~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~

攻めるパス

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-20日本代表、決勝ラウンドに進んだんですか?よかったですね。イタリアとの試合はビデオに録ったので、楽しみにしていますが、見る時間あるかなぁ。

ウルグアイとの試合はちょっと見ました。ウルグアイ、危険な香りがプンプンするチームでしたね。南米を制したチームだそうですが、さすがにそういう得点の香りがしていました。

では、どこからそういう香りは漂ってきていたのでしょう?日本のサッカーと、ウルグアイのサッカーのどこが違ったのか?

これまでは、こういう戦術論的なことはレポート形式にして、手元においていました。しかし、今後、戦術論、戦略論、組織論として、もう少し多くの人に見てもらおうと思っています。それが、自分の好きなチーム、京都へと戻ってくればいい。

で、です。元に戻ります。どこが違ったのか。技術や戦術がウルグアイのほうが優れていたのはわかります。おそらく様々なところで違いがあったのです。ウルグアイはW杯のタイトルも取っているはずですし、最近の大会でもベスト4に入ったこともあるはずです。日本との差が、多分いろいろある。

その中で気になったのは、パスの質の違いです。ウルグアイのパスが攻めていたのに対して、日本のパスは攻めていなかった。

攻める、について、具体的に表現してみましょう。日本のパスは、選手がいいポジションに入った時に、選手にたいして入っていました。通常の相手なら、アジア相手なら、受けた場所がよければ、そこからの個人の打開能力で相手DF陣(いわゆるブロック)を壊しにいけるはずです。

だからパスは攻めなかった。リスクを冒さなかった。無難に足元に繋いでいったわけです。

ではウルグアイはどうだったか?

ウルグアイで感じたのは、「連動する」というような表現がよく使われますが、常に選手がポジションを修正し続けていることでした。漂っているようにゆらゆら場所を変えていく。まあ、これはパスコースを外すための予備動作で、日本人の選手にもこういう連動の予備動作をしている選手はいるでしょう。

ウルグアイが危険な香りを放ったのは、単純に言えば、マークが少しでも外れそうだと思うと、ミドルレンジのパスを出してきたことです。よくよく調べてみると、多分ウルグアイが出していたパスの長さと、日本のパスの長さが違ったはずです。日本はショートパス、ウルグアイはミドルパス。でもオランダとか、チェコとか、そして王者・ブラジルなどもショートパスの使い手だといわれますよね。

ウルグアイに僕がうなったのは、ウルグアイはミドルパスをスペースに出してきたことです。確率からいえば、成功率の低い、相手にも奪われやすいパスを、中盤でも試みていた。ただ一本一本のパスから意図がうかがえた。通れば、すぐに得点につながるような鋭いパスを出していたのです。

さっき、日本は無難に足元にパスを出していた、といいましたね。逆に言えばウルグアイは危険なスペースへのパス中心にゲームを組み立てていたことになります。

日本は後ろから、確実に足元に、足元に繋いでいく。ボランチのあたりからスルーパスを出し始める。いや前線の味方の動く先にパスを出していく。見ているこちらもここへ出すんだろうな、というところへパスを出していく。

一方で、ウルグアイのパスは、ユニットプレーとして、ここへ出し、次ここへ出し、ここへ出す連携で崩そう、というパスではなかった。

読めないんですよね。様々な予備動作、オープンスペースを後方の選手は考えているんだと思うんですが、選手のゆっくりとしたジョグの様な動きで常に陣形が変形していく。後方でのパス回しでも、陣形を変形させながら前へ出ていく。そして動く先へパスを出す。止まっている選手というか、DFに簡単に読まれるようなパスが少なかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
日本代表
戦術論
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

攻めるパス

小川選手が怪我をされたことは残念に思います。
この出来事を乗り越え、U-20代表がさらに強くなることを願います。

こんな記事も読みたい

2017:U-20W杯:グループステージ:3節:中立:vsイタリア「暗黙の了解」【蹴鞠談議2】

イタリアとお手々つないで【「読裏クラブ」のワンツー通し】

Uー20日本代表、決勝トーナメント進出決定【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconrona9229

Yahooに深い感謝を。

無期限休止に入るかもしれません。ともかく考え中です。迷ってしまい、申し訳ありません。しばらくじっくりと考えます。

カクヨムでの記事はこちらです。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883228514

小説を書き始めました。

もし興味のあるかたがおられたら、この作品も読んでみてください。

自己紹介の一つとして…↓
  • 昨日のページビュー:37
  • 累計のページビュー:928528

(09月29日現在)

関連サイト::::小説 『秦の誓い 』 :::

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. グアルディオラを止めるためペジェグリーノがやったこと(仮説)
  2. 京都サンガへの在籍・移籍のメリット
  3. バイエルン・バルサの戦術考
  4. お遊びで、マンチェスター・ユナイテッド、再生への道を気楽に印象で書く
  5. ありがとう、アッレグリ・そして本田の生きる道
  6. 京都の補強は成功している
  7. ゲーム・メーカーを複数ゴール前に置くと勝利の扉が開く(H25・10・3に書いたもの)
  8. 「どうすれば観客は増やせるか?」
  9. 2000年の京都サンガを覚えていますか? - 少し昔話をする -
  10. Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -

月別アーカイブ

2017
08
06
05
04
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
09
08
07
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss