新体操研究所

月別アーカイブ :2010年11月

オールジャパン2010レポート④ 小川晃平

オールジャパン2010レポート④ 「凛」 ~小川晃平(井原ジュニア新体操クラブ) 全日本ジュニア2位になり、オールジャパンに出場した小川晃平は、ジャパンの舞台でよくも悪くも「ジュニアらしい」演技を見せた。手具の落下や、ちょっとした足元のふらつきなどが出てしまった若さは、まさに「ジュニアらしさ」が悪いほうに出てしまったのだろうが、これは愛嬌でもある。何しろ彼はまだ15歳なのだから。 ......続きを読む»

オールジャパン2010レポート③ 永井直也

オールジャパン2010レポート③ 「美的」~永井直也(半田スポーツクラブ) 今回のオールジャパン、とくに男子は「私一人では見きれない」と思っていたので、強力な助っ人2名を確保しておいた。言わずと知れたAさんと、名前が出るのは今回が初のOさん。2人とももともと私の「新体操母仲間」であり、「観戦仲間」だ。かれこれ10年くらい一緒に女子の新体操を追ってきたし、いつも熱く新体操を語っている仲間だ。 ......続きを読む»

オールジャパン2010レポート② 男子社会人選手たち

オールジャパン2010レポート② 「継続は力なり」~男子社会人選手たち ☆内田秀晴(ケイアイスポーツ) 彼の演技は若々しい。なんだか伸び盛りのジュニアのような雰囲気がある。スティックの最初に見せる開脚ジャンプのあまりの軽やかさには、「社会人選手」だということを忘れさせられた。とにかくフロアをいっぱいに使う広がりのある演技で、めちゃくちゃ運動量が多い。手具操作も素早いし、巧みだ。そこには......続きを読む»

オールジャパン2010レポート① 植野慎介(追記あり)

オールジャパン2010レポート① 「自分らしさ」~植野慎介(中京大学) ※11・24に追記しました。 今年になって、突然、目を見張るような魅力を開花させた選手だ。大学4年間、ずっとインカレにもオールジャパンにも出場しているし、20位前後には常にいた。何年も前から十分に「うまい選手」ではあったのだ。 しかし、申し訳ないが、昨年までの印象はそれほど強くない。それが・・・今年になって急に化けた......続きを読む»

オールジャパン閉幕!

オールジャパン、閉幕! 長くて熱かった3日間、おわりました。 書きたいことはいろいろありますが、とりあえず3日目の結果を。 ●種目別スティック 1位 大舌恭平(青森大学)9.550 2位 北村将嗣(花園大学)9.500 3位 柴田翔平(青森大学)9.425 4位 野田光太郎(KYOTO花園RGC)9.400 5位 増田快雄(青森大学)9.375 6位 静 真樹(花園大学......続きを読む»

ついに開幕! オールジャパン④ 男子個人総合最終結果

ついに開幕! オールジャパン④ 男子個人総合最終結果 ☆1位:北村将嗣(花園大学)【4種目合計=37.925】 ☆2位:大舌恭平(青森大学)【4種目合計=37.750】 ☆3位:谷本竜也(花園大学)【4種目合計=37.575】 ☆4位:野田光太郎(KYOTO花園R.G.C)【4種目合計=37.250】 ☆5位:福士祐介(青森大学)【4種目合計=37.0......続きを読む»

ついに開幕! オールジャパン③ 女子個人注目選手

ついに開幕! オールジャパン③ 女子個人注目選手 ☆4位:日高舞(東京女子大学)【フープ:24.900+ロープ:23.700=48.600】 ☆5位:山本千尋(明治大学)【フープ:23.850+ロープ:24.075=47.925】 ......続きを読む»

ついに開幕! オールジャパン② 男子個人注目選手

ついに開幕! オールジャパン① 男子個人注目選手 ☆7位:廣庭捷平(福岡大学)【スティック:9.300+リング:9.275=18.575】 ☆9位:篠原良太(国士舘大学)【スティック:9.275+リング:9.250=18.525】 ☆11位:内田秀晴(ケイアイスポーツ)【スティック:9.200+リング:9.225=18.425】 ☆11位:臼井優華(岐阜済美高校......続きを読む»

ついに開幕! オールジャパン① 男子個人総合1日目

ついに開幕! オールジャパン① 男子個人1日目速報~上位6名 ☆1位:北村将嗣(花園大学)【スティック:9.475+リング:9.425=18.900】 ☆1位:大舌恭平(青森大学)【スティック:9.550+リング:9.350=18.900】 ☆3位:福士祐介(青森大学)【スティック:9.450+リング:9.400=18.850】 ☆4位:柴田翔平(青......続きを読む»

オールジャパン直前企画31 女子ナショナル選手

オールジャパン直前企画31 頂上決戦~女子ナショナル選手 やはり思い入れが多すぎるのでしょう。もっと早くアップしたかったのに、書き始めたらこんなになってしまい。もう朝です。 見れないまま、出かけてしまった人も多いかと思いますが、今はスマートフォンとかで外でも見られますから。少しでも多くの人が、競技開始前にこれを読んでくれるといいなあ、と思いつつ。 私も出かける準備をします! 今日から3......続きを読む»

オールジャパン直前企画30 大学生男子団体

オールジャパン直前企画30 それぞれの道~大学生男子団体 ☆福岡大学 去年もそうだったが、福岡大学の演技は、どこか変わっている。独特で、そして魅力的だ。 男子の団体はトップ3の壁が厚い。そこに割って入るのはかなり難しいだろう、とは思う。しかし、それも夢ではないのでは? と思わせるものが今の福岡大学にはある。 演技序盤のなんとも不思議な動き、そして、6人そろって倒立したままのジャ......続きを読む»

オールジャパン直前企画29 男子ジュニア団体&女子社会人

オールジャパン直前企画29 男子ジュニア団体&女子社会人 まさかここまで大ごとになるとは思わずに始めてしまった企画なので、正直、登場順やグループ分けなどはいきあたりばったりでした。 なので、うまくくくれなかったチーム、選手ができてしまいました。 明日には競技開始なので、ここでご紹介しておきましょう! ☆小林中学 全日本ジュニアでは、4位だった小林中学だが、2位の神埼中学、......続きを読む»

オールジャパン直前企画28 大学生女子団体

オールジャパン直前企画28 円熟の技と表現! ~大学生女子団体 ☆国士舘大学 国士舘大学の女子団体がオールジャパンに出場するのは、なんと2006年以来だという。毎年、インカレでは見ているし、そこそこよい演技をしていた印象があるので、そんなに遠ざかっていたとはちょっと意外だった。 久々にジャパンに出場する国士舘大学だが、たしかに今年の団体はいちだんといい。先日の国士舘の学園祭でも見......続きを読む»

オールジャパン直前企画27 大学生以上の女子選手たち⑤ 

オールジャパン直前企画27 大学生以上の女子選手たち⑤ ☆原川 愛(日本女子体育大学) 福岡の折尾愛真高校時代には、団体メンバーとしてインターハイに出場経験はあるものの、個人では全国的にはまったく無名だった原川だが、大学生になってから、まるでジュニアのようなスタイルと、キュートな演技で、一気に伸びた。昨年までは、インカレまでは出場してもオールジャパンには届かなかったが、今年はついに......続きを読む»

オールジャパン直前企画26 高校生女子団体②

オールジャパン直前企画26 心をひとつに! ~高校生女子団体② ☆東海大学付属第二高校 昨年のオールジャパンは、高校生にとってはきつい大会だった。国体までは団体種目がロープ、その3週間後に行われたジャパンは「フープ×5」「「リボン+ロープ」だったからだ。せっかくインターハイで出場権を獲得してもジャパンにはエントリーしない高校が相次いだ。そんな状況にもかかわらず東海第二は、しっかり2......続きを読む»

オールジャパン直前企画25 高校生男子団体②

オールジャパン直前企画25 これが、リアル・タンブリング!  ~高校生男子団体② いよいよ、今日から代々木第一体育館では会場準備が始まっています。明日は公式練習と開会式。そして、あさってからついにオールジャパンが始まります。 この企画もいよいよ大詰めで、ついに1日3回更新しないと終わらないという事態に・・・。果たして最後まで完走できるのでしょうか? 頑張りたいと思います。 さて......続きを読む»

オールジャパン直前企画24 男子大学生「ミラクルエイジ」③

オールジャパン直前企画24 男子大学生「ミラクルエイジ」③ ☆谷本竜也(花園大学) 大舌恭平とは、ジュニアクラブ、精研高校と同輩だ。ジュニアから、高校1年生までは、個人での成績はほとんど谷本が上回っていた。たしかに、今の演技を見ても、谷本のほうが穴がないように思う。すべての要素が高いレベルでバランスよくそろっている、そういう意味では谷本のほうに分があるようにも見える。 しかし、他......続きを読む»

オールジャパン直前企画23 男子大学生「ミラクルエイジ」②

オールジャパン直前企画23 男子大学生「ミラクルエイジ」② ☆北村将嗣(花園大学) 「ミラクルエイジ」のなかでも、もっと輝かしい道を歩んできたのは、北村将嗣だろう。 全日本ジュニアでは2002年優勝、2003年2位。 2004年インターハイ13位(ロープの点数がやけに低い。大きなミスがあったようだ)、2005年インターハイ優勝、ジャパン12位、2006年高校選抜2位、インターハ......続きを読む»

オールジャパン直前企画22 男子大学生「ミラクルエイジ」①

オールジャパン直前企画22 男子大学生「ミラクルエイジ」① ここまでたくさんの選手を紹介してきたなかで「ゴールデンエイジ」という言葉を何回か使ってしまっていますが、今年の大学4年生こそは、将来にも語り継がれそうな世代です。「ゴールデン」を超えた「ミラクルエイジ」とでも言えばよいでしょうか。 今年度のインカレチャンピオン・大舌恭平(青森大学)、2位の北村将嗣(花園大学)、3位の谷本竜也(花園......続きを読む»

オールジャパン直前企画21  大学生以上の女子選手たち④

オールジャパン直前企画21 大学生以上の女子選手たち④ ☆山脇麻衣(町田RGもりの) あの小さかった山脇麻衣がついに大学生!今も小柄には違いないが年齢相応に女性らしさは少しばかり出てきたようにも思う。 思えば彼女は小学生のころから表現する、演じるという意識の高い選手だった。身体能力が特別高いわけでもなければ、とりたてて器用でもない。ただ、「踊ること=演じること」が好きでたまらない......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑳ 男子社会人選手たち

オールジャパン直前企画⑳ 「続ける」 ~男子社会人選手たち 昨日、一昨日とアクセス数が5000を超え、とても嬉しいです。いよいよ残り少なくなってきたオールジャパンまでの日々、なんとかこうして少しでも多くの方に、新体操の情報をお届けして、より関心をもってオールジャパンを見ていただけたら、最高に幸せです。 今年は、チケット前売りで指定席ということで、すでに正面1階席は完売の日も出てきていますが......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑲ 高校生女子団体①

オールジャパン直前企画⑲ 心をひとつに! ~高校生女子団体① ☆鳥取西高校 11月17日水曜日から、バラエティー番組「笑ってコラえて」で、女子新体操の旅が始まるそうだ。現在の男子新体操ブームの火付け役となったこの番組が、男子から遅れること5年になろうか、やっと女子新体操も取り上げてくれる。ありがたいことだと思う。 そして、その番組でメインに追うのがこの鳥取西高校だという。いわゆる......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑱ 大学生以上の女子選手たち③

オールジャパン直前企画⑱ 大学生以上の女子選手たち③ ☆日高 舞(東京女子体育大学) 『復活』 「大学生最後のオールジャパンに出場するのは無理かもしれない」 1年前の今頃は、そう考えていたのではないかと思う日高舞が、今年もオールジャパンのフロアに立つ。 日高舞は、2008、2009年の全日本チャンピオンだ。2009年の三重世界選手権では日本代表としては最高順位の15位に入って......続きを読む»

お知らせ

★お知らせです★ ① 大変申し訳ありません。11/11付けの「男子大学生選手」の回の篠原良太選手(国士舘大学)の学年が間違っていました。大学4年→大学2年生です。それに伴い、記事内容も一部訂正いたしました。ご本人、および関係者の方には、大変失礼いたしました。 ② 本日(11/14)、国士舘大学永山校舎にて、国士舘大学新体操部の演技会があります。開演は11時ですが、その前にちびっこの演技披......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑰ 高校生男子団体①

オールジャパン直前企画⑰ これが、リアル・タンブリング!  ~高校生男子団体① 今年は、男子新体操がテレビドラマになった記念すべき年でした。ドラマ『タンブリング』は、残念ながら大ヒットドラマというわけにはいきませんでしたが、男子新体操の知名度をアップし、関心を高めてくれたという点で、大きく貢献してくれたと思います。 その『タンブリング』は、高校生の男子新体操部を描いたドラマでしたが、オ......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑯ 注目の男子高校生選手たち③

オールジャパン直前企画⑯ 注目の男子高校生たち③ さて、男子高校生も今回が最後になります。オールジャパンではなみいる大学生・社会人選手に胸を借りるつもりで、力いっぱい頑張ってほしい高校生たちです。 ☆平野泰新(青森山田高校) 本日終了した東北ブロックの新人戦で、限りなく優勝に近い僅差の2位だった平野。1年前は、まだ中学生だったが、オールジャパンでの演技で見せた表現力は、ジュニアレ......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑮ 期待の女子高校生選手たち④

オールジャパン直前企画⑮ 期待の女子高校生選手たち④ ついに今日から、1日2回更新! じゃないと、オールジャパンまでに紹介しきれません。 では、本日2回目の更新です。 女子高校生は、これで最後です。最後の4人は、ちょうど先月行われた千葉国体に各県の代表として出場していた4人になりました。今回はいつもと違って、この4人の今までの経過についてご紹介しましょう。 今年のユースチャン......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑭ 期待の女子高校生選手たち③

オールジャパン直前企画⑭ 期待の女子高校生選手たち③ ☆矢崎ほの香(伊那西高校) 矢崎ほの香といえば、「ピンクパンサー」! と思う私は、つまりかなり年をとっているということだろう(苦笑)。 ピンクパンサーのあの有名な曲にのって踊る、チャイルドのころの矢崎は、本当に輝いていた。新体操的な能力も高かったが、なんと言ってもその弾むような動きのキレがすばらしく、曲をそのまま動きで表現......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑬ 見逃せない! 男子大学生選手たち④

オールジャパン直前企画⑬ 見逃せない! 男子大学生選手たち④ ☆鈴木駿平(国士舘大学) 男子新体操にはステキな選手がたくさんいる。そんな中で、私の「かくし玉的お気に入り選手」が彼だ。しかし、インカレには、1年生のときから出場。2008年は30位、2009年に24位と順位を上げ、今年はついに15位で見事にオールジャパン進出。もう「かくし玉」とは言えなくなってしまったのが、残念なよ......続きを読む»

オールジャパン直前企画⑫ 見逃せない! 男子大学生選手たち③

オールジャパン直前企画⑫ 見逃せない! 男子大学生選手たち③ 男子新体操は、すこし前までは始める年齢が高かったため、年齢が上=キャリアが長い=うまいという図式が強かったように思います。だから、大学生は1年生より4年生がうまい、そういうものだと思っていました。 しかし、昨今のジュニアや高校生のレベルアップを反映してでしょうか、今年の大学1年生はなかなかやります! すでに紹介済の小林翔(青森大......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7776312

(04月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss