バスケットの学び舎~熱き籠魂を胸に~

プレスに対するスローイン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がこのブログとは別で登録しているmixiというサイトでのバスケットに関する質問なのですが、「プレスをされた時のスローインを早くするためには、センターがスローインすべきですか?」との内容でした。

私はプレスダウンのスローインは、「相手の構え(準備)が整うまえに」が鉄則と考えてます。
これはマンツーやゾーンプレスに関わらずです。

そのためにはリングに近い選手やスローインの場所に近い選手がすぐに、スローインすることが理想です。

ただ普通のチームでは、ビジョンがあって的確なリードパスができるのはガードであり、確実にレシーブできるのもガードの選手が多い気がします。
これは指導者がその年代年代での指導を疎かにしてきてるツケもあると思います。

誰でも最低限のスキルを身につけなければいけません。

ただ現状では、この選手にスローインさせると不安というのはあります。

皆様はスローインに対してどのような考えで、どのような指導をされてますか?確実なスローイン、確実なレシーブ!
そのためには何が必要か?

皆様の考えを聞いてみたいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プレスに対するスローイン!

オレンジの海賊 船長様 書き込みありがとうございます。
リング・ボール・スペースの原則ですね。
基本的にはそれがしっかりできていれば、こと足りるはずなんですよね。
後は連続性が大切ですね。
シンプルが一番良いですね。

プレスに対するスローイン!

遅いカキコですが・・・

僕の場合 対象が小学生なので、DFの形態に関わらず、PASSを受けるための3原則6種類をまず伝え、それにプラスしてチームとしての約束事2,3決めて なるべくそうつないでいけるように教えています。  

プレスに対するスローイン!

Aコーチ様
スローインするプレイヤーをマークするディフェンスが、レシーバーをカバーしだすと、確かにスローインは苦しむ場合はありますね。
私はそういう場合も考慮して、レシーバーはなるべく2人にします。
簡単にもらえない場合にスクリーンやスタックを使うように練習から準備させます。
ゾーンプレスの場合スローインに対してマンツーのように抑えてくる相手にも同じようにします。

相手がこちらの準備に対して隊形・陣形を変えるなら、本来はまた違う陣形に素早く変えれたら理想だとは思います。
ただそんなに準備するのは大変です…

私の場合はゾーンプレスにはハーフでのゾーンアタックと同じように、奇数には偶数・偶数には奇数といった配置や背後からのカウンターなどに弱い点は使えると考えてます。
だからその点は利用しますし、あらかじめ指導します。

ただあまりバックコートに何人も人を置くと味方も敵のように邪魔になるので、2人以外はスペースを考えての繋ぎの役割が必要と思います。

もしどのような形でプレスされても、その形でプレスダウンをするならば各陣形に対応できるよう指導するしかないと思います。

ちなみにゾーンプレスでも、マンツーの原則は入ってるのでスクリーンはスイッチされても時間差やスペースは作れるから有効な場合もたくさんあると思います。
ただ人が多くなるデメリットやマンツー程有効では無い!
オールコートの場合おやじ様の仰る様にスイッチすれば問題無いという心理を持たれるなどもあると思います。
それでもスクリーンは僅かでも時間差ができますし、攻撃の箇所やパターンが増えるので私はスクリーンは使います。
でもスクリーンは使い方次第で毒にもなりますが…

プレスに対するスローイン!

おやじ様
書き込みありがとうございます。
私はがっぷり四つに組むより先手先手でやらないと不安になるタイプです…
主導権や流れは本当によく変わりますが、なるべく仕掛け続けて主導権を握りたいと考えてます。
まだそれは私が経験値が低いからということである!
それも自覚してます。
おやじ様のように勝負時を熟知すれば焦らずに確実にとできると思います。
私は先手必勝で勝負したいので…

また早くにスローインしたい理由としては先のAコーチへのコメントにも書いた通り、相手が構えきってしまう0.1秒でも先にスローインしてしまえばオフェンス有利と考えてます。
ただこれには運ぶガードを絶対的なレベルまで育成しなければいけないのですが…負担も大きいですし。

スローインをするプレイヤーには私としても背がある程度あって視野もある選手にさせたいですが、これは理想であって実際はレシーブが上手い選手がパスも上手くできる場合が多い気がします。

スペースの使い方や振り切り方やシールができるから、パスもどこに出せば良いかも分かります。
動き方が分かる、欲しい位置やタイミングが分かるからパスの位置やタイミングも分かる。
ここには指導のヒントがあるとも思います!

私はゾーンプレスやクォータープレスはマンツーとは違うと考えてます。
ただフルコートのプレスは早いスローインが良いとは考えてます。
でも今まで指導させていただいた、高校やミニバスのチームには幸い突破力のある選手がいたので出来たとも思います。いない場合には、また違った準備が必要かとも思います。

おやじ様から学んだガードクロスは随分と使わせていただいてます!

私は最初のスローインにはスクリーンも使います。
これも本当に考え方は色々あるから正解は無いと思いますし、それこそチームに合った運び方が一番なんだと思います。
おやじ様の書き込みを読むと、知識ばかり詰め込んで、理論だけ立派にすることが恥ずかしくなりますね…
シンプルイズベストです。

やはり原理原則や本質なのですね…

こんな記事も読みたい

チーム名の公募【秋田SV‐ハピネッツ "SportsVolunteer"】

良アピール!【MY BASKETBALL LIFE】

強い身体【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconroukon

小学3年〜6年まで少年野球チームに所属
6年時にはキャプテンも経験する。
4年から遊びでバスケットにハマる。
中学、高校、専門学校とバスケットに燃える!
専門学校を中退後は選手よりも指導者として燃える!
選手よりも指導者としての道を歩み6年目を迎える。
今は指導者として日本のバスケットをメジャーにしたい!
日本のバスケットを世界レベルに!
将来ある選手・子供達のためにできること・やるべきこと!
など大きい夢や目標のために日々勉強・行動の毎日を過ごす。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:342078

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミニバスの時期に何を身につけさせるべきか?
  2. プレスダウンは大切!
  3. ファンダメンタルとは?
  4. ゾーンアタックについて!その2
  5. クリニック「プリンストンオフェンス」
  6. Kagoバスケットスクール見学
  7. プレスに対するスローイン!
  8. ミニバス指導
  9. 続プリンストンオフェンス
  10. モーションオフェンス!

月別アーカイブ

2014
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss