バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

プレスダウンは大切!

このエントリーをはてなブックマークに追加

色々とブログでは、順序立てて書いていく予定ですが、今回はプレスダウンについて書かせていただきます。

プレスダウンはどのカテゴリーでも必須科目に入ると思います。
いわゆるボール運びです!
バスケットは縦長のコートを行き来するスポーツです。
オフェンスの目的はゴールにシュートを決めることですが、無事にシュートに行くまでにボールを運ぶ必要があります。
バスケットは攻めながら防御もしなければいけません。
相手は守りながら攻めてきます。
プレッシャーをかけてきます。
バスケットはボール運びゲームとも言い換えれるかもしれません!

指導をしていると、プレスダウンができないと試合にさえならないことに気がつきます。
力の差があればあるほど相手は前から潰しにきます。
力が互角でもオールコートやスリークォーターからのプレスで試合が一気に傾いてしまう場合もあります。

ではプレスダウンについては具体的にどうすべきか?
これは正確は無く、チームにより事情は異なると思います。ドリブル主体で運ぶべき!
パッシングで運ぶべき!
など分かれるところです。
プレスダウンには〜が一番!なんて話ではなく、もっと根本的な事を書きたいと思います。

まずはプレスダウンでは「無事にスローインができること」「センターラインを安全に越えること」の2つが大切です。
スローインができなければ、5秒かターンオーバーで即失点に繋がります。
スローインはレシーバーも大切なのはもちろんですが、スローインする選手も大切です。
シュートin後のプレスが多いので、スローインはボールに近い選手がするのが理想と思います。

ただパスの能力が相当必要です。
広い視野やフェイクが上手く、なおかつ身長も高い方がスローイン時に有利と思います。
スローインする際には、味方だけでなくスペースやディフェンスを見れる視野が必要です。
またリードパスがしっかりでき、冷静な判断ができなければいけないと思います。

レシーバーは自分の力でもらう場合は、裏・表・前かシールしてもらう場面があります。
リング方向・スペース・ボールと考えて動くのも良いと思います。
また一人でもらえない場合はスクリーンやスタックを使う必要があります。
コーナー付近より、ミドルレーンでもらう方が優位です。
ここで相手を振り切るには、チェンジ・オブ・ペースやディレクションが大切です。
また大きく動くことも必要と思います。
なるべく追い込まれにくい所で、リングを向いた状態でもらえることが大切と思います。

スクリーンやスタックを使う場合は充分に動けるスペースが必要です。

スローインが成功したら次は無事フロントコートまでボールを運べなければいけません。
私自身はPGが一人でドリブルで運べるのが理想です。
パスは多くの人間がボールに関わることになり、ハンドリングやキープ能力やビジョンが悪い選手が関わるとターンオーバーの確率が高くなります。

パッシング中心なら縦・横・カウンターでミドルを織り交ぜて、「ボールが空中にある間」に次の場所に連動して動ける必要があります。
またマンツーマンやゾーンプレスに関わらず二カ所はパスチャンスを作ってやれる必要があります。活きたパスができることも大切です。

また不安な場合はボールラインより後ろに一人置いておくことも良いと思います。
ドリブルならなるべく一人が良いと思いますが、スクリーンやガードクロスといった助けがあると運びやすいと思います。

いずれにしてもファンダメンタルができてないとプレスダウンはできません。
またトランジションが早ければ、相手が構える前にプレスは破れます。

気持ちの面で、引いてしまうとプレスに捕まります。
まずは当たってきてくれるなら、破りやすくなる!という強いメンタルも身に付けたいですね。

ガード陣には、最低ダブルチームできても抜ける・キープできる力は必要と思います。

指導者はプレスの種類や意図をすぐに見抜ける目が必要と思います。

無事フロントコートに入るには、センターライン付近での攻防も大切です。

ファンダメンタルの向上と経験値の向上でプレスダウンに取り組みましょう。
シュートで終われるオフェンスが良いオフェンスと思います。

090131_0640~0001.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プレスダウンは大切!

マクムード様
書き込みありがとうございます。

プレスは仕掛けてくれるチームを選んで経験を積み重ねていくと良いと思います。
シチュエーションドリルなどいくら積み重ねても実際体験していかないとダメだと思います。

ファンダメンタルと経験の積み重ねですね。

苦手意識が選手に出ないようにしないといけませんね。

プレスダウンは大切!

タイムリーな話題ありがとうございます。
昨日、東京でベスト4のチームと練習試合をしまして、先週よりはプレスダウンが上手くできたと思います。まぁようするに先週のミスの原因はコーチが教えてないだけですね。ただ、ゾーンプレスよりもM2Mの方が、プレスダウンが難しいと感じました。いろんなプレスを経験して、選手が自信を持つことも大切ですね。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:92
  • 累計のページビュー:335313

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss