新体操研究所

月別アーカイブ :2011年06月

ユースチャンピオンシップ⑫ それぞれの煌き

ユースチャンピオンシップレポート⑫ 「それぞれの煌き」 まだまだ続く「ユースチャンピオンシップ特集」! 惜しくも決勝には進めなかった選手達にもきらめく瞬間はたしかにあった。 そのことをここに残しておきたいと思う。 ●乾 慎一郎(清風高校) ●角岡恵吾(光明学園相模原高校) ●小田切優太(華舞翔新体操倶楽部) どうして、ここまでユー......続きを読む»

ユースチャンピオンシップ⑪ 男子21~30位

ユースチャンピオンシップレポート⑪ 男子21~30位 さて、まだまだ続くユースチャンピオンシップ特集。 なんだか「イケメン図鑑」化してきている? とくとお楽しみあれ! ●大岩達也(青森山田高校) まだ手具操作には必死な感じが見えてしまうが、ひねり宙返りの高さは目を引いた。イケメンくんなのに、キメポーズ以外のところで下を向きがちなのが惜しい。 ●山本海智(北海道恵庭南高......続きを読む»

多摩チャリティー演技会レポート<後>

多摩チャリティー演技会レポート<後> 1部と2部の間には、新体操体験教室をはさみ、会場に設営されたマットの上で、たくさんの子ども達がバク転体験をしていました。サポートを担当していたのは、光明相模原高校の新体操部員のみなさん。光明相模原では、ジュニアの教室も日常的に行っているため、サポートも手慣れたもので、頼もしいお兄さんぶりでした。 そして、子ども達が、十分にエネルギーを発散したあとで、......続きを読む»

多摩チャリティー演技会レポート<前>

多摩チャリティー演技会レポート<前>  東日本大震災の復興支援のために多摩市の協力を得て、「男子新体操チャリティー演技会」が6月25日、多摩市総合体育館で開催されました。この演技会の最大の目的はチャリティーですが、同時に震災の影響で、高校選抜大会も中止、関東大会も中止になってしまった関東のチームに演技披露の場を与えるという意味もありました。(高体連ブロック大会が中止になったのはなんと関東だけで......続きを読む»

ユースチャンピオンシップ⑩ 男子15~20位

ユースチャンピオンシップレポート⑩ 男子15~20位 ●石川航大(埼玉栄高校)  予選2種目はおそらく会心の演技ではなかったか。ミスらしいミスもなく、高さのあるタンブリング、動きのスピード感もさることながら、前宙のときもきれいにのびたつま先がとても印象に残った。正直、3月に練習を見たときは、ここまでの選手には見えなかった。が、フロアの上で一人になったときに、思わぬほど......続きを読む»

ユースチャンピオンシップ⑨ 男子10~14位

ユースチャンピオンシップレポート⑨ 男子10~14位 ●川西伸也(坂出工業高校)  ときに少し「雑」に見えてしまうほど、動きに大きさとスピード感があった。伸身の姿勢がとても美しく、またタンブリングに高さがあるので、伸身ひねりが、すばらしい! そして、彼のよさがいちばんよく見えるのは、この上の大きなほうの写真のポーズだと思う。このときの姿勢が美しい上に、ふわりと軽く......続きを読む»

緊急告知② 多摩チャリティー演技会

緊急告知② 多摩チャリティー演技会、開催! 東京都多摩市で男子新体操のチャリティー演技会が行われます。 6月25日(土)13:00~ 於:多摩市総合体育館 国士舘大学、埼玉栄高校など関東のチーム中心の演技会ですが、かなり見ごたえはありそうです。社会人選手の内田秀晴選手や、甲府工業高校(久々にインターハイ出場を決めました!)などの演技も見られます。お近くの方は、いや、遠くからでも。......続きを読む»

緊急告知① 「ENGINE~円陣~」

緊急告知① ENGINE~円陣~公演のお知らせ 日本トップクラスのダンサーが出演する パフォーマンス&ライブイベント~円陣~ に なんと女子新体操選手が出演!! しかもメンバーは全日本で活躍している トップ選手が出演!! ジュニアも大人も楽しめる内容になっているので ジュニア新体操選手も新体操の新たな魅力をみつけられるかも!? 【出演が予定されている新体操選手】 浅沼圭・小......続きを読む»

男子団体選手権レポート③ NPOぎふ新体操クラブ

男子団体選手権レポート③ NPOぎふ新体操クラブ 「共同体」 この週末は、全国各地でインターハイ予選やブロック大会などが行われてた。男子では、近畿大会の団体で京都紫野高校が優勝したようだが、なんでも近畿大会での優勝は初めて、とか。 また、東海大会では団体は島田工業高校が優勝。こちらは5月の男子男子選手権でも力強い演技を見せていたので、納得という感じだ。 東海大会の個人では、ユースチャ......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ(女子)

ユースチャンピオンシップ(女子) 「エネルギッシュ」 ユースチャンピオンシップは予選の上位30名が決勝に進める。 今年は、予選出場選手が397名。その中から勝ちあがってきた30人というのはすごい。 そんな30人の中でも、決勝になって輝きをぐっと増した選手がいた。どう輝いていたのかといえば、一言で言えば「エネルギッシュ」なのだ。 少々のミスがあったところで、「やったる!」という気......続きを読む»

元気印*みんなで合宿レポート⑤(高校生編)

元気印*みんなで合宿レポート⑤ 高校生編 ジュニアよりもひと足先にシーズンインを迎えるのが高校生。すでに、週末ごとに各地でインターハイ予選、ブロック大会などが行われている。 5月3~5日に松本で行われた「元気印*みんなで合宿」にも、多くの高校の参加があった。決戦のときを目前に控えた高校生たちの練習ぶりは真剣味があり、同じ合宿で練習しているジュニア達にとってもよい見本になっていたのではないだろ......続きを読む»

鹿児島実業高校 復活への道<後>

祝! 鹿児島実業高校、団体で4年ぶりのインターハイ出場!  鹿児島実業高校・復活への道 <後> この日、タンブリング練習を終えたあと、部員たちは作品の練習を始めた。選抜大会には出場しない鹿児島実業は、3月のこの時点でもう春のインターハイ予選(九州総体)に向けての作品練習に取り組んでいた。まだ入学前の中学生たちもメンバーに入っていた。そうしなければメンバーが足りないのだ。 ......続きを読む»

鹿児島実業高校 復活への道<前>

祝! 鹿児島実業高校、団体で4年ぶりのインターハイ出場!  鹿児島実業高校・復活への道 <前> 3月に西日本の高校を訪ねてまわった。主に高校選抜出場予定校を回ったのだが、「うちは選抜には出ませんよ~」と言われながらも、ぜひにと行かせてもらったのが、この鹿児島実業高校だった。 目の前に桜島の見事な姿を望むことができる高台にある、豪華な学校。それが鹿児島実業高校だった。 体育館もかなり立派だ......続きを読む»

九州総体速報

鹿児島実業、団体3位! 久々のインターハイ出場を決めたそうです。 1位は、小林秀峰高校で18750。 2位は、神埼清明高校で18700。 ...続きを読む»

チャイルドキャンプのお知らせ

チャイルドのうちに学びたいこと 男子新体操続きでしたが、このへんでチャイルドのことにふれておきたいと思います。 今年の8月、長野で第1回の「チャイルドキャンプ」が行われます。チャイルド団体の競技会、練習会や講習会など、盛りだくさんな内容で、全国のチャイルドさんたちにぜひ参加してほしいと思っています。 毎年2月に行われるクラブチャイルド選手権大会は、どこまでもどこまでも拡大しています。参......続きを読む»

ユースチャンピオンシップレポート⑧ 高校ルーキーズ

ユースチャンピオンシップレポート⑧ 大豊作の高校ルーキーズ 「息吹き」 ユースチャンピオンシップは、中学2年生から出場することができるが、印象としては「高校生の大会」である。上位入賞するのは、ほとんどが高校生、それも学年が上がるほど優位? という傾向にはあった。 しかし! 今年は少し様子が違っていた。 上位9名中、4人が高校1年生だったのだ。昨年の秋までは、ジュニア大会に出ていた選......続きを読む»

ユースチャンピオンシップレポート⑦ 関東高3トリオ

ユースチャンピオンシップレポート⑦ 健闘光る! 関東高3トリオ 「開花」 男子新体操といえば、東北と九州が強いという印象がある。 関東勢は、やや劣勢?というきらいもあったが、じつはここ数年、関東勢もなかなか健闘している。 とくに個人では、昨年は、インターハイ優勝の斉藤良輔(当時・埼玉栄高校)、選抜大会優勝の斉藤剛大(当時・袖ヶ浦高校)などもいて、案外関東勢もやる! のだ。 今......続きを読む»

お知らせ~チャリティー演技会&ホームページ開設

お知らせ~ チャリティー演技会&ホームページ開設 国士舘大学が、昨年からスタートさせた「国士舘ジュニア」の公式ホームページがオープンしました。 http://www.kokushikan-jr-rg.com/ ここのリンク集にも入れておきました。→ ぜひご覧ください。 こちらのホームページにも出ていますが、多摩市で男子新体操のチャリティー演技会が行われます。 6月......続きを読む»

元気印*みんなで合宿レポート④ NPOぎふ新体操クラブ

元気印*みんなで合宿レポート④ NPOぎふ新体操クラブ ユースチャンピオンシップ、女子で印象的だったのは、やはり「横山加奈」だろう。 4つの種目すべてを5,6位にまとめ、総合4位。見事に全日本選手権の出場権も獲得した。 横山加奈のジャパン出場! それは当たり前のことすぎて、あまり驚きはないかもしれない。が、じつは個人での全日本は2007年以来となる。2007年のジャパンといえば、村田由香里......続きを読む»

お知らせ

スポーツナビに、「ユースチャンピオンシップ」のコラムが掲載されました。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/gym/text/201106020008-spnavi.html ぜひ、ご覧ください! ...続きを読む»

ユースチャンピオンシップレポート⑥ 平野泰新(青森山田高校)

ユースチャンピオンシップレポート⑥ 平野泰新(青森山田高校) 「王子卒業」 ユースチャンピオンシップ1種目目のクラブで、平野泰新は、今ひとつぴりっとしない演技をしていた。おなじみの「シンドラーのリスト」。期待をもって見ていたのだが、投げが不安定で前半はなんとかカバーしていたが、2本投げで落下。ジュニア時代から変わらぬ線の美しさに加え、斜前屈などの重みも出てきて、いい演技ではあったが、落......続きを読む»

男子団体選手権レポート② 青森山田高校

男子団体選手権レポート② 青森山田高校 「苦い洗練」 第2回男子団体選手権は、青森山田高校の優勝で終わった。昨年に続いての優勝! 見事な連覇・・・なのだが、青森山田高校のメンバー(監督も)の表情は今ひとつ冴えなかった。 取材に入っていたTBSが表彰式後に、主将の平岡健士にインタビューした際に、平岡は「今日の(エキシビションの)演技は73点」と答えた。前日の競技の際は、72点だった。......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:285
  • 累計のページビュー:7922934

(12月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  6. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss