新体操研究所

月別アーカイブ :2011年05月

男子団体選手権レポート① 埼玉栄高校

男子団体選手権レポート① 埼玉栄高校 「挑戦者」 第2回となる男子団体選手権は、青森山田高校の連覇で幕を閉じた。しかし、優勝した青森山田以上のインパクトを残したのが、準優勝の埼玉栄高校ではなかったか。 今年の埼玉栄高校の演技は、昨年の演技からさらに工夫され、洗練されていた。青森山田が代表格である「踊る男子新体操」とも、九州に色濃い「組み技の新体操」とも違う。どこまでも美しい......続きを読む»

ユースチャンピオンシップレポート⑤ 臼井優華(済美高校)

ユースチャンピオンシップレポート⑤  臼井優華(済美高校) 「孤高の獅子」 2011年ユースチャンピオンシップは、臼井優華の2連覇で終わった。 「ユース2連覇」、その前の年には全日本ジュニアでも優勝している。 押しも押されぬユース世代の最強チャンプと言っていいだろう。 しかし、今回の優勝は決して「楽勝」ではなかった。 そのことは、彼自身がいちばん感じていた。 ......続きを読む»

ユースチャンピオンシップレポート④ 表彰式

ユースチャンピオンシップ、終了しました! とりあえず、男子表彰式後のフォトセッションです。 まず1~3位。 次に1~8位です。左から、平野泰新(4位)、五十川航汰(8位)、永井直也(2位)、臼井優華(1位)、畠山可夢(3位)、斉藤嵩(5位)、植野洵(5位)※栗山隼(7位)は表彰式は欠席。 ......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート③ 男子個人(14位~1位) 

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート③ 決勝観戦ガイドに代えて ●リング試技順(予選順位14位→1位の順) ◆房野 純(岡山県立井原高校)  …クラブでは落下1が惜しかったが、そんなことは問題ではない! と思わせるだけの美しい演技だった。彼の動きは美しくしなやかで、体幹から自在に動かせている感じがする。まさに空気をも一緒に動かすような動き方、そして音の表現がすばらしい。ステ......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート② 男子個人(30~15位)

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート② 決勝観戦ガイドに代えて 明日の試技順に沿って、1日目の演技のレポートをしていきます。明日だけ観戦に来る方の参考になれば幸いです。 ●リング試技順(予選順位30位→15位の順) ◆佐伯 拳(光明学園相模原高校)  ・・・演技のこなれ感はあと一歩だが、バランスよくすべてがいい感じの選手。徒手要素の形がきれい。クラブでは変わったタンブ......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート① TBSが取材にきた!

2011ユースチャンピオンシップ1日目レポート① なんとTBSが男子新体操の取材に! 長い長い熱戦が終わり、プレスルームに戻ってみると、なにやらテレビカメラがセッティングされていました。 「まだ優勝も決まってないのに、なんなんだろう?」と思っていたら、入ってきたのは、1日目首位の臼井優華選手と2位の永井直也選手。そして、団体選手権優勝の青森山田高校。 なんと! TBSが取材に来ていま......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑦ 未来のスターたち

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑦  会場で見つけた未来のスターたち 本日からユースチャンピオンシップが開幕し、女子はすでに熱戦が始まっているが、男子は会場練習が行われていた。 この会場練習、いろいろなチームが一堂に見られて、かなり興味深かった。また、まだ紹介できていない(写真がなかった)選手たちをかなり捕まえて写真を撮ることができたので、ここで紹介しておこう。まだ演技を見たこ......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑥ 男子団体選手権

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑥  男子団体選手権大会 ユースチャンピオンシップに併設で「男子団体選手権大会」が開催される。高校生らしいダイナミックな組み技なども堪能できる団体競技にもぜひ注目してほしい。 試技順で出場チームを紹介しておこう。練習風景の写真は、今年の3月に撮影したもの(青森山田高校は、5月)。演技写真は昨年のユースチャンピオンシップ時のものだ。(恵庭南高校のみ20......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑤ 知っておくとさらに楽しめる選手たち

2011ユースチャンピオンシップ直前企画⑤  まだまだいます! 知っておくとさらに楽しめる選手たち ●五十川航太(岐阜済美高校1年) 全日本ジュニアでは2009年、2010年と連続3位。優勝にこそ届いていないが安定して上位を狙える力をもった選手。ここにきて身長もぐっと伸び、ますますのイケメンっぷりを発揮してきている。ぎふの新体操公演で見たダンス的な作品などでは、動きの華麗さも光って......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画④ 高校選抜大会に出場予定だった選手たち

2011ユースチャンピオンシップ直前企画④  高校選抜大会に出場予定だった選手たち 東日本大震災から2か月以上たち、被災地以外では、ほぼ日常通りの生活が戻ってきているが、ほんの2か月前には、「高校選抜大会中止」という大激震があった。 あのとき、「どうして?」と悔しい思いをした選手は多かっただろう。しかし、だれを恨むこともできないあの状況。その悔しさは、今シーズンに向けてのエネルギーに転......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画③ 岡山県立井原高校

2011ユースチャンピオンシップ直前企画③  岡山県立井原高校 今年は、部員数が増え、この夏のインターハイでは旋風を巻き起こしそうな井原高校からも、ユースチャンピオンシップに6名の選手が出場してくる。 ジュニアから一貫した指導を受けてきている井原の選手たちは、そろって徒手能力が高い。ジュニア時代には、「井原ジュニア」団体として会場の大喝采を浴びていたあの世代の選手たちが、今回のユースでは、......続きを読む»

ユースチャンピオンシップ直前企画② 青森山田高校(特別付録)

2011ユースチャンピオンシップ直前企画② 青森山田高校(特別付録) 先日、青森に取材に行ったとき、青森山田高校の練習が始まると聞いていた時間に体育館に行くと…。 あれ? なんかみんな出かける様子。 どこに行くのかと思ったら、近くの公園で練習するとのこと。 私も自転車を貸してもらって同行することに。 みんなはランニングで移動します。通りかかった車か......続きを読む»

2011ユースチャンピオンシップ直前企画① 青森山田高校

2011ユースチャンピオンシップ直前企画① 青森山田高校 まだ東日本インカレの余韻もさめず、もっとふれておきたい選手、演技もあるのだが、なんせ週末にはユースチャンピオンシップが迫っている。とりあえず、まずは、ユースチャンピオンシップに出場する選手たちを紹介していくことにする。 まずは、遠路はるばる青森から大量9人の選手を送りこんでくる青森山田高校。インターハイ予選に向けての団体練習も大詰......続きを読む»

2011東日本インカレ2日目レポート

「2日目に棲む魔物」~東日本インカレ2日目レポート 東日本インカレが終わった。 上位陣がノーミス演技の応酬だった1日目とはうって変わって、2日目は荒れ模様の試合となり、順位の変動もあった。 そう言えば、男子の試合はこういう展開が多い気がする。1日目はいずれも譲らぬ好勝負なのだが、2日目にはミスが出る。中には自滅する選手もいる。 男子新体操の個人は、1日目がスティック、リング。2日......続きを読む»

2011東日本インカレ1日目レポート②

2011東日本インカレ1日目レポート② ◉手元集計ではあるが、スティック&リングを終えて、暫定1位は、柴田翔平(青森大学)。1種目目のリングでは、第1タンブリングの高さ、さらにタンブリング中にリングの中に体を入れるという技で度肝を抜いた。手具操作がかなり慎重になっていた感じはあったが、昨年までより「かっこよさ5割増し」の演技で上々のスタート。2種目目のスティックは、「大きさ5割増し」の......続きを読む»

2011東日本インカレ1日目①

2011東日本インカレ1日目レポート(男子) 1日目終わりました! 一言で言えば、すごくいい試合でした。 明日、栃木県小山市まで来れる方はぜひ! 来てください!!!!! 絶対、後悔はさせません。 詳細レポートは追ってアップします。 今日中にはなんとか。 ...続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画⑦ 男子団体(青森大学)

2011東日本インカレ直前企画⑦  男子団体(青森大学) いよいよ明日、東日本インカレが開幕する。 ここまでに主だった大学の個人選手は紹介してきたので、最後に青森大学の団体を紹介しよう。 言わずと知れた「インカレ9連覇中」の青森大学は、まぎれもなく団体の王者だ。 が、しかし。その牙城は今年も盤石かというと、そうとは言い切れない。 と言ってしまっては失礼だろうか。 いや、それは、......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画⑥ 男子個人選手(青森大学②)

2011東日本インカレ直前企画⑥  男子個人選手(青森大学②) ●松田陽樹(3年)  3月にBLUE TOKYOのステージのあとにインタビューしたときに、松田は「今年こそはジャパンに」という抱負を語ってくれた。正直、それを聞いたとき、「ジャパン? 出てたよね?」と思ってしまったのだが、じつは昨年のインカレでは26位。初日のスティック、リングでミスが出て8点台に沈......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画⑤ 男子個人選手(青森大学①)

2011東日本インカレ直前企画⑤  男子男子個人選手(青森大学①) 東日本インカレに、青森大学からは4人の1年生が出場する。いずれ劣らぬ個性派そろいの彼らは、みんな東北の出身! 次代の青森大学を支える東北パワーをぜひ見せてほしいものだ。 では、その「青大ルーキーズ」から紹介していこう。 ●藤原大貴(1年) 「大学用に親から新しいユニフォームも作ってもらっ......続きを読む»

緊急告知「REASON旗揚げ公演」

緊急告知「REASON旗揚げ公演」 この週末は、東日本インカレなんですが、じつは東京ではこんな公演もあります。(舞台「タンブリング」もやってます!)なんだか忙しい週末です。 私は、東日本インカレに行くので、この公演には行けなくて残念ですが、新体操人が大勢参加しているようなので、都合のつく方はぜひ足をお運びください。 旗揚げ公演ということで、チケットも随分リーズナブル! お子さんなどを連れて......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画④ 男子団体(国士舘大学)

2011東日本インカレ直前企画④  男子団体(国士舘大学) 青森への取材旅行を終えて、東日本インカレへの期待に胸が膨らんできている。 それはもちろん、青森大学だけでなく、国士舘大学にしても同じだ。昨年から熱く、深く男子新体操を見ている。今まで以上にたくさんのことを感じながら見てきた。 少ない機会ではあるが、練習の取材などもさせてもらってきた。ほとんどお客さん状態で見に行った去年ま......続きを読む»

元気印☆みんなで合宿レポート③ 舞エンジェルス

元気印*みんなで合宿レポート③  指導者はなぜ怒るのか? 松本の合宿でしみじみ感じたことは、 どこの指導者もよく怒る、ということです。 いつもは優しいあの先生も、かわいらしいと思っていた先生も。みんな怒る、怒る。 近くで私がカメラを構えていたりすると、ちょっと恥ずかしいなぁ〜と思う方もいるようだけど、それでも合宿だけに他の先生方もガンガン怒っているのを見てホッとするのか、また怒......続きを読む»

西日本インカレレポート 福岡大学団体

西日本インカレレポート 福岡大学団体 西日本インカレでは、団体は花園大学が優勝。福岡大学は2位でしたが、今回、愛知から山口まではるばる観戦に行っていたわが東海特派員・のほこさんから、福岡大学団体演技のステキなレポートをいただきました。 写真は本番ではなく、3月の合宿時のものですが、少しでもイメージが伝わればと思います。 2位とはいえ、構成9.400、実施9.325=18.725は、優勝した......続きを読む»

元気印*みんなで合宿レポート②

元気印*みんなで合宿レポート②  いつもと違う環境での基本練習は、刺激がいっぱい! 合宿2日目、5月4日の朝の練習風景です。 松本市民大会の会場でもある松本市総合体育館は、朝から多くのチームでにぎわっていました。 朝いちは、ランニングや柔軟、バレエレッスンなど。 チームごとに、体育館のスぺースを分け合って、それぞれに自分たちのやり方で、アップを進めていました。 ......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画③ 男子個人選手たち(国士舘大学)

2011東日本インカレ直前企画③  男子個人選手(国士舘大学) ●弓田速未(2年) 「自分の演技は、好き嫌いがはっきり分かれる演技だとよく言われるので、そこが課題かなと思っています。もう少し、評価を考えた演技にしたほうがいいのか、という迷いが出てくることもありますが、今はまだ自分のやりたい演技をやる! という方向でいきたいと思っています。自分がしっかり演じきれれ......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画② 男子個人選手たち(国士舘大学)

2011東日本インカレ直前企画②  男子個人選手(国士舘大学) 「東北の雄・青森大学」に続いて、「関東の雄・国士舘大学」の個人選手たちを紹介しよう。 今年の国士舘大学、個人がかなり充実している。 侮れない…と思う。 まずは東日本インカレでの彼らの演技に期待してほしい。 今の国士舘の選手たちは、「常勝・国士舘」ではなくなってから入学してきた選手たちだ。だから、「ここにいるだけで強く......続きを読む»

2011東日本インカレ直前企画① 男子個人選手たち(青森大学)

2011東日本インカレ直前企画①  男子個人選手(青森大学) この週末、山口県では西日本インカレが行われました。最終結果、正式なものはまだわからないのですが、優勝は、野口勝弘選手(花園大学)だったようです。 3月に練習を取材したときも、野口選手のストイックな練習ぶりは、際立っていましたから、納得できます。西日本インカレでは、4種目すべてをきっちりまとめることが難しかった選手も多かったような......続きを読む»

緊急告知 「タンブリング(舞台)」情報

久々の「タンブリング」ネタ!! ~テレビ特番情報~ 思い起こせば1年ちょっと前、TBSのドラマ「タンブリング」を少しでも盛り上げようと、このブログで男子新体操をとりあげたのが、現在に至る発端でした。あれから1年、自分でも驚くほど男子新体操に傾倒してしまいました。そして、このブログの認知度もあがりました。(1年前は、タンブリングの最終回ロケレポートのとき、タレントさんのファン達がアクセスを押し上......続きを読む»

西日本インカレ速報①

西日本インカレ速報① 山口県で行われている西日本インカレに行かれている方から、1日目の速報をいただきましたので、転載の許可をいただきました。 1日目の結果は、以下のとおりですが、会場で出された速報に間違いがあるようで、正確なものではないらしいです。 訂正など後ほど入る可能性があることをご承知おきください。 いくつかトピックスがありますね~ ① 小椋恭平選手(同志社大学)の躍進 ......続きを読む»

元気印*みんなで合宿レポート①

元気印*みんなで合宿レポート①  やっぱりこれでしょ! 大盛り上がりのレセプション 行ってきました! お邪魔しちゃいました! かねてより、興味のあった「元気印みんなで合宿」です。 毎年、ゴールデンウィークに松本で行われている合同合宿。 合同とは言っても、練習はそれぞれのクラブのペースでやっていいのですが、同じ体育館でいろいろなクラブが隣り合わせで練習するのですから、刺激をたっぷり受け......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:498
  • 累計のページビュー:7755301

(03月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss