新体操研究所

月別アーカイブ :2010年10月

オールジャパン直前企画② 期待の女子ジュニア選手たち①

オールジャパン直前企画② 期待の女子ジュニア選手たち① ☆七尾真結(秋田RG愛好会) 全日本ジュニアでは惜しくも準優勝。しかし、得意のクラブでは疾走感のあるすばらしい演技を見せ、七尾らしい演技は存分に見せることができた。試合後に話を聞く機会があったが、「とにかく踊ることが大好き!」と言い切ることができ、演技を見て想像していたとおりに、自分の意思をしっかりもった選手という印象だっ......続きを読む»

オールジャパン直前企画① 青森大学のバレエレッスン

オールジャパン直前企画① 青森大学~その強さの秘密 さて。 オールジャパンが迫ってきました。 開幕まであと20日! その日まで、この『新体操研究所』では、出場する選手、チームをなるべく多く取り上げていきたいと思っています。 そして、その第1回にあたる今回は、ちょっと趣向を変えて、今までなんとなくタイミングを逸していて、掲載していなかった秘蔵フォトを公開します。 2006......続きを読む»

2010全日本ジュニアレポート⑤ 男子団体

2010全日本ジュニアレポート⑤ 男子団体準優勝チーム ☆男子団体準優勝⇒神埼市立神埼中学校         【栗山隼・島ノ江友希・藤田啓暉・筒井雄飛・佐藤充・栗山巧・太田優成・中村太樹】 全日本ジュニア男子団体は、2位のチームまでが全日本選手権への出場資格を得ました。昨年までは1チームのみでしたから、このところのジュニアのレベルアップが認められたということでしょう。 2位に入......続きを読む»

2010全日本ジュニアレポート④ 男子個人総合

2010全日本ジュニアレポート④ 男子個人総合上位入賞者 男子は、全日本ジュニア個人総合上位3位までに、11月19日からの全日本選手権の出場権が与えられます。 ここで、2位、3位に入賞し、見事、全日本選手権出場を決めた選手を紹介しましょう。 ☆2位⇒小川晃平(井原ジュニア新体操クラブ) 高いタンブリングと、よどみがなくスピード感にあふれる動きに加え、1種目目のロープ......続きを読む»

2010全日本ジュニアレポート③ 女子団体

2010全日本ジュニアレポート③ 女子団体優勝チーム ☆女子団体優勝⇒安達新体操クラブ          【大川原咲・平内早紀・加藤侑希・飯塚花梨・横田葵子・千葉彩音】  正直な話、この大会前、今年の安達新体操クラブの評価はそれほど高いものではありませんでした。昨年の優勝チームではあるけれど、今年は無理なんじゃないか、そんな話も聞こえていました。 それだけに、前日の公式練習......続きを読む»

2010全日本ジュニアレポート② 男子団体

2010全日本ジュニアレポート② 男子団体優勝チーム ☆男子団体優勝⇒井原ジュニア新体操クラブ       【大舌晃平・小川晃平・西江琢臣・遠藤大輝・佐能佳樹・品川淳次・矢引天行・西江春輝】 去年の全日本ジュニア優勝チームである井原ジュニアですが、「今年はきびしいかも」という声も、前評判ではちらほらと聞こえていました。なにしろ去年のメンバーがすごすぎました。あのときのメンバーのな......続きを読む»

2010全日本ジュニアレポート① 男女個人総合

2010全日本ジュニアレポート① 男女個人総合優勝者 全日本ジュニアが終わりました。結果は、スポーツナビのニュースにも早速掲載されています。日本体操協会のホームページにも速報がすで出ていますので、詳細はそちらでご確認ください。 さて、今日から11月19日の全日本選手権開幕まで、このブログでは「オールジャパン直前企画」として出場選手、チームをなるべくたくさん紹介していきたいと思っています......続きを読む»

2010全日本ジュニア直前企画④ 女子団体

2010全日本ジュニア直前企画④ 全日本ジュニアは、このチームに注目! ~女子団体 女子の団体は、今年まで「リボン5」なので、正直やってみないとわからない! そんな印象です。 新体操の5手具の中で、団体がいちばん難しいのがリボン、だと思います。それだけにリボン団体は、どんなに力のあるチームにも、死角はあるのです。 なので、予想はまったくできませんが、とりあえず出場チームを紹介しておき......続きを読む»

2010全日本ジュニア直前企画③ 男子団体

2010全日本ジュニア直前企画③ 全日本ジュニアは、このチームに注目! ~男子団体 全日本ジュニア2日目となる24日には、個人後半2種目と団体競技が行われます。ジュニアの団体競技というのが・・・これまたエキサイトするんですよね。 とくに男子の場合は、むしろ団体のほうが先に人気が出た感もあります。組み技(人の上に人を乗せたり、飛び越えたりする)は、小柄なジュニアほど「ものすごいこと」をやって......続きを読む»

2010全日本ジュニア直前企画② 男子個人

2010全日本ジュニア直前企画② 全日本ジュニアは、この選手に注目! ~男子個人 さて、いよいよ明日から全日本ジュニアです。 (開会式はすでに今日行われています) 男子新体操にとっては、テレビドラマ「タンブリング」が放送されてから初の全日本ジュニア。すこしでも注目度が上がっているといいなあ、と願いつつ。ここでも少し、全日本ジュニアの観戦ガイドなどしてみましょう!   と思ったので......続きを読む»

2010全日本ジュニア直前企画① 女子個人

2010全日本ジュニア直前企画① 全日本ジュニアは、この選手に注目! ~女子個人 いよいよこの週末に、「全日本ジュニア」が開催されます。 最近の私は、ジュニアよりもずっと先までも新体操を追いかけてしまっているので、ジュニアはほんの入口に見えるようになってきました。 だから正直言って、ジュニアで誰が勝つか? なんてことにはあまり興味がなくなってきているのです。それでも、13~15歳くら......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権⑧ サンシャインRG

第10回全日本新体操クラブ団体選手権⑧ 「鉄壁」 ~サンシャインRG サンシャインRGは、今回のクラブ団体選手権で、1位のすみれRGとは僅差の2位でした。昨年の全日本ジュニアでも、1~2位とも僅差の3位。リボン団体になってからのサンシャインRGは本当に強い! 私はそういう印象をもっています。 サンシャインRGは、もともと強いクラブではありました。私はそう認識しています。記憶に新しいとこ......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権⑦ 舞エンジェルスRG

第10回全日本新体操クラブ団体選手権⑦ 「旋律」 ~舞エンジェルスRG 舞エンジェルスは、昨年のクラブ団体選手権で、ジュニア優勝をしています。それが、今年は15位。数字だけを見れば、「下がった」ということになります。 昨年の舞エンジェルスの団体チームはほとんどが中3でしたから、大幅にメンバーが変わっていることの影響はもちろんあると思います。さらに今大会ではミスもありました。だから、15位。......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権⑥ アミューズ新体操クラブ

第10回全日本新体操クラブ団体選手権⑥ 「創意工夫」 ~アミューズ新体操クラブ さて、この週末には「全日本ジュニア」が行われます。 女子も男子も、団体は19チームが出場し、熱い戦いが繰り広げられますが、クラブ団体選手でも活躍していたチームで、全日本ジュニアでもぜひ頑張ってほしいな~と思っているチームをご紹介したいと思います。 新体操強豪県・千葉県から勝ち進んできたアミューズ新体操クラ......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権⑤ みなみ新体操クラブ

第10回全日本新体操クラブ団体選手権⑤ 「可憐」 ~みなみ新体操クラブ 週末にはイオンカップを3日間フル観戦してきました。海外のトップ選手の演技を生で見るのは、昨年の世界選手権以来! これが予想以上にすばらしくて。久々に掛け値なしの感動をすることができました。 こちらの「新体操研究所」では、男子新体操を取り上げる率が高いのですが、今回のイオンカップを見て、「女子の新体操もやっぱりいいな......続きを読む»

男子新体操の魅力65 続・BLUE TOKYO

輝け、男子新体操!~ ~続・BLUE TOKYO in 国際フォーラム~ なんとっ! 先日の国際フォーラムのイベントの画像を提供していただけました。あのステージの妖しい雰囲気がよくわかるかと思います。 前の記事と合わせて見ていただければ幸いです。                                   <......続きを読む»

男子新体操の魅力64 BLUE TOKYO

輝け、男子新体操!~ ~BLUE TOKYO in 国際フォーラム~ 9月23日、行ってまいりましたよ~! 東京・有楽町の国際フォーラム! ダンスイベント「United vol.3」、回を重ねるごとに会場が大きくなってきているこのイベント。ついに、国際フォーラムって・・・。いきなりとてつもなく大きくなってないかい? といささか心配になりつつ。 だって、「BLUE TOKYO」の......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権④ NPOぎふ新体操クラブ

第10回全日本新体操クラブ団体選手権④ 「継承」 ~NPOぎふ新体操クラブ 明日から千葉で国体の新体操競技が行われます。じつは私、国体は見たことがありません。なのですが、今回は、千葉という行ける場所であるものですから、2日間とも行ってこようと思っています。 国体の開催が決まると、「国体強化」という目標と予算(!)ができるため、どこの県もスポーツが強くなる、そういう効果は今でもあるようで......続きを読む»

全日本クラブ団体選手権③ ハーツ新体操クラブ

第10回全日本新体操クラブ団体選手権③ 「躍動」 ~ハーツ新体操クラブ このところ、仕事のほうがすこしゴタゴタしていたもので、更新が滞ってしまい、すみませんでした。 ふと気がつけば、今日から10月! 10~11月は新体操のビッグイベントが続きますから、今日から心を入れ替えて(ちょうど仕事もひと区切りついたし)、なるべくまめに更新していきたいと思います。アップしたいネタはたくさんあるんです......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:614
  • 累計のページビュー:7787512

(05月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss