寝ても覚めても、ORIX

後藤光尊選手の引退に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年、ブログを閲覧頂きました方々、拙い文章にもかかわらずありがとうございました。 この2年は2年がかりの資格試験で、寝ても覚めてもオリックスとはいきませんでした。来年はオリックスな日々が過ごせるように、また、プロ野球ファン、オリックスファンの皆様に良い一年であることを祈っております。

今年最後のブログは、後藤光尊選手を取り上げます。

楽天イーグルスの後藤内野手が今季限りで引退です。01年、オリックスにドラフト10位で入団しました。下位入団ですが、二塁・三塁・遊撃をこなすユーティリティーな守備が認められ、1年目から頭角を著します。石毛チルドレンとして、開幕スタメン(6番DH)を勝ち取ります。

プロ入り時点での評価は守備の人だったはずです。広い守備範囲と華のあるプレーは、守備でお金の取れる名手に成長することが期待されました。しかし、頭角を著したのは、期待されていなかった方の打撃でした。2年目に遊撃手のレギュラーをつかむと、守備は17失策と何度も落胆させられますが、打撃では本塁打9、打率267と結果を残します。そのシーズン後に、背番号が49から1に変更されており、打てるショートへの期待の大きさが伺えます。 3年目には打撃不振からレギュラーを失いますが、仰木監督が就任した4年目には本塁打9、打率295と見事に復活します。この頃から、バッティングフォームを小笠原選手を参考にしたとされるトップハンドトルクの豪快なフォームになりました。

守備でも、打撃でも、記憶に残るプレイヤーでした。 ファインプレーは、身体能力の高さゆえでしょう。二塁手で、ボテボテのゴロにダイブして、素手で取って空中で体を反転させて斜め後ろの一塁へ投げて、頭から着地。この一連をワンモーションで。この鮮やかさは世界一でしょう。1日に2度決めたこともありました。平野恵選手の一生懸命さ、泥臭さを感じさせる熱いプレーとは好対照なクールなプレーでした。(球歴は平野選手の方がエリートですが) 打撃では、練習で外国人選手と並んたフリー打撃でも、全く遜色のない打球を飛ばしていました。フルスイングから、スタンドに突き刺さるラインドライブは気持ちがよかったです。ボール球を難なく打ち返す様には、天才を思わせました。

その反面、守備では簡単な打球ほど失策してしまう一面も。二塁に移ってからは遊撃よりは安定していましたが、10年目にも10失策を記録しています。楽天時代でも守備は大きな改善はみられ無かった気がします。走塁でも、足は速いのに盗塁失敗が多く、打撃でも併殺打やバンド失敗が多く、あらゆる面で粗さのある選手でした。くわえて一度調子を崩すと、なかなか復調できないことも、タイトルに無縁な理由でしょう。しかし、今となっては思い出されるのはビックプレーの数々です。本当に華のある、夢を与えてくれる選手でした。本当にありがとうございます。お疲れ様でした。

楽天から戦力外通告後に、合同トライアウトを受けていましたので、オリックスが取ってと淡い期待をしておりました。楽天へトレードの際には、「生涯オリックス」を宣言してくれた選手だけに、オリックス球団の不義理を感じたものです。罪滅ぼしとも思いましたが、福良監督が「ファンプレーは要らない」と若手を鍛えており、この言葉とは対照的なベテランは必要無かったのでしょう。しかし、真面目に練習する姿、馴れ合うことのない性格は、よい指導者になれると思います。近い将来、指導者として現場復帰をしてもらいたいです。楽天であっても、オリックスであっても。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
orix
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鶏が先か卵が先か【Straight-Outside-Low】

ASKAの復帰作に、清原和博の復帰を想う【プロ野球の魅力を語る】

ジャイアンツ2017。左の先発争い、鍵を握るのは杉内俊哉【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

山崎福也投手の飛躍に期待【寝ても覚めても、ORIX】

横浜ファンながら気になる他球団の選手vol.1 吉田正尚【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

「5冠」吉田正尚☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

金田かぁ【オリだぶ】

次の舞台では超主役で。原拓也選手のこと。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

ブロガープロフィール

profile-iconrokko3

  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:746677

(07月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子千尋の件
  2. FA ~ 原監督を見習いたいものです ~
  3. 人的補償選手を予想する
  4. 来期に向けて、FAと、ポスティングと
  5. 金子千尋の件2
  6. この強さ本物か?
  7. 使い方難しい? 2015年野手布陣
  8. 黒田博樹とイチローと
  9. 3枚看板全滅と、明確になってきた課題と。
  10. 嬉しいニュースが入ってきました。

月別アーカイブ

2017
07
05
04
03
01
2016
12
11
09
04
03
2015
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss