新体操研究所

月別アーカイブ :2013年01月

2013テレビ信州杯レポート⑫ 男子キッズ選手権の勇者たち②

2013テレビ信州杯レポート⑫ 男子キッズ選手権の勇者たち② 9 佐々木健吾(小4/ホークジュニア) 昨年すでにとても美しい徒手を見せていた選手だが、1年分しっかりうまくなっていたように思う。とくにラストポーズに入る時の間や、表情がよかった。4年生でこの雰囲気を出せるのはすごい。 10 大坪翔斗(小1/智頭RG) とにかく小さい! とにかくかわいい! 小さすぎて、......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑪ 男子キッズ選手権の勇者たち①

2013テレビ信州杯レポート⑪ 男子キッズ選手権の勇者たち① 1 中園湖貴(小5/神埼ジュニア新体操クラブ) 鹿倒立もしっかり止まり、徒手要素のすべてがきちんとできている完成度の高い演技。つま先がもっと伸びれば最強! 2 齋藤恭吾(小2/会津ジュニア) おそらく新体操のキャリアはあまり長くないのだろうが、マット運動大好き! な子ではないか。演技中すこし恥ずかしそう......続きを読む»

青森の旅

青森の旅 25日の夜行バスで青森に向かい、朝9時ころに到着! すぐに「AUGA」の地下の市場で四色丼を食べて、駅前のファミマで大好きな「豆パンマーガリン」を、お土産として4つ購入! 「一番人気!」らしいが、このパン、東京のファミマには売ってないのだ。 青森には何回か行っているが、雪のある季節に行ったのは今回が初めて! 話に聞いてはいたが、雪、すごい! 地元の人に言わせれば......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑩ 男子シニア団体2位/埼玉栄RG

2013テレビ信州杯レポート⑩ 男子シニア団体2位/埼玉栄RG 長野カップの男子団体競技で、ひときわ大きな声援が送られていたのが、この「埼玉栄RG」だ。 彼らへの声援が大きかった理由は、おそらく監督である石田渓が、メンバーに入っていたからだろう。 埼玉栄の関係者はもちろんのこと、プログラムを見てそのことを知っていた人は、「石田先生、がんばれ!」の思いを込めて、大きな声援を送っていた......続きを読む»

『究極の徒手』コンテスト、仕切り直し!

『究極の徒手』コンテスト、仕切り直し! 長野カップレポートをひと休みして、『究極の徒手』コンテストのその後をお知らせしておきます。 データアップが難航したチームもあり、ペンディングになっていた『究極の徒手』コンテストですが、なんとか可能な限りの動画が揃いましたので、いよいよ審査に入りたいと思います。 審査員をお願いしている方には、別途、審査方法などを連絡させていただきますので、よろしく......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑨ 男子キッズ選手権/4~6年の部4~8位

2013テレビ信州杯レポート⑨ 男子キッズ選手権/4~6年の部4~8位 お待たせしました! 4~6年の部の入賞者を紹介しよう。 4~8位は、田中涼介(小4)を除けば、すべて6年生。 キッズ最高学年らしい実力と表現力を見せてくれた。 昨年も出場していた選手も多いが、それぞれこの1年間で飛躍的に成長したところを見せてくれたのが、とても嬉しかった。 とくに、2位に入った松永健人といい、......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑧ 男子キッズ選手権/3年以下の部「ファイティング賞」

2013テレビ信州杯レポート⑧  男子キッズ選手権/3年以下の部「ファイティング賞」 「ファイティング賞」は、おもしろい顔ぶれになった。 小2(小澤)、5才(宮田)と、年齢の低い選手の受賞も目立つ。 今回の大会での演技の出来の良さ以上に、「これから」に期待できそうな、そんな演技を見せてくれた選手達が選ばれているように思う。 それでは、受賞選手を紹介しよう。 ●赤羽拓海(福島新体操......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑦ 男子キッズ選手権/3年以下の部「アーティスティック賞」

2013テレビ信州杯レポート⑦  男子キッズ選手権/3年以下の部「アーティスティック賞」 アーティスティック賞受賞の3名のうち2名が、女子チーム所属の選手だったことには、少し驚いたが、たしかに女子チーム(女性の指導者が教えることも多いと思われる)の選手達は、総じてつま先が美しかったり、柔軟性に長けていることが多いように思う。 やはり、女子の練習を近くで見ていること、女子新体操的な練習もして......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑥ 男子キッズ選手権/R・Gひろさきジュニア

2013テレビ信州杯レポート⑥ 男子キッズ選手権/R・Gひろさきジュニア どうしても早くアップしたかったのが、この「R・Gひろさきジュニア」の選手達だ。順位とか点数とは関係なく、私的には殊勲賞というか、MIP(もっとも印象に残った選手)は、間違いなくこのクラブの選手達だった。 彼らの演技は、粗削りで、審判目線で見れば減点すべき箇所も少なくない。しかし、なんと言ってもそののびのびとした楽し......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート⑤ 男子キッズ選手権/公式練習

2013テレビ信州杯レポート⑤ 男子キッズ選手権/公式練習 今年も、いい笑顔がたくさん! 微笑ましいショットもいっぱい! そして、真剣なまなざしも。 男子キッズってなんでこんなにかわいいんでしょ? 選手達もですが、指導者までも。 みーんな、きらきらしてる。 今回は、男子キッズ公式練習の様子をたっぷりお届けする。 会場にいる気分になってもらえれば、と思う。 ......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート④ 男子キッズ選手権/3年以下の部「ベーシック賞」

2013テレビ信州杯レポート④  男子キッズ選手権/3年以下の部「ベーシック賞」 3年以下の部は、入賞メンバーが昨年とはがらりと変わった。 もちろん、4~6年の部に移行した選手も多かったが、それ以上に、次々と新星が現れてきた! という印象が強かった。 そんな3年以下の部の入賞者を紹介しよう。 まずは、「もっとも基本がしっかりできていた選手」に与えられるベーシック賞から。 ●石......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート③ 男子キッズ選手権/4~6年の部TOP3

2013テレビ信州杯レポート③ 男子キッズ選手権/4~6年の部TOP3 今回が2回目となった男子キッズ選手権だが、出場者が増えただけでなく、この大会に対する意気込みが、去年とはまったく違うことは、公式練習のときから見てとれた。 第1回だった去年は、選手も指導者も、とにかく楽しそうだった。 まるで遠足にやってきた子どものように、今から始まる「キッズ選手権」という新しい試みに、参加するとい......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート② 男子シニア団体優勝/アルフレッサ日建産業

2013テレビ信州杯レポート②  男子シニア団体優勝/アルフレッサ日建産業 アルフレッサ日建産業にとって、この長野カップは、「特別な試合」だったようだ。 長年チームを引っ張ってきた森澤翔が、この試合を最後に引退するのだという。 森澤は、個人でもクラブ対抗戦でクラブに出場していたが、じつに楽しそうに演技をしていた。 そして、団体である。 手を......続きを読む»

2013テレビ信州杯レポート① エキシビション

2013テレビ信州杯レポート① エキシビション 毎年、豪華&楽しい長野カップのエキシビションだが、今回は、すべてが男子新体操という点が異色だった。 ここ2回、男子キッズ選手権効果もあってか、男子の出場者数が増加傾向にあるとはいえ、依然として長野カップの出場者は、女子のほうが圧倒的に多い。そんななかで、あえての「男子新体操メインのエキシビション」! 私はそこにいろいろな思いを感じた。 ......続きを読む»

長野カップ3日目結果

長野カップ3日目結果 3日間の熱戦が終了しました。 本日の結果は以下のとおりです。 ●チャイルド団体 1位 舞エンジェルスRG 2位 世田谷ジュニア新体操クラブ 3位 ミュゼ新体操クラブ 4位 WingなんまつRG 5位 千葉RGクラブ 6位 サンシャインRG 7位 CAC. RG 8位 セイシンRG ●ジュニア団体(......続きを読む»

長野カップ2日目結果

長野カップ2日目結果 ジュニアクラブ対抗では、WingまつもとRGが、見事、逆転優勝を成し遂げました! 長野県勢としては初のジュニアクラブ対抗での優勝です。おめでとうございます! シニアクラブ対抗は、町田RGの逃げ切り優勝でした。 どちらも優勝のかかった局面で、猪又涼子選手がボールで、井上絵理選手がクラブで気迫の「ほぼノーミス演技」!! 井上選手は直前の公式練習でかなりの乱調、猪又選手......続きを読む»

長野カップ1日目

長野カップ1日目 女子クラブ対抗は、ジュニアはNPOぎふ新体操クラブが暫定1位だが、2位に地元長野のWingまつもとRGがつけており、点差も2点未満。今日のクラブ次第では、Wingの逆転優勝の可能性もあり、という展開になった。私の記憶の限りでは、(県外チームが長野カップに出場するようになって以降)クラブ対抗を長野のクラブが制したことはなかったように思うので、もしも逆転することがあれば、歴史的勝......続きを読む»

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~エキシビション

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~エキシビション  長野カップの楽しみのひとつにエキシビションがある。今年も、大会2日目、3日目の競技終了後(12日16:50~、13日16:30~を予定)に行われるが、今回は、昨年来メディア露出も増え、知名度、人気ともに上昇中の男子新体操メインのエキシビションとなっている。  昨年の全日本選手権でも活躍した個人選手1名、全日本ジュニアで活躍した男......続きを読む»

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~3日目(男子)

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~3日目(男子) 男子のクラブ対抗も、前回大会から飛躍的に参加チームが増えた。とくにシニアチームの参加が多いことは、非常に意義あることで、どうしてもインターハイ、インカレ中心になりがちな高校生、大学生にとって、それ以外にもこういった大舞台で演技できる場、競い合える場があることが浸透してきた結果と言えるだろう。 全日本クラスの選手達も多く参加する......続きを読む»

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~3日目(女子)

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~3日目(女子) 3日目は、女子は団体競技が行われ、男子は個人4種目の合計得点で競うクラブ対抗戦と、団体競技が行われる。 女子団体競技は、ジュニア、シニアとも今シーズン(正確には、昨年秋から)から種目が変わるため、まだ新しい作品に取りかかって間もないチームも少なくない。それだけに、昨年までの実績でははかりきれない部分が多く、とても興味深く、エキ......続きを読む»

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~2日目

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~2日目 大会2日目になると、女子の熱戦の隣で、昨年より始まった「男子キッズ選手権」が行われる。 また、女子は、ジュニア、シニアとも3種目目が行われ、クラブ対抗戦の決着がつく。 ~大会2日目(1月12日/土曜日)~ ●ジュニアボール(10:30競技開始) 前回大会でリボン12位になっている北原沙希(舞エンジェルスRG.A)は、昨年......続きを読む»

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~1日目

2013テレビ信州杯(長野カップ)の見どころ~1日目 年が明けたと思ったら、もうこの週末は「テレビ信州杯(長野カップ)」が開幕する。 おそらく日本最大規模の地方大会。 五輪後のルール変更、団体種目の変更などが重なり、昨年よりわずかに出場者数は減ったものの、今年が2回目となる「男子キッズ選手権」は、昨年以上の参加者を集めるなど、テレビ信州杯の存在感は年々大きなものになっている。 さて、......続きを読む»

ドイツだより~国士舘大学

ドイツだより~国士舘大学 国士舘大学の男子新体操部が、昨年末に引き続き、今またドイツ遠征に出かけています。 今回もドイツの国内を移動しながらの演技会に出演ということで、かなりのハードスケジュールのようですが、演技のたびに大喝采をうけているようです。 今回の国士舘は、団体メンバーがジャパンのときのメンバーから2名が欠け(水本・小川・斉藤・佐伯)、そこに1年生の牧田と、なんと日替わりで......続きを読む»

国士舘ジュニア、参上!

国士舘ジュニア、参上! データの受け取りで難航しましたが、やっと国士舘ジュニアの徒手演技がアップできました。(現時点で1人分不足していますが。…1/5 15:05) すでにアップしてあるものだけでもご紹介しておきましょう! ●石川裕平(国士舘ジュニア) http://www.youtube.com/watch?v=3eWpN3OhDYA ●井門 輝(国士舘ジュニア) ......続きを読む»

お年玉~動画コンテスト追加です!

お年玉~動画コンテスト追加です! うちの強力な協力スタッフのおかげで、やっとアップできました! はるばる宮崎から参加してくれた2人です。 この2人は、今度、長野カップでのキッズ選手権にも出場予定です。 生で見るのが楽しみだな~ 宮崎らしい、九州らししい、がっつり&しっかりした体操をする選手達です。 ●長倉大知(宮崎新体操クラブ) http://www.youtube......続きを読む»

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます! 新年一発目は、やはり『究極の徒手』コンテスト! 31日は少し過ぎてしまいましたが、エントリー作品の多くがアップロード完了しました! 現時点で、34作品!!!  まだアップロード終わってないものもあるので、なんとか40作品を超えて、昨年実績を上回りそうです(嬉)。 現在のところの最新作は、こちらです。 ●山口竜昇(花園大学) http......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:290
  • 累計のページビュー:7801367

(06月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss