新体操研究所

2012オールジャパン直前企画

2012オールジャパン直前企画⑨ 男子個人(社会人)

2012オールジャパン直前企画⑨ 男子個人(社会人) ※女子は、ジムラブにて、エントリーリストをアップ! http://gymlove.net/rgl/topics/report/2012/11/15/2012-all-japan/ ●福士祐介(アルフレッサ日建産業) ●植野慎介(chukyo.R,G) ●内田秀晴(ケイアイスポーツ) ......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画⑧ 男子個人(ジュニア)

2012オールジャパン直前企画⑧ 男子個人(ジュニア) ●安藤梨友(NPOぎふ新体操クラブ) ●栗山 巧(神埼中学校) ●加藤大地(華舞翔新体操倶楽部) ...続きを読む»

2012オールジャパン直前企画⑦ 男子個人(福岡大学/中京大学/同志社大学)

2012オールジャパン直前企画⑦ 男子個人(福岡大学/中京大学/同志社大学) ●中矢敬太(福岡大学2年) 私が初めて福岡大学の練習を見学に行ったときに、足にギプスをして、不自由そうに動いていた選手がいた。それが中矢だ。まだ福岡大学に入学する前の春休みのことだ。中矢の大学生活は、まず怪我から始まった。 しかし、そんな中矢も、今年の夏に練習を見に行ったときには、かなり成長が......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画⑥ 国士舘大学個人

2012オールジャパン直前企画⑥ 国士舘大学個人 「託された思い」 国士舘の個人選手達の話をしようとすると、今年のインカレのことに触れないわけにはいかなくなる。 今年のインカレは、国士舘の個人選手達にとっては、「まずまず」良い結果が残せた大会ではなかったかと思う。弓田速未が3位で個人総合のメダルを獲得、斉藤剛大も4位と健闘した。佐々木智生は、1日目のスティックこそミスがあり出遅れた......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画⑤ 花園大学個人

2012オールジャパン直前企画⑤ 花園大学個人 「遺志」 インカレの時点で、花園大学の個人の中核をなしていたのは、間違いなく菅正樹だった。そして、彼は、混戦模様が予想されていたインカレで、終わってみればぶっちぎりの「完全優勝」を成し遂げた。 今まで、花園大学に取材に行った際に、菅に話を聞くと、「花大のために頑張りたい!」という言葉がよく出ていた。彼は、自分のためだけでなく、花園大学......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画④ 男子個人(高校生)

2012オールジャパン直前企画④ 男子個人(高校生) 「新世代」 「今年は高校生が豊作だ!」と言う人が多い。 たしかにそうだ。 高校3冠を達成した臼井優華はもちろん「超高校級」と呼ぶにふさわしい実力を持ち、ジャパンでは、大学生や社会人とどこまで勝負できるか? が注目されている。 ●臼井優華(済美高校3年)   【2012年の戦績→高校選抜:1位、ユースチャンピオンシッ......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画③ 青森大学個人

2012オールジャパン直前企画③ 青森大学個人 「覚醒」 過去5年間に、青森大学から個人でジャパンに出場した選手の数は、5人(2007)→6人(2008)→6人(2009)→7人(2010)→8人(2011)と推移していた。 それが、今年は4人。インカレからの通過者(18位以内)は、5人だったのだが、小林翔が故障のためエントリーを見合わせたため、ここ数年ではもっとも少ない4名での出場と......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画② 福士祐介(アルフレッサ日建産業)

2012オールジャパン直前企画② 福士祐介(アルフレッサ日建産業) 「孤高」 ジャパンを10日後に控えた11月6日、福士祐介を見てきた。 社会人大会では下馬評とおりの優勝。 今回のジャパンは、混戦が予想されてはいるが、その中でも、かなり優勝に近い位置にいると目されているのが、この福士祐介だ。 社会人1年目。 弘前の実家、住み慣れた青森から離れて、岐阜での一人暮らし。昼......続きを読む»

2012オールジャパン直前企画① 花園大学団体

2012オールジャパン直前企画① 花園大学団体 「闘将」 すでに、ジャパンの試技順も発表になったので、気づいている人も多いと思うが、今年のジャパンの試技順にはちょっとした異変がある。 インカレチャンピオン・菅正樹(花園大学)の名前がそこにはない。 故障か? と心配する人もいるだろうが、そうではない。 菅は、シルク・ドゥ・ソレイユ入りが決まり、大学を休学して9月からカナダに渡って......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:700
  • 累計のページビュー:7877817

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss