新体操研究所

幻の第26回高校選抜大会特集① 神埼清明高校(佐賀県)

このエントリーをはてなブックマークに追加

幻の第26回高校選抜大会特集① 神埼清明高校(佐賀県)

2011.3.18.  「新体操高校選抜大会開催中止決定」
  ・・・そのとき、神埼清明高校は・・・<前>

 2011年3月18日、男子新体操部をめぐる西日本の旅を敢行中だった私は、ついに神埼清明高校にたどりついた。昨年度インターハイチャンピオン、新体操の強豪校の名をほしいままにする神埼清明! 昨今は、神埼中学校やジュニアクラブの充実も著しく、今までもそしてこれからも間違いなく「強い高校」であり続けるだろう神埼清明は、昨年末の全日本選手権でも3年生抜きのチームで、決勝進出。新チームの強さもすでに証明されている、今年度高校選抜大会の優勝候補の筆頭に名があがるチームだ。

rg-lovers-226502.jpg


rg-lovers-226503.jpg
rg-lovers-226504.jpg


  のどかな田園風景の中に現れる神埼清明高校には、男子新体操専用の体育館があることでも知られている。外観はなんの変哲もない建物だが、中に入ると、立派なスプリング式のフロアマットがあり、メインのマット以外の部分にもマットが敷き詰められているという贅沢な造りだ。体育館正面には、広々とした鏡があり、フロアマットの脇にはタンブリング練習用のスペースもある。
 なによりも体育館内にはりめぐらされた、数々の栄光の記録が、後輩たちにはなによりの励みになり、「神埼清明高校新体操部」であることの重みを感じさせてくれる。
 ここで、この体育館で、あの演技は生まれているのだ。あの強さが生まれるのだ。

rg-lovers-226505.jpg


rg-lovers-226506.jpg
rg-lovers-226507.jpg


 
 練習が始まる3時間前に、神埼清明を訪れ、中山監督にお話を聞くことになっていた。一見、ちょっとコワモテの中山監督だが、遠方からの客である私のことを歓迎してくださった。神埼清明の歴史、中山監督の経歴、理念などいろいろな話をうかがうなかで、高校選抜大会の話が出た。「今日、開催か中止か決まるらしい」と監督が言う。「一度は開催で発表されたけど、もう一度、今日検討するという連絡が昨日あったんだ。開催の可能性は低いかな、と思ってる」と監督は、静かに言われた。
 私も、別のルートからそのような噂は聞いていた。しかし、当事者である監督の口からはっきりそう言われ、高校選抜大会の開催が危うくなっているという現実に直面することになった。
 「野球も今日決まるから、野球があればできるかもな。」「開催地の大阪はやりたがってくれてるようなんだけど」などと、わずかな希望をもちつつも、「無理かもしれんな」と、半ば覚悟を決めているような、そんな様子が見られた。
 「何時に決定するか、連絡がくるかもわからんし。それによって今日の練習の雰囲気も内容も変わるなあ」と、監督はひとりごちた。そして、監督がすこし席をはずされた間に、私の携帯にメールが届いた。知り合いの先生から。そして、この先生も高校選抜に出場するチームを抱えておられる。嫌な予感がした。
 「中止決定です。残念ですが。」・・・というメールだった。

 ほどなく中山監督が戻ってこられたが、まだ中止の知らせはきていないようだった。私は、すこし迷ったが、中止決定のメールがきたことを伝えた。「中止? ほんと? だれから?」 私が「出場予定だったチームの先生なので、間違いはないと思います。」と答えると、監督は「じゃあ、そうだろうな」と事態を飲み込み、あちこちに電話をし始めた。
 同輩の先生からの電話も入っていたようだ。電話の向こうでもショックを受けている先生がおり、お互いに励まし合ったり、慰め合ったりされていた。そうこうしている間に、高体連のホームページの開催情報の「開催決定」の文字に上から線が引かれ、下に「中止」という文字が出た。これで決定的になった。
 中山監督は、すぐに学校や旅行会社などに連絡をとり始め、慌ただしくなった。私は、その間に、ブログを更新した。「選抜大会中止決定」と。ここ数日、選抜大会に向けて練習を積んでいる選手やチームをたくさん見てきただけに、胸が痛かった。今回が最後の子もいたし、やっとめぐってきたチャンスだった子もいた。それが・・・。

 ひとしきり、キャンセルの手続きなどが終わったのか、中山監督が戻ってみえた。気を取り直して、また新体操の話を聞いたが、どうしても「選抜中止」の話題になってしまう。「まあ、しゃあないな」「でも、もったいなかったな」と監督はぽつりぽつりと言った。そして、私と話しながら、きちんと整理されたファイルブックの中の高校選抜大会関連の書類をどんどんはさみで4つに切り始めた。「もういらんけん。メモ紙にする。」ざくざく、ざくざくとはさみを動かす。まるでそれは、失くなってしまった大会への未練を断ち切ろうとしている、そんな儀式にも見えた。
 「今日は、練習前に生徒に伝えますか?」
 「うーん。でも、そうせんと。もう今日から選抜の練習はせんけん。」
 
 神埼清明では、もう今年度の新しい作品の創作には入っているが、選抜は昨年の演技のリニューアルで出場する予定だった。だから、もう今日からは、新しい作品の練習しかしない、と監督は言い切った。
 授業を終えた生徒から順に、練習場に集まり始めていた。
 「選抜大会中止」そのつらい発表を、中山監督はこれからしなければならない。おそらく、本気で優勝を狙っていた。そして手応えも感じていた。その大会が、こんなに目前になって消えてしまった。その喪失感を、おそらくは監督自身もまだ消化しきれていないのに、生徒に伝えなければいけない時間は刻一刻と近づいていた。


 16時には、部員がほぼ全員集まっていた。思い思いに軽く体を動かしたり、談笑している。1週間後には、夏に続いて優勝し、二冠を達成するんだ! そんな意欲と自信に、このときまで彼らは満ちていた。
 神埼清明の伝統らしい円陣を練習の開始前にフロアマットの上で組み声を上げる。これが練習始まりの合図。いつも通りの、試合目前の気合いに満ちた練習が今から始まるのだ、という意気込みが彼らの声にはこもっていた。

rg-lovers-226508.jpg
   中山監督が部員達を集めた。練習前に監督から話があるのは、とりたてて珍しいことではないのだろう。しかし、そこで告げられた言葉は、  「みんなも知っているように、地震で大きな被害が出て、いろいろな種目で選抜大会も中止になっている。」  何人かは話のなりゆきの不穏さに気がついたようだ。  そして。  「新体操の選抜も中止になったという連絡が今日あった。あとはインターハイに向けて気持ちを切り替えていこう。」  監督は一気にそう言った。選抜の中止、はまるでたいしたことではないとでも言うような、ごくあっさりした伝え方だった。部員たちも、不満をぶつけるでもなく、泣き崩れるでもなく。淡々と受け止めているように見えた。 rg-lovers-226510.jpg


rg-lovers-226511.jpg
rg-lovers-226512.jpg


rg-lovers-226509.jpg
 でも、平気なわけはない。あまりのことに思考停止してしまっている子もいたのかもしれない。おそら彼らは必死に事態を飲み込もうとしていた。それで精一杯だったのだ、と思う。  監督も、部員たちの気持ちを察してか、すこしずつ言葉をつなぐ。  「残念なのは、みんな同じだけん。ほかの高校の子達もみんな同じ思いをしとる。うちだけじゃない。だから、ここで早く気持ちを切り替えてがんばれるものが、インターハイでは勝つ。とにかく早く切り替えろ。」  「お前たちの演技は、仕上がってきとった。すごくよくなっとった。これは面白いぞ、とおれは思っとった。選抜は楽しみだな、と思っとった。だから、残念でたまらん。だけど、そこまで自分たちが上がっとったことは、この試合はなくなっても無駄にはならんけん。絶対に次に生きるし、価値があるけん。」 rg-lovers-226513.jpg


rg-lovers-226514.jpg
rg-lovers-226515.jpg


 結局、部員たちはだれも泣くこともなく、言葉も発しなかった。
 監督の言葉や叱咤激励に、体育会系のぎびきびとした声で「はいっ!」と答える。それだけだ。
 「よし、切り替えて練習すっぞ!」「はいっ!」

rg-lovers-226516.jpg


rg-lovers-226517.jpg
rg-lovers-226518.jpg


 
 彼らは、フロアマットの上を走り始めた。ぐるぐると走って周りながら、その表情は硬かった。まだ、これが現実だとは思えないでいる、そんな表情の子もいた。が、とにもかくにも、神埼清明高校は、次に向かって走り始めた。
 いや、それはおそらく神埼清明だけではない。この日の同じくらいの時間に多くの学校で「選抜中止」の知らせを聞かされた選手たちがいる。中には泣いた子もいるだろう。茫然自失となった子もいるだろう。
 だけど、きっと。
 どこの部でも、またすぐに立ち上がって、走り始めているに違いない。泣いても叫んでも事態は変わらない。この悔しさや無念さは、結局新体操でしか晴らせないのだから。
 立ち上がり、また前に向かって走る。それしかないのだ。
 彼らにできることはそれだけだ。

rg-lovers-226519.jpg
                                        <つづく>




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
男子新体操(大学生)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フランス国際現地レポート【日本体操協会公式ブログ】

高校選抜中止に伴うDVD予約振込金の返金について【全国高体連体操部ブログ】

第26回全国高等学校新体操選抜大会・第27回全国高等学校体操競技選抜大会中止について【全国高体連体操部ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:278
  • 累計のページビュー:7904269

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss