんオリジナルは必要ですが、やはり経験則だけでは限界があります。

やらないといけないことは明確です!だからやるべき努力を積み重ねて、皆様で力を合わせていきましょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:79
  • 累計のページビュー:342156

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss