新体操研究所

月別アーカイブ :2011年08月

2011インターハイレポート④ 青森山田高校

2011インターハイレポート④ 青森山田高校 「苦杯」 2011年度インターハイ 団体準優勝。 それは、青森山田高校にとっては文字通り「苦杯」ではなかったと思う。 2011年8月1日 15時30分。 青森市のマエダアリーナはすさまじい興奮に包まれていた。 いよいよ、青森山田高校が登場する。 ほんの10分前には、青森山田高校の女子が登場し、すばらしいノーミス演技を......続きを読む»

2011インターハイレポート③ 佐賀県立神埼清明高校

2011インターハイレポート③ 佐賀県立神埼清明高校 「惜敗」 インターハイから約1カ月が経ち、もうじき多くの学校では新学期を迎える。 (東北や北海道はすでに始まっているか・・・) 新学期が始まる前に、どうしても書いておきたいチームがあった。 2011年度インターハイ3位 神埼清明高校のことだ。 得点19.000の3位。 誰に恥じることもない立派な成績だ。......続きを読む»

本番直前~全日本クラブ選手権~

本番直前 ~全日本クラブ選手権~ この週末は、東京体育館で全日本クラブ選手権が開催される。 本日からすでに公式練習や審判会議が行われ、競技は明日スタート。27、28日の2日間が2部リーグで、29日が決勝となる。 この大会は、女子のみの開催だが、こういった全国津々浦々から、予選なしで出場できる大会の存在が、現在の女子の新体操の隆盛(国際的な地位はさておき、競技人口の多さ、熱心さなど)を支......続きを読む»

ガンバル社会人応援企画②  内田秀晴

ガンバル社会人応援企画② 内田秀晴 2010年度社会人大会優勝者である。 「ケーアイスポーツ」所属とあるので、いわゆる企業スポーツとして「毎日、午後からは練習」のような生活をされているのか? と思ったがそうではなかった。 週6日は体操教室で幼児や小学生に体操を教えている。 幼児に至ってはお母さんも一緒だったりする。 体操というよりはお遊戯に近かったりすることもあるそうだが、......続きを読む»

ガンバル社会人応援企画① 会光RG

ガンバル社会人応援企画① 会光RG インターハイの話題が続くのか? と思いきや、いきなりの社会人!!! なぜかと言えば、社会人大会(10月8~9日)が近づいてきたから。 そして、参加申し込み締め切りも目前だから。 今年の社会人大会は、長野県安曇野市で開催される。 NHKドラマ「おひさま」の舞台にもなっている安曇野で、しかもいちばん気候もいい時期だから、これは出ない手はない!!! ......続きを読む»

2011インターハイレポート② 岡山県立井原高校

2011インターハイレポート② 岡山県立井原高校 ※写真追加しました(8/22) 「絶対無二」 インターハイが終了して、20日が過ぎた。 この間、多くの人とインターハイの話をしたが、今年は、井原の優勝に異論のある人にまだ出会っていない。誰もが「今年は井原でしたね」と認めている。 どうしても採点で遺恨を残すことの多い採点競技において、これはなかなか珍しいことだ。それだけ、井原の演技が......続きを読む»

頑張れ! ジャパン!

頑張れ、ジャパン! ~日本女子体育大学団体、初のユニバーシアードへ!~ 8月20~22日に、中国・深チェンでユニバーシアードが行われます。 日本からは、個人は、山口留奈、穴久保璃子選手が。 そして、団体は史上初の日本女子体育大学が出場します。 先日行われた体操競技では、日本は男女とも団体優勝という輝かしい結果を残しました。新体操も、それに続いてほしいものです(いや、なにも優勝しろと......続きを読む»

2011インカレレポート⑤ 団体「決着」

2011インカレレポート⑤ 団体 「決着」 結論から言えば、予選がすべてだった。 予選と決勝では、どのチームも大きくは 変わらなかった。よくも悪くも。 その結果。 決勝成績は、 1位 青森大学   19.300 2位 国士舘大学 19.075 3位 花園大学   19.050 予選(予選得点の2分の1が持ち点となる)との総合では、 1位 青森大学......続きを読む»

2011インカレレポート④ 団体「序章」

2011インカレレポート④ 団体 「序章」 2011年8月5日。 その日が来た。 17時前には個人競技が終了した。 個人総合優勝は、花園大学の2年生・菅正樹選手だった。 「強い」と言われていた青森大学の4年生たちを押さえての堂々の優勝! 青森大学では福士祐介が準優勝と健闘したが、菅には一歩及ばなかった。 選手は誰もがより上を目指して、努力はしているに違いない。 しかし......続きを読む»

2011インカレレポート③ 団体「予兆」

2011インカレレポート③ 団体 「予兆」 8月4日、競技が始まった。 この日は、個人競技の前半2種目のみ。 団体は、個人競技終了後の本番フロアでの公式練習のみだった。 花園大学は、この日から田原がタンブリングを入れてきた。 しかし、まだ本格的ではなく、軽めのタンブリングだ。 それでも、軽くやっても驚くべき滞空時間、高さを田原は見せ、これで本気モードになればいったい? とそ......続きを読む»

2011インカレレポート② 団体「決戦前夜」

2011インカレレポート② 団体 「決戦前夜」 インカレが終了してすでに1週間がたった。しかし、なんだかまだつい昨日のことのように感じてしまう。 それくらい、私にとって今年のインカレは濃かった。 今年のインカレで最も注目されていたのは、「青森大学の10連覇なるか?」だったと言っても過言ではないだろう。 昨年の9連覇で、インカレの連覇記録を塗り替えた青森大学が、今年も優勝すれ......続きを読む»

井原カップ団体成績

井原カップ団体成績 ジュニアでも高校生でも、井原がとんでもなくすばらしい演技を見せたようです。インターハイ明けだっていうのに、なんてこったい!!! もう~、全日本ジュニア、そしてオールジャパンが、楽しみすぎます! 【ジュニア団体】 1位 井原ジュニア新体操クラブA (構成9.275 実施8.600=17.875) 2位 NPOぎふ新体操クラブ    (構成9.......続きを読む»

関東ジュニア、終了!

関東ジュニア、終了! 関東では、全日本ジュニア出場権(団体2チーム、個人5名)をかけた関東ジュニアが行われました。 この大会に、私は初参戦! 初めて見に行ってきたのですが、これがなんとも~~~楽しい大会でした。 まず、雰囲気がとってもアットホーム! 関東出身の高校生、大学生選手たちが後輩のサポートに来ていたり、審判や役員に入っていたりして、会場のあちこちに知った顔が。 試合が終われば、......続きを読む»

井原カップ個人成績

井原カップ個人成績 8月13日から行われている井原カップの個人成績が届きました。 予想とおり、かなりハイレベルな大会のようです。 【ジュニア】 1位 安藤梨友 2位 山本悠平 3位 持舘将貴 4位 栗山 巧 5位 佐能佳樹 6位 岩田 楓 7位 松永健人 8位 安藤未藍 9位 川東拓斗 10位 西原昌希 ※昨年度全日本ジュニアを骨折で欠場した安藤梨友選手が......続きを読む»

第1回チャイルドキャンプレポート①

第1回チャイルドキャンプレポート①  8月10~12日の3日間、長野県で開催された「第1回チャイルドキャンプ」に行ってきました。 小学生を対象に、講習会、懇親会、そしてチャイルド団体の大会をセットしたなんとも魅力的なイベントでしたが、実際、楽しかった~! おそらく参加した小学生たちも「楽しかったー!」と思って帰ってくれたのではないかと思います。 小学生のころから新体操を頑張っている子た......続きを読む»

告知いろいろ

告知いろいろ インターハイもインカレも終わりましたが、この週末はまたいろいろな 大会があります。 ●井原カップ(井原市民体育館/岡山県井原市) 8月13日 10時〜 ジュニア個人 14時40分〜高校個人 8月14日 10時〜ジュニア団体 13時〜高校団体 ★今年度インターハイ優勝の井原高校団体、臼......続きを読む»

青森山田、ジュニアクラブ発足!

緊急告知 なんと! あの青森山田がジュニアクラブを立ち上げます! 本日、体験イベントが行われます。 「うちは男の子いないしー」という方、 無関係ではありませんよ! なんと! 同時に演技会も行われます。 青森大学団体、青森山田高校団体、 福士祐介選手、柴田翔平選手、永井直也選手らの 演技が、間近で見られるチャンス!!! 詳細は、 http://www.plus-......続きを読む»

2011インターハイレポート① 個人1~3位

2011インターハイレポート① 個人1~3位 ●優勝:臼井優華(済美高校2年) インターハイでの臼井優華の1種目目は、リングだった。 思えば1年前、高校1年生ながら、優勝候補の筆頭に名前が挙がっていた臼井だが、インターハイでは勝てなかった。さすがに緊張があったのか1種目目でミスがでて、準優勝に終わったのだ。 2年生になった今年、もちろん、今年も「優勝候補の筆頭」だが、2年......続きを読む»

2011インカレレポート① 個人1~3位

2011インカレレポート① 個人1~3位 ●優勝:菅 正樹(花園大学2年) 3日の公式練習でも、菅の動きは目立っていた。このときは、主にロープとリングを練習していたが、どちらも「見せ方がうまくなったなあ」と感じられるものがあったのだ。彼のロープは昨年もかなり好きな演技だったのだが、さらに磨きがかかったように練習でも見えた。大きな変更はしていないのだろうが、細かい部分での見......続きを読む»

勢い

「勢い」 どこのチームに勢いがあるとか、そういう話ではなく。 自分たちの勢いが止まりません(笑)。 このブログもこれでもかっ! と更新していますが、「男子新体操サポーターズ」とでもいうべき面々が、どんどん情報発信しています。 ●「男子新体操ルポ」の老舗中の老舗・「reportage~男子新体操取材記録」では、インターハイ団体で優勝した井原高校の記事をアップ! http://......続きを読む»

ノーサイド(インターハイ編)

ノーサイド ~熱戦のあと~ (インターハイ編) 閉会式も終わり、みなさん帰路につくところの写真です。 もう帰ってしまった高校もあり、あまりたくさんは撮れませんでした。 取材に行った学校くらいはと頑張ってみましたが、神崎清明高校や関東の学校がありません(泣)。 結果がよかった人も、残念だった人も、なんとなくすがすがしい表情をしていますね。 ●岡山県立井原高校 優勝した井原高......続きを読む»

ノーサイド(インカレ編)

ノーサイド ~熱戦のあと~ (インカレ編) 競技終了後に、各大学の選手のみなさんに、写真を撮らせていただきました。みなさんお疲れのところありがとうございました。 明るさが足りなくて、ちょっと見にくいものが多いですが。一挙公開! (一部つかまえ損ねた選手も。悪しからず) 演技中は、あんなにステキなあの人も、あの人も・・・ちょっとイメージダウンしちゃうかも(笑)。お楽しみください。 ......続きを読む»

2011インカレ2日目

2011インカレ2日目レポート    「4年生たち」 個人競技が終わった。 優勝は、菅正樹選手(花園大学)だった。 まだ、2年生である。 インカレは、こういうことが案外ある。 「ラストシーズンに懸ける意気込み」がかえってプレッシャーになってしまいがちな4年生よりも、まだ無欲でいられる下級生たちのほうがのびのびと力を出し切れることが、ままあるのだ。 今回のインカレもその傾向......続きを読む»

2011インカレ直前企画⑨ 福岡大学団体

2011インカレ直前特集⑨ 福岡大学団体 「直前企画」じゃないですね。もう始まってるというか、もはや終わろうとしている・・・。タイトル変えそびれてしまったので、このままいきます。 紹介する団体の4チーム目は、福岡大学だ。 昨日の予選では4位。得点は18.750。 3位の花園大学との差は、0.2だ。 追いつくには大きい差のように思えるが、それを言えば、花園大学と2位国士舘大学の差も0......続きを読む»

お願い

明日(もう今日か)でインカレも最終日です。 インターハイからツイッターも使い、私たちにできる限りの速報を流してきましたが、今日の種目別決勝、団体決勝は、特派員Aさんが小山にいません。彼女も普通の主婦ですので、さすがにこれ以上、家を空けられず泣く泣く今日の観戦はがまんして自宅で主婦するそうです。 ですから、今日の速報は、私がツィートしたものをAさんがリツィートしてくれる形になります。または、「......続きを読む»

お知らせ

お知らせです! インカレたけなわですが、You Tubeに今年のインターハイでの鹿児島実業高校の演技がもうアップされていました。 ぜひご覧ください。以下のURLです。 http://www.youtube.com/watch?v=wEv4ZRTTmAk ...続きを読む»

2011インカレ直前企画⑧ 花園大学団体

2011インカレ直前特集⑧ 花園大学団体 インターハイ、インカレと旅続きで、さすがに新しい記事を書く時間がとれない。 なので、花園大学の記事は今年のシーズンイン前にアップした記事を再掲載しておく。 昨日、一昨日と花園大学の練習を観客席から見ていたが、まさに「勢い」がある。 選手も監督もサポートについている選手達も一点に向かっている雰囲気があり、 この勢いを果たして止められるのだろうか......続きを読む»

2011インカレ直前企画⑦ 国士舘大学団体

2011インカレ直前企画⑦ 国士舘大学団体 さて、今日からいよいよ団体競技が始まる。 すでに青森大学は紹介したので、国士舘大学を紹介しよう。 昨年の全日本では4位という結果に終わった国士舘大学。 今年に懸ける思いは強かったはずだが、東日本インカレでは 交差での接触という大きなミスが出てしまい、 青森大学のBチームにも負けてしまった。 まさにどん底。 ここから、国士......続きを読む»

2011インカレ1日目

2011インカレ1日目レポート 花園の風、吹き荒れる下剋上の前半種目 いやー、すごい試合になりました。 比較的波乱が少ないと予想された1日目でしたが、 いやいやいやいやいや大波乱でした。 まずは、なんと言っても花園大学の「野田チルドレン」達の 躍進っぷりには、もはや驚愕。 初日暫定1位の菅正樹選手は、昨年実績から見ても首位にきても おかしくはない選手ではありますが。 ......続きを読む»

2011インカレ直前企画⑥ 個人選手(D班)

2011インカレ直前企画⑥ 個人選手(D班) 【男子個人競技D班】※スティックの試技順 ※競技開始:8月4日13時40分 30 廣庭捷平(福岡大学) 公式練習で見た彼の演技には、本当にすご味があった。体の奥から動いているという印象の大きくて深い動きには、一種独特なものがある。リングではリスキーな投げ受けも満載!ミスを最小限に抑えれば、かなりいけるのではないかと感じさせる選手......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:269
  • 累計のページビュー:7800675

(06月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss