~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~

Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカパー!がJリーグの放映から撤退し、DAZNが放映権を獲得しましたね。来シーズンからはDAZNが試合を放映することになりました。様々な意見が出ているようです。

「画質が悪い」

「持たないよ、すぐに撤退する」

何れも自分もそう思っていた意見です。

しかしです、Jリーグを見るソフトは、もうDAZNしかなくなったわけです。つまりJリーグを観たければ、DAZNしかない。DAZNはまだソフトとしては不完全なものですが、これしかもう見る手段はないわけです。

一定数の加入者が見込めるようになったとします。その際、もしDAZNが値上げを敢行したらどうなるでしょう?10万人の加入者が、Jリーグを観たい、といって月2万円でも12カ月加入するならば、240億円の収入になることになります。放映等はJリーグが担うことになっていますから、30億円はまるまるDAZNの懐に入ることになります。

10万人が、2万円で12カ月、というのはたとえですから、加入者が増えれば増えるほど、採算ラインが下がっていくことになります。240億円を採算ラインとして20万人なら1万円、増えれば増えるほど、採算ラインは下がることになります。

DAZNがこのまま何も動かなければいいです。しかしもしその儲けたお金を、次の放映権、すでに複数の放映権、ブンデスリーガ、セリエAなどは押さえているわけですが、例えばCL、EL、プレミア、リーガなどに手を伸ばしてきたとき、他の事業者は、対抗していけるでしょうか?

可能性としては、Jリーグの独占をてこにして、DAZNは日本のサッカー関連、スポーツ関連のコンテンツを次々に併呑し、そして、最終的に独占状態、もしくは1強状態をつくれる可能性があります。あくまでも、将来の可能性ですが

DAZNの可能性は、サッカーの、Jリーグの価値と裏表になっています。Jリーグを見るのに、1万円、毎月、20万人が見れば、採算は取れます。これだけの人数がいるでしょうか。これだけの人数がいれば、理論上はDAZNは10年間日本で活動できると思うのです。

Jリーグの放映権をDAZNが握ったということは、DAZNをJリーグがどうこうできるということではないかもしれません。立場はほぼ対等なのです。そして視聴者・ファン・サポーターの動向を、JリーグはDAZNに委ねてしまった。これはこれまでJリーグの意向でリーグが動いていたのが、ある部分はDAZNの意向でリーグが動くようになった可能性があります。パラダイム(価値観)が転換したのです。

今後、我々ファンが、またJリーグが、DAZNにどう合わせられるか、という点に、Jリーグの今後がかかってきているのかもしれません。

Jリーグとしては、すでに立ち上げているとは思いますが、対策チームが必要です。テレビでの放映を諦め、ストリーミングでどこまでのことをできるかを、探求していかなければならない。受信環境が悪い中での再生の感度を高めるかとか、DAZNの流す映像を契約の範囲内で保存できないか、とか、テレビにストリーミングに対応した機器を内蔵できないか、などです。

オンデマンドの整備も今後必要になっていきます。放送のアーカイブをつくる。それらはJリーグの責任になっていくでしょう。一定期間置いた試合の記録を、ダウンロードできるサービスを別にできないか、可能性を探るべきでしょう。

Jリーグはすでに放映権を手放した以上、放映権が手元にない、という条件で、今後発想を磨いていかなければいけません。

それはパブリックビューイングの開催や、バーでの放送の展開、ラジオでの放送の強化・研究など、多岐にわたると思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -

来年が勝負になるかもしれないですね。
Jリーグにとっても、スカパーにとっても、DAZNにとっても。

スカパーに戻る可能性はないわけではないけれど、資金や加入者が離れないかですね。
逆にDAZNにとってはいかに加入者を確保するかでしょう。
JリーグはDAZNに提供するコンテンツをいかにつくるかとか、様々な仕事があります。

どうなるのやら、ちょっと今は予測つきません。

DAZNがここを突破すると、HULU?Netflex?ですか、
そのようなサービスが一気に入ってくる可能性があります。
動画がテレビで見れるようになり、やはり大きな変動が起こるのかなぁ。

まだわかりません。

こんな記事も読みたい

『グランパス』杉森の去就は未だ不透明?【赤の血潮と、青の魂】

《Jリーグ雑談》スカパー!Jリーグ放送撤退【南大阪に吹くマリンの風】

ゴルフクラブ◇鉛(おもり)の張り方 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconrona9229

Yahooに深い感謝を。

無期限休止に入るかもしれません。ともかく考え中です。迷ってしまい、申し訳ありません。しばらくじっくりと考えます。

小説を書き始めました。

もし興味のあるかたがおられたら、この作品も読んでみてください。

自己紹介の一つとして…↓
  • 昨日のページビュー:102
  • 累計のページビュー:927566

(09月11日現在)

関連サイト::::小説 『秦の誓い 』 :::

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. グアルディオラを止めるためペジェグリーノがやったこと(仮説)
  2. 京都サンガへの在籍・移籍のメリット
  3. バイエルン・バルサの戦術考
  4. お遊びで、マンチェスター・ユナイテッド、再生への道を気楽に印象で書く
  5. ありがとう、アッレグリ・そして本田の生きる道
  6. 京都の補強は成功している
  7. ゲーム・メーカーを複数ゴール前に置くと勝利の扉が開く(H25・10・3に書いたもの)
  8. 「どうすれば観客は増やせるか?」
  9. Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -
  10. 2000年の京都サンガを覚えていますか? - 少し昔話をする -

月別アーカイブ

2017
08
06
05
04
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
09
08
07
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss