~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~

お遊びでバルサを止めるための空想

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナがメンヘングランドバッハとCL予選の第6節で当たった試合をみました。相手の調子がよくなかったというのもありましたけど、やはりバルサは強かったですね。

守備面で、どのようにプレスをかけるのか見たかったんですが、MGがリトリートしていてほとんどボールを持てず、さっぱりわかりませんでした。

基本どちらかのサイドに追い込んでは人数を多くし、パスコースを切って奪っていくと思ったのですが、さっぱりわかりませんでした。

一方で攻撃は破壊力ありましたね。ネイマール、スアレスでてなかったんですが、代わりに入った選手も点を取って、穴がないなと。攻撃の基本コンセプトは中央にオープンスペースを作り、サイドに拠点を作ってそこに人を集めたうえで、たたみかけるようにそのスペースに入っていく。よく見ると、スペースを守っているだけの選手がMGには2人とか、3人とかいて人を掴めていない。これでは点を防ぐのも大変だろうと思いました。

で、思ったんです。バルサを止めるのには常識を覆すようなシステムがいるんじゃないかと。ウルトラCみたいな、これまでになかったシステムがいるのではないかということです。

今、バルサを防ぐ主流になっているのは、バルサに持たせてポゼッションさせ、自分たちはゾーンを敷きリトリートして防御し、一撃の反撃を待つ方法ではないでしょうか。つまりゾーンで守る方法です。でもこれだと、しっかり人をつかめないことが多い。

ではマンツーマンではどうでしょう。守るのにはいいんですが、攻めの時に攻撃が組み立てられないし、システムで戦うというメリットがなくなってしまいます。

ではどうすればいいか。空想してみましょう。つまり、ゾーンとマンツーで守ればいいんでは。

局面によってマンツーにする、局面によってゾーンにする、というのは難しいでしょう。だからマンツーとゾーンを組合わせるということになります。まあ普通のシステムもこれを基本にしているわけだから常識なのですが、これを具体的に論じてみましょう。

バルサの得点源は3人のトップMSNが絡むことが多いです。だからこの3人にはマンツーを附ける。そして一人だけ中央にリベロを余らせて他はついて行かせる。

バルサのFWはサイドに開きます。また後ろ(中盤)にも引いていきます。それらについていく。だから対応策としては、かなりこの3人のDFはついて動くことになります。フラットなDFライン、というものでなくなるかもしれない。また中央のスペースをがら空きにすることもあるでしょう。

サイドががら空きになることって、たまにありますよね。対角のサイドをがら空きにすること。このように、この場合、全くシステムが後ろはぐちゃぐちゃになる可能性がある、ということです。なぜならバルサの前線はぐちゃぐちゃに動いてミスマッチを作ろうとするのだから、こちらのDFも流動的に動いて、新しいDF概念を作る必要があるかも知れない、ということかな、お遊びだけど。

両SBとCBの3人、もしくはスリーバック的な選手が自由に動いて、更にCBが一人中央でスペースを埋める感じになるでしょう。

後ろの攻撃参加はゾーンでパスの出し手を防ぎます。中盤の2人、攻撃参加してくるSBをゾーン型のプレスで塞ぎこむ。具体的には中盤の3枚か4枚でサイドに追い込んで正確なパスを出させないようにする。FWの人間も協力して、パスに圧力をかけるわけです。

バルサの攻撃において、後ろの部分に圧力をかけるのは必ずしも難しくないと思います。ただ相手ボールになったあとのバルサのプレスをくぐることが難しいのと、前線の破壊力を封じることが何よりも難しい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
欧州サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 乾貴士 】 ようやく今季の初ゴールを決める。 【 ビジャレアル vs エイバル 】【FCKSA66】

今季初得点の乾を地元紙が絶賛「自慢の刀を抜くや否や相手を真っ二つに切り裂いた」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

エイバル、誤審と乾のゴラッソでEL出場圏内まで4ポイントとなる勝利【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconrona9229

Yahooに深い感謝を。

無期限休止に入るかもしれません。ともかく考え中です。迷ってしまい、申し訳ありません。しばらくじっくりと考えます。

小説を書き始めました。

もし興味のあるかたがおられたら、この作品も読んでみてください。

自己紹介の一つとして…↓
  • 昨日のページビュー:62
  • 累計のページビュー:918409

(07月19日現在)

関連サイト::::小説 『秦の誓い 』 :::

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. グアルディオラを止めるためペジェグリーノがやったこと(仮説)
  2. 京都サンガへの在籍・移籍のメリット
  3. バイエルン・バルサの戦術考
  4. お遊びで、マンチェスター・ユナイテッド、再生への道を気楽に印象で書く
  5. ありがとう、アッレグリ・そして本田の生きる道
  6. 京都の補強は成功している
  7. ゲーム・メーカーを複数ゴール前に置くと勝利の扉が開く(H25・10・3に書いたもの)
  8. 「どうすれば観客は増やせるか?」
  9. Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -
  10. 2000年の京都サンガを覚えていますか? - 少し昔話をする -

月別アーカイブ

2017
06
05
04
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
09
08
07
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss