新体操研究所

新体操の魅力、面白さについてまじめに考察します

rg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「 もっと見る
  • 昨日のページビュー:312
  • 累計のページビュー:7916275
  • (11月19日現在)

最新の記事

全日本ジュニア個人総合結果

◉男子個人総合 安藤梨友、佐藤綾人、森多悠愛、堀孝輔、佐藤嘉人、中村大雅、田中啓介、安藤未藍、吉田和真、佐藤颯人、向山蒼斗、大野哲平、岩田楓、満仲進哉、清水琢也                ※最終種目ロープの演技終了後、応援に応える安藤梨友。 ◉女子個人総合 喜田純鈴、横山あかね、柴山瑠莉子、鈴木歩佳、植松桃加、立澤孝菜、五十嵐遥菜、亀井理恵子、横山美希、小林秀圭、......続きを読む»

2013全日本ジュニア1日目

2013全日本ジュニア1日目 ◉男子スティック+リング暫定順位(15位まで)            暫定首位:安藤梨友(NPOぎふ新体操クラブ)S9.225+Ri9.200=18.425 2位以下:森多悠愛&佐藤綾人、中村大雅、安藤未藍、吉田和真、佐藤嘉人、田中啓介、佐藤颯人&向山蒼斗、堀孝輔&岩田楓、井門輝&大野哲平、清水琢巳 ◉女子......続きを読む»

2013全日本ジュニア直前企画⑤ ブルーミングRG

2013全日本ジュニア直前企画⑤ ブルーミングRG 全日本ジュニアを目前に控えた10月6日から4日間、私は長野の新体操クラブをいくつか訪ねさせてもらった。 そのしょっぱなで伺ったのが、ブルーミングRGだった。 そして、そこには、全日本ジュニアに個人で出場する児玉悠がいた。 全日本ジュニア直前でさぞかし追い込んだ練習をしているのだろう、と思ったが、いい意味でそれはそうでもなかった。......続きを読む»

2013全日本ジュニア直前企画④ 国士舘ジュニアRG

2013全日本ジュニア直前企画④ 国士舘ジュニアRG 今回の全日本ジュニアの男子団体は、かなり面白い試合になりそうな予感がしている。 連覇に挑む王者・恵庭RGクラブ。 対抗の本命は、昨年はミスに泣いた井原ジュニア新体操クラブ。 さらには、5月の団体選手権でジュニア・シニア混合チームで優勝に迫る演技を見せたNPOぎふ新体操クラブも、ほぼ団体選手権ままの作品をオールジュニアでやってくる。......続きを読む»

イオンカップ情報

イオンカップ情報 本日、イオンカップの開催記者会見があった。 私は行っていないが、すでにニュースになっている。 http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2013/10/15/0006421749.shtml ああ、そうなんだ。 イオンからは、早川さん、皆川さんが出るんだ。 たしかに、ロシアに行ってからの演技を生で見る機会がないし、そり......続きを読む»

2013全日本ジュニア直前企画③ NPOぎふ新体操クラブ/井原ジュニア新体操クラブ

2013全日本ジュニア直前企画③ NPOぎふ新体操クラブ/井原ジュニア新体操クラブ いよいよ今週末は、全日本ジュニア! 個人も激戦が予想されるが、男子の団体はまたいちだんと熱い戦いになりそうだ。 その中でも、前述の恵庭RGクラブの連覇を阻む可能性がもっとも高そうなのが、この2チームではないかと思う。 ●NPOぎふ新体操クラブ ......続きを読む»

旅の終わり

旅の終わり 秋の長野・新体操探訪の旅。 最後に訪れたのは、諏訪地区で活動している「レインボーRG」。 こちらでは、一般クラス(低学年)、一般クラス(高学年)、選手と3つのクラスを見ることができた。 なんと言っても驚きは、その人数の多さ! 10年以上、ほとんど生徒数に増減なし。それも宣伝らしい宣伝はしていない、というからさらに驚き! つくづく新体操が根付いている土地柄なんだなあ、と......続きを読む»

秋の長野・新体操探訪<予告編>

秋の長野・新体操探訪<予告編> 更新が滞っていて、申し訳ない。 じつは、この3日間、長野を旅していた。 「ああ、長野に行くにはいい季節だね」 と言われそうだが、紅葉を見に行ったわけでも、りんごを食べに行ったわけでもない。(まだ早いが) 新体操を見に行ってきた。 それも試合ではなく、練習。 どこまで好きなんだ、自分? という突っ込みはさておき。 なぜ長野まで新体操......続きを読む»

テレビ放送のお知らせ

テレビ放送のお知らせ なんと! あのジャニーズが、男子新体操に挑戦!!! 放送日:2013年10月13日(日) 時 間:AM11:00~11:25 番組名:ABChanZoo(えびチャンずー) 放送局:テレビ東京 内 容:ジャニーズ事務所所属のA.B.C-Zが国士舘大学で男子新体操の団体に挑戦!ガチンコの挑戦にどうなるか注目!  これは! 見逃せません! ...続きを読む»

2013東京国体Memorial

2013東京国体Memorial 優勝:チーム東京 ◉安藤彩音 チーム東京のトップバッターとして登場した安藤のフープは、スピードと勢いのある素晴らしい演技だった。地元チームの登場でかなり大きな声援もあり、プレッシャーもあったはずだが、そう感じさせないパフォーマンスで、チームに勢いをつける役割を十分に果たした。 ◉笠井菜々子 長身の恵まれたスタイルを生かした美しい......続きを読む»

2013全日本ジュニア直前企画② 恵庭RG <下>

2013全日本ジュニア直前企画② 恵庭RGクラブ <下> 恵庭RGクラブの国士舘合宿を見に行って感じたのは、こうして普段とは違う環境で出稽古のような練習をすることの意義だった。 とくに国士舘大学は、新体操をやるうえでのハード面の充実では抜きんでている。そこで練習させてもらうのだ。選手達のモチベーションが上がらないはずはない。 そして、それは恵庭RGだけにメリットがあるわけではな......続きを読む»

国体続報

国体続報 新体操の国体が終わったと思ったら、今日からもう体操の国体です。 そして、ベルギーでは体操世界選手権も始まり、日本選手が大活躍しています。 そんなこんなでバタバタしていて、落ち着いて記事が書けませんが、とりあえず、ジムラブのギャラリーに国体の写真をいくつかアップしました。 http://gymlove.net/rgl/topics/gallery/ そして、体操世界......続きを読む»

国体団体競技③

国体団体競技③ 最終グループ最初の演技は神奈川。 ビヨンセの曲を使ったおしゃれな演技をノリよく、同調性も高く踊りきり、12.816。 山口も、同調性の高い気持ちのいい演技だったが落下もあり10.400。 埼玉は、ジャネット・ジャクソンの「リズムネイション」で、東京にも負けないダンサブルな演技を見せ、11.683。 続く愛媛は、明るく弾むような曲そのままのハツラツとした演技で、ミスら......続きを読む»

国体団体競技②※写真追加

国体団体競技② ※写真追加 休憩明けは、大分、福岡と落下などのミスがあり、11点台。 3番目に登場した優勝候補のひとつである千葉も交換での移動、終盤での落下など、万全とは言えない演技だったが、能力の高さ、美しさで14・250をキープ。 鳥取は、いかにも鳥取らしい、一体感と同時性のある演技だったが、交換での移動もあり11・316。福島、徳島は落下や場外などに泣き、点数が伸びず。 ......続きを読む»

国体団体競技①※写真追加

国体団体競技① ※写真追加 山形、佐賀、三重、北海道までの4チームに、ミスが出てや低調なスタートとなったが、5番の熊本が素晴らしいノーミス、同時性にも長けた演技を見せ、一気にピリッとした空気を作った。 熊本の得点は、13・316。落下があり、交換か連係がひとつ抜けた佐賀の13・033を上回った。 新潟もタンゴをうまく表現した美しい演技だったが、落下場外があり、点を伸ばせず。続く......続きを読む»

東京国体団体〜パブリックビューイング会場より

東京国体団体〜パブリックビューイング会場より 本日の団体競技は、パブリックビューイング会場で見てみることにした。 取材で入ったものの、撮影エリアは確保していただいているが 見るだけの記者席まではないので。(とても狭い会場ですから) そして、パブリックビューイングというものにも関心があったので、 この機会に体験してみようと。 競技開始まで15分となり、スクリーンには会場からの映......続きを読む»

2013全日本ジュニア直前企画① 恵庭RGクラブ <上>

2013全日本ジュニア直前企画① 恵庭RGクラブ <上> 10月18~20日の3日間にわたって行われる全日本ジュニアだが、今年の男子はかなりハイレベルな戦いになりそうだ。 なにしろ、昨年の上位選手の中から抜けた選手が少ない(昨年の10位以内で中3だったのは、2位・栗山巧、4位・加藤大地のみ)ため、昨年上位を争ったメンバーはそっくりそのまま残り、さらに下からも有望選手が上がってくるのだから......続きを読む»

東海ジュニア結果

東海ジュニア結果 情報が遅いですが、東海ジュニアの結果です。 個人は、以下の6名が全日本ジュニアに出場です。 【個人競技】 1位:安藤梨友(NPOぎふ新体操クラブ) 2位:堀孝輔(Leo RG) 3位:安藤未藍(NPOぎふ新体操クラブ) 4位:岩田楓(NPOぎふ新体操クラブ) 5位:大野哲平(Leo RG) 6位:満仲進哉(Leo RG) 【団体競技】 ......続きを読む»

かささぎ杯結果

かささぎ杯結果 この週末に、佐賀県で行われたかささぎ杯の結果が入手できた。 九州ブロックにとっては(中国、四国も?)、全日本ジュニア予選も兼ねたこの大会、今年も熱戦が繰り広げられている。 【団体】 1位:神埼ジュニア新体操クラブ 2位:えびの市立上江中学校 3位:井原ジュニア新体操クラブ 4位:清風中学校 5位:小林市立小林中学校 6位:JKAジュニア新体操クラブA ......続きを読む»

成長期~男子キッズ・ジュニア選手たち

成長期~男子キッズ・ジュニア選手たち 今日、うれしいニュースが飛び込んできた。 男子の北信越ジュニアで、高橋快くん(STELLA)が、1~6年の種目別徒手で2位になったそうだ。 高橋快くんといえば、今年の長野カップで男子キッズ選手権に出場。男子新体操をやる環境のない新潟県で、女子のクラブに籍を置いて練習していた男の子だ。 その後、縁あって、国士舘大学出身の川幡健一さんの指導を受けられ......続きを読む»

9月の演技会・発表会

9月の演技会・発表会 新体操のハイシーズンといえば夏! が、しかし、昨今は秋から冬にかけてもなかなか充実した新体操ライフが待っている。 もちろん、10月には全日本ジュニア、そして、イオンカップ、さらに社会人大会が控えている。 11月はもちろん、全日本選手権! が、そのほかにも、さまざまな発表会、演技会も目白押しなのが、秋~冬なのだ。 なんと言っても、直近なのが、東京女子体......続きを読む»

東北ジュニア大会結果

東北ジュニア大会(全日本ジュニア予選)結果 9月14、15日に行われた「東北ジュニア」の結果は以下のとおり。 この結果、個人上位6名、団体上位3チームが、10月17~18日に行われる全日本ジュニアに出場することが決まった。 ●団体競技 1位:滝沢南中学校 18.150 2位:キューブ新体操 17.600 3位:華舞翔新体操倶楽部 17.300 4位:滝沢南RG 15.9......続きを読む»

よい風景

よい風景 15日のKOTARO CUPに引き続き、16日、17日と国士舘大学でよい風景を見ることができた。 国士舘大学のOBであり、今年のインターハイまで佐賀県の強豪校・神埼清明高校を率いていた中山智浩氏が、この連休を利用して団体の特別指導にみえていたのだ。 「神埼清明の監督」という立場をおりた中山氏は、なにかから解放されたような様子で、見ているほうも楽しくなった。 じつに楽......続きを読む»

2013 KOTARO CUP

2013 KOTARO CUP 台風にたたられた3連休だったが、いわば台風のおかげで、私にとっては充実した2日間となった。 まず、15日。 相模原市民大会を観戦に行く予定だったが、台風接近のため中止に。 しかし、出場を予定していた国士舘大学が、「市民大会の代わりに」と急きょ、「KOTARO CUP」を開催するとの情報をキャッチ。 会場となる国士舘大学に行ってみると、国士舘の大学......続きを読む»

水俣新体操発表会のお知らせ

※再掲になりますが、こちらもいよいよ本番が近づいてきたので、もう一度、お知らせしておきます。 ●新体操発表会のおしらせ● 熊本県水俣市で、「新体操発表会」が行われます。 水俣高校はもちろん、九州小学生大会で優勝したJKAジュニアや、芦北高校男子新体操部、水俣高校OBによる一千会、さらには福岡大学の男女新体操部も出演する見どころ満載の発表会になりそうです。 「男子新体操、やってみた......続きを読む»

DRUM TAO東京公演チケット先行販売のお知らせ

DRUM TAO20周年記念舞台第2弾 「十七人のサムライ」チケット先行販売情報 「TAOって何?」 という方のために、ちょっと解説すると、「TAO」は和太鼓を中心としたパフォーマンス集団で日本全国はもとより、海外公演も精力的に行っている実力派グループだ。 今年の春に、野球のWBCのオープンニングアクトして福岡ドームで、花園大学男子新体操部とコラボしたあのかっこいい和太鼓集団といった......続きを読む»

2013クラブ団体選手権 「印象に残った演技」②

2013クラブ団体選手権 「印象に残った演技」② ●東京ジュニア新体操クラブ(東京都) とても投げが高くて、フロアを隅々まで使う大きな交換は、「大学生か?」と思うほどのインパクトがあった。 また、ひとつひとつの動きがていねいで、難度の終末などがきちんとしていて、同調性も高く、見ていて気持ちのいい演技だった。昨年は、この大会のジュニアの部で優勝したクラブだが、今年は、昨年とはメンバー......続きを読む»

2013クラブ団体選手権「印象に残った演技」①

2013クラブ団体選手権 「印象に残った演技」① 5人そろって、ましてや手具も使う女子の団体演技において、試合本番でノーミスのいい1本が出る確率は、果たしてどのくらいだろう? その確率は、おそらくかなり低いのではないかと思う。 落下や場外のような目立ったミスは避けられたとしても、移動や不正確な難度の実施など、細かいミスはたいていのチームに出てしまう。 せっかくのステキな振付も、工夫を......続きを読む»

クラブ団体選手権シニア入賞チーム

クラブ団体選手権シニア入賞チーム 1位:すみれRG15.550 2位:静岡RG14.550 3位:ポーラ☆スターRG13.850 4位:熊本RG13.550 5位:NPOぎふ新体操クラブ13.250 6位:カタリナ新体操クラブ12.900 7位:きらり☆岡山新体操クラブ12.700 8......続きを読む»

クラブ団体選手権ジュニア入賞チーム

クラブ団体選手権ジュニア入賞チーム 1位:すみれRG13.800 2位:インタークオレス13.450 3位:町田RG13.350 3位:CAC RG13.350 5位:アンジュ12.900 6位:ミュゼ新体操クラブ12.800 7位:TESORO12.700 7位:サンシャインRG12.700 7位:町田RGも......続きを読む»

1 2 6 7 8 10 12 13 14 53 54

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss