バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

Kagoバスケットスクール見学

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンターカップ観戦からの学びも書きたいですが、まずは2つのスクール見学とクリニック見学からの学びを書きます。

1つは大阪バスケット界ではあまりにも有名な、大阪籠球会やその周りのバスケット仲間の方々が開いているバスケット教室についてです。
大阪籠球会の方々や、その仲間の方々はJBAで繋がったり、籠魂会にも参加してくださったりと本気で「大阪からバスケットを前へ」と活動されています。

そんな彼らが開いているKagoバスケットスクール!
開校当初は数人から始まったスクールも今では300名程の生徒が通ってます。

私は部活でもクラブチームでも良い指導者や良い環境があるなら、そこに人が集まるのは自然なことと思います。

今回行かせていただいたスクールでも40名近くの、小学生から中学生男女が参加されていました。

二時間のスクールの中で、アップからコーディネーションやコアを大切にされたドリルが次々行われました。
コーチも4人いて、なるべく全員をまんべんなく指導する姿勢が見れました。

フットワーク系統、ドリブルワーク系統、そして各リングを使ったステーションドリル、ゲームと良い流れでメニューが進んでいきました。

海外とも繋がりがあり、選手としても高いレベルにあり、プロ選手とも親交が深いので様々な勉強をしながらスクールに活かされてます。

基礎的なスキルアップと、個人技に特化したメニュー!
習うより慣れろで、なるべく待ち時間を少なくする工夫!

しっかりスタッフ会議をしながらスクールをされているだけあります。

ボール移動の位置やスピード、ドリブルをつく位置や視野の確保などもしっかり指導されてました。

また選手に、上手くなるためにテーマを持って練習に取り組むことや、他の選手を見て学ぶ大切さも話されてました。

少し指導者の方と練習の合間にお話させていただきましたが、なるべく多くの選手にプレーさせれるように考えてやっているとのこと。
フィードバックは、大人数には大まかにできてない点を与えて、個別に各コーチが細かな部分のフィードバックを与える工夫もしている。
保護者の方々や周りから、うちの地域でも是非と話はいただいているが、質を絶対に保ってスクールしたいのでスタッフの人手が足りないとやらないやれないとのこと。

選手達のために、保護者の方々の期待に応えるため真剣に良いスクールにしようと頑張っている姿勢に本当に感動しました。

お金をいただいてスクールをやるなら、もうそれはプロの指導者と言って良いと思います。
人はその価値があるから対価を払います。
きっとまだまだ学んでいくKagoバスケットスクールは、もっともっと素晴らしいスクールになると思います。

そのいただいているお金で、学び合ったりクリニックを開いたりと良い還元もされてます。

私も学び続け、何か一緒に協力できたらと思います。

大阪にもこうしたスクールが開かれ、これからまた盛り上がっていく予感がします。

本当にありがとうございました。

また今後ともよろしくお願いします。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:92
  • 累計のページビュー:335313

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss