~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~

サッカーJリーグ(特に関西)を中心に、時には海外も含め、試合観戦記などブログを書かせていただく予定です。

rona9229

関連サイト::::小説 『秦の誓い 』 :::

Yahooに深い感謝を。 無期限休止に入るかもしれません。ともかく考え中です。迷ってしまい、申し訳ありません。しばらくじっくりと考えます。 小説を書き始めました。 もし興味のあるかたがおられたら、この作品も読んで もっと見る
  • 昨日のページビュー:51
  • 累計のページビュー:896675
  • (04月17日現在)

最新の記事

お遊びでバルサを止めるための空想

バルセロナがメンヘングランドバッハとCL予選の第6節で当たった試合をみました。相手の調子がよくなかったというのもありましたけど、やはりバルサは強かったですね。 守備面で、どのようにプレスをかけるのか見たかったんですが、MGがリトリートしていてほとんどボールを持てず、さっぱりわかりませんでした。 基本どちらかのサイドに追い込んでは人数を多くし、パスコースを切って奪っていくと思ったのですが、さっぱり......続きを読む»

正しい方向へ -京都サンガが歩むべき道とは-

ここ数回で、かなり手厳しくフロント批判を提起した。そして「美しいサッカー」、もしくは「スペクタクルなサッカー」を展開し、そして、勝つ、ことが大切ではないかと語ったつもりだ。 勝利へと至る道は複数ある。ただそのうち、どの選択肢を選ぶかが大切なのだ。 京都サンガは悪いチームではないと思う。それは、情熱と、努力があるからであって、決して資金があるからではない。だから情熱をもってこのチームを育てていこう......続きを読む»

Jリーグ・プレミアムリーグ構想

DAZNとやらが「Jリーグ」の放映権を落札したらしい。これについて、スカパーはサブライセンスを取得できず、今後、Jリーグを軸にしてDAZNはJリーグを牛耳ることが予想される、そういう趣旨のレポートを先日上げた。 それはそれでいいことだと思う。 ただである、DAZNはやる気があるのだろうか?DAZNのHELPページのトップはラグビー日本代表の応援風景であり、どう見てもDAZNがJリーグにやる気を見......続きを読む»

Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -

スカパー!がJリーグの放映から撤退し、DAZNが放映権を獲得しましたね。来シーズンからはDAZNが試合を放映することになりました。様々な意見が出ているようです。 「画質が悪い」 「持たないよ、すぐに撤退する」 何れも自分もそう思っていた意見です。 しかしです、Jリーグを見るソフトは、もうDAZNしかなくなったわけです。つまりJリーグを観たければ、DAZNしかない。DAZNはまだソフトとしては......続きを読む»

京都サンガへの在籍・移籍のメリット

京都サンガの現状について、ネガティブな情報が出ている。石丸監督の交代であり、クラブを代表した選手たちの流出である。また新監督の手腕は未知数である。 では、これらをどう判断したらいいのだろう?本当に京都は落日の、沈みゆく船なのだろうか? まず第1に、言い方は悪いが、京都から去年のように「逃げ出した」選手はまだいないということだ。去年はユース育ちの若手が大量に流出し、大きな戦力ダウンを強いられた。し......続きを読む»

京都サンガの行動規範 「最高のチーム」

このところ、取り込んでいて、思うままにプライベートのことはできていない。その中で書くので、意を尽くさないかもしれない。ご了承願いたい。 京都サンガのミッションと、それに伴う行動規範(バリュー)について、考えていた。それぞれは、オフィシャルのクラブ概要の所にのっているので、ここでは省く。 そのような、大きなことについて僕が書くことには、ちょっと気が引けるところがあるのだが、あえて、ここに記して残......続きを読む»

-フットボール・ラボの京都のデータをお借りして-

ちょっと事情があり、あまり動けなくなるので、長文ですが。 フットボール・ラボ(以下、ラボと略す)というサイトからちょっとデータをお借りして(というか信用して)、ちょっと分析を行います。読み方間違えてたら、全然わかってません、すいません。 京都のトップチームの試合は昨日のPOで終わりました。自分は今シーズンも、あまりしっかりと試合を観れてはいなかったのですが、2016年の京都サンガに足りなかったも......続きを読む»

きまぐれに (PO C大阪-京都 プレビュー)

プレビューといっても、京都サイドから、C大阪のこの選手のこういうプレー、いややなぁ、という感じだけなので。 C大阪、千葉戦あたりから、最後の3試合まで、POに合わせて調整してきたみたいな感じですね。選手をローテーションしたり、いろいろ試してみていた感じがするんですが、どうだったんでしょう?最近の戦い方を隠してきているぶん、やや嫌な感じがしています。 ただ、中心選手は、杉本健勇選手でしょう。今年、......続きを読む»

大丈夫?Jリーグ?手玉に取られてない? (えっらい、心配になって)

新しいサイトがオープンしたようだけれども、評判を聞いて、ちょっと登録するのをためらっている。 本当に、来シーズン、Jリーグは見れるんでしょうか?スカパーは、サブライセンス、取らないかもしれませんよ。 Jリーグがいつの間にか試合を放送するという羽目になり、スカパーが撤退し、放送が見れないようになったら目も当てられない。 まず、交渉することだと思う。 言われるとおりにやっていると、ちょっとやばそ......続きを読む»

プレミアいいかげんテレビ観戦記 (第2節・マンチェスターU-サウサンプトン)

今回も3倍速で見ました。とても忙しく、本当はゆっくり見たいのですが、30分でかたづけました。非常に残念。それでも、レビューにお付き合いいただける方は、どうぞ。 驚いたのは、モウリーニョ、アンカー使ってないんですね。4-1-4-1ではない。テレビの表記では4-2-3-1でフェライニ?ですか?が、ボランチをやっている。 プレミアは縦に速い、そういわれます。(今も言うのかな?)それに対し、バルサのアン......続きを読む»

プレミアいいかげんテレビ観戦記 (アーセナル-リバプール)

8月めっちゃ忙しくて、今頃プレミア開幕をみました。しかも早送り3倍速で1試合だけ。観戦時間、30分。それでも、と思われる方おつきあいください。 アーセナルは事前のレビューではCBがよくないという話でしたが、DHのところがよくない感じでした。リバプールは4-3-3の形を取ったのに対し、アーセナルはワントップ、2ウィングの4-2-3-1?のような形でした。そのリバプ-ルの3トップの圧力か、アーセナルは......続きを読む»

岐阜戦を前に・ユース(U-18)へのメッセージ・NO DEAL

実は、恥を承知で告白すると、ここまで今シーズン、京都サンガFCに自称「テクニカル・レポート」やら称するものを、ここまで何回か送ってきました。総本数で、たぶん十数本くらいになるのではないかと思います。ただ、最近、Reject、つまり受信拒否をされている、ような感じなのですが、受信された上で拒否されているのか、そもそも受信されていないのか、よくわからないでいます。(PCには弱いのでよーわからんです) ......続きを読む»

超えろ!!(ベンチマーク)

石田雅俊という選手がいる。才能あふれた選手だと思う。シュート力、ドリブルでの突破力はなかなかだと思う。 だがパスを受ける能力はどうだろうか?マークを外す動きはどうだろうか?パスを出す能力はどうだろうか?そして、味方がディフェンスに回った時、彼はどれだけのことができているだろう。 長所に注目することは大切だ。ドリブル力、シュート力、大事だと思う。だがそれをチームの組織の中で生かせなければ、宝の持ち......続きを読む»

気持ちで負けないように(京都―熊本、熊本メモ)

いや、ほとんど調べられてないので、いいかげんなことを。 FWでは清武、MFでは嶋田が目立ちますかね。キムテヨンも含め、この3人の動きに注意が必要か。 岐阜戦だけを見る限りでは、3つの攻撃パターンがあり、まず苦しい時は前線に蹴って、そのセカンドボール周辺に密集を作り、ボール回収を図ります。これが最も主な攻撃パターン。CBからボールをつけてくることもありますが、SBに回すか、SHからSBへ戻したボ......続きを読む»

京都サンガ・再考

たまたま仕事が早く終わり、かつ明日がお休みなので、試合、見にいってきました。試合前、スタジアムに急いでいたら、なにやら募金をしている人たちが。ん、見知った顔があるな?と思ったら選手やないですか!!ということで慌てて千円募金してきました。一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 試合は緊迫したいい試合、点を取られてからはハラハラ、そわそわしましたが、ゴールが見れたのはすごくうれしかったです。いま、帰っ......続きを読む»

自分たちを信じて(京都-東京Ⅴ、東京Ⅴメモ)

今回は、いつも以上に簡単に。 このチームの特徴は、全員守備、全員攻撃だと思います。相手(東京Ⅴ)の密集地帯と、最終ラインの様子を見て、攻撃、守備、カウンターか、セットするかを整えるといいでしょう。 サイドからの攻撃が有効だと思います。クロスに対し、ニア、中央、ファー、ともに付け入るチャンスはあると思います。バイタルを崩すのも有効だと思います。スペースを探してください。 東京Ⅴの陣形は基本4-4......続きを読む»

山口と長崎が対戦した試合は分析済みですか?(京都-山口、山口メモ)

いつもどおり、簡単に書くつもりです。 まず、山口でしっかりと対策しなければならないのは、福満、この選手は右足のドリブルと、右足アウトのパスでゲームメークして、相手を崩してきます。左サイドからも左足のクロスがあり、ファーへのクロスから折り返しのシュート、要注意です。 次に注意すべきは島屋、この選手も右利きで、右のドリブルと、ヒール、ダイレクトプレーがある。だから右のドリブルと、パスをポストになって......続きを読む»

平常心で、常にひたむきな気持ちで(京都-讃岐、讃岐メモ)

讃岐についてはほとんど調べられていません、体調を少し崩していたので。簡単にだけ、メモを。 讃岐は8節の愛媛戦までは8試合で4勝2分2敗、13得点11失点、それに対し、前節C大阪戦までは7試合で4分3敗、3得点5失点でした。愛媛戦以降、調子を落としていたはずなんですが、何らかの形で息を吹き返してしまったのかもしれません。 今年の讃岐は前線に木島、左右のMF、ボランチに仲間、馬場、永田、高木と能力の......続きを読む»

守備を破ろう、集中しよう(京都-金沢、金沢メモ)

あまり大したことは書けないので、簡単に。 金沢はシステムを変えたんですか?札幌戦から、5バック気味になっているのでしょうか、カウンター中心で攻めてくると思います。昨年のようなプレスもありますが、要所、ここぞ、という局面だけで使ってきます。(5-2-3で前の3だけ仕掛けてくる?) 得点は空中戦からが多く、両サイドからのクロスに競ってのものが多い。得点のうち、セットプレーからの得点が最も多く、次いで......続きを読む»

最後まで集中しよう、全力を尽そう(京都-横浜FC、横浜FCメモ)

仕事から仕事なので、用意していたものを、いつもどおり、簡単に。 この横浜FCというチームの今の中心は、小野瀬(今季・3得点)、という選手だと思います。この選手が軸になって試合をするようになり、上昇し始めた。出場停止になった群馬戦は惨敗を喫しています。 プレースタイルはファーストタッチを右足でし、縦に速い選手。縦にポイントを作って、そこにイバ(今季・3得点)という選手が絡んでくるので、まず小野瀬......続きを読む»

最後まで集中し、戦い抜こう(京都-北九州、北九州メモ)

今回、前節の町田-北九州のビデオなどを見たのですが、あまり参考になることは書けないと思います。 町田-北九州では、北九州は町田の攻撃をブロックするために、おそらく町田仕様の戦い方をしたのではないかと思います。 得点については、いろいろな要素があったと思いますが、守備については攻撃を仕掛けてくるサイドに密集を作ってクローズし、プレスをかけやすくして相手の攻め上がりを抑え、攻め込まれたら相手のバイタ......続きを読む»

京都-愛媛戦をめぐって(多少、きついことを)

京都、勝ちましたね。よかった、よかった。 試合は、後半の半分しか見ていません。しかし、各選手がかみ合ってきて、調子を上げてきていると思います。いいことだと思います。 沼選手のゴール、よかったですね。なにやら久保選手などのデビューと比べる向きもあるようですが、個人的にはうぬぼれすぎるな、とだけ。 黒部、松井、パク、などのデビュー戦も見たし、上野、石丸(失礼)、遠藤などのサンガでのデビュー戦も見ま......続きを読む»

クリアをはっきり(京都―愛媛、愛媛スカウティングメモ)

あんまり役に立っていないようですが、念のため、スカウティングを+αで。 愛媛の中心は5番、藤田、彼がパスを回すことで成立しています。一旦、瀬沼、河原、阪野の3人、特にサイドの瀬沼、河原、にあててから5番に戻して展開させるパターンが多い。8番の小島はドリブラータイプで、試合を組み立てているのは5番でしょうね。 瀬沼は面白い選手で、ドリブルは右足が得意、右足のシュートもあるものの、決定的なシュートは......続きを読む»

愛媛FCについて(1素人・京都ファンの感想)

愛媛FCについて、しばらく調べていました。いや、実に面白いチームですね。前節はC大阪と引き分け、その前は松本と引き分けている。2チームとも地力のあるチームですから、かなり手ごわいチームだといっていいでしょう。 ではこのチームをどうやって攻略すればいいでしょう?素人なりにぼつぼつと綴ってみることにします。 まず攻撃から見てみます。攻撃については瀬沼が中心なんですかね?瀬沼という選手はけっこう両足を......続きを読む»

京都よ、君たちはよく戦った、顔を上げて、前へ進もう

京都はよく戦ったと思います。 残念ながら試合自体は見ていません、しかしこのGWの3連戦、上位6位に入る力を持っているであろう3チームを相手にして2勝1分けは立派だと思います。 けが人が多く、紅白戦すら組めない状況で、よく戦った。選手たちを褒めてやりたいと思います。 いろいろと、最後の試合に勝てなかった要因や、これからどう戦っていくかの分析はしていきたいとは思いますが、ともかく疲労困憊のなかで......続きを読む»

最善を尽くそう、全力で最後まで戦おう(京都ー千葉・千葉スカウティングメモ)

千葉戦のスカウティングメモ、簡単にだけ載せておきます。 前節の讃岐戦は、前線の4人、町田、エウトン、船山、井出が走るサッカーを志向していたようですね。富澤、若狭がそれを背後から支援する形。そこへ左SBの阿部がよく絡んでいました。 ああ、阿部の左足のクロスは結構精度があるので注意が必要です。 富澤は今節でない可能性があるらしいですが、戻したボールを右足のミドルで狙うのは練習していたんでしょうね、......続きを読む»

謙虚に、謙虚に、全力を尽くそう(京都-清水の清水スカウティング・メモ)

C大阪戦、選手多たちが素晴らしい試合を見せてくれたみたいですね。応援もよかったみたいで、清水戦も期待しています。 簡単にですが、清水についてもスカウティングのレポート、いれておきます。 キーマンはボランチではないですかね?いつもボランチが鍵、といいますが、ボランチは車のハンドル、船の操舵、チームの中心に当たる。ここは大事だと思います。 清水のボランチについて調べてみると、六平?ですか?16番?......続きを読む»

全力を尽くしてぶつかろう(C大阪-京都プレビュー)

去年のアウェイ、C大阪戦はフォルランにハット決められて、なかなかきつかったですね。個人的には、この前くらいからブログ、かこまいか、かこか、迷っていて、迷っているうちに京都が低迷してしまったので、今回は、一本だけ記事を投稿しておくことにします。 C大阪の得点を見ていると、ほんと多彩ですね。たくさんの選手が得点を取っていて、誰をマークしたらいいのかわからないように見える。どの選手も危険で、扱いづらい......続きを読む»

京都-徳島、まずは雑感

いや、いやな予感していたんですよね。徳島の掲示板などを観察していたら、「今節は絶対に勝つ」、といっている人が何人もいて、なんかあるやろう、いやな感じだ、そう思っていて結果を確認したら0-1で、正直に言うと、予想以上に点を取られていない、それが正直な実感です。 でもシュート一本に抑えての負けですからね、選手たちは悔しかったでしょう。 まだ前半20分過ぎまでしか見ていないので、何とも言えないのですが......続きを読む»

誰かの助言が欲しい

このサイトは、先日からプレビュー、レビューを掲載しています。それに対して、京都の人がかなりの数みていただいたようで、非常に喜んでいます。なぜか? それは、いつもはこのサイトを見てくれる人に、京都の人がとても少ないからです。 自分はこのサイトを京都の人、特に京都サンガの関係者に向けて発信しているつもりです。自分にとってのこのサイトのミッションは、「京都サンガを勝たせること」、になります。 確かに......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9

このブログの記事ランキング

  1. グアルディオラを止めるためペジェグリーノがやったこと(仮説)
  2. 京都サンガへの在籍・移籍のメリット
  3. バイエルン・バルサの戦術考
  4. お遊びで、マンチェスター・ユナイテッド、再生への道を気楽に印象で書く
  5. ありがとう、アッレグリ・そして本田の生きる道
  6. ゲーム・メーカーを複数ゴール前に置くと勝利の扉が開く(H25・10・3に書いたもの)
  7. 京都の補強は成功している
  8. 京都は健全経営と育成を続ける(長文)
  9. 「どうすれば観客は増やせるか?」
  10. Jリーグのパラダイムがシフトした日 - DAZNの未来のメモ -

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
09
08
07
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss