新体操研究所

2017全国高校総体に向けて⑤~佐賀女子高校(佐賀県)

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀女子高校が、高校総体で最後に優勝したのは、2013年のことだ。 考えてみれば、まだ4年しかたっていない。

しかし、その4年が「長らく優勝から遠ざかっている」と感じられるほど、佐賀女子高校は、高校総体の常勝校だった。 2000年以降だけでも、2001年(熊本)、2002年(茨城)、2005年(千葉)、2007年(佐賀)、2009年(和歌山)、2010年(沖縄)、2011年(青森)、2013年(佐賀)とじつに8回の優勝。優勝は逃した年でも、表彰台を逃したのは2006年(大阪)大会のみ。それが、2013年までの佐賀女子高校だった。

ところが、2014年(東京)で16位に沈んだところから、2015年(大阪)33位、2016年(島根)19位と「異変」とも言える順位が続いた。 かつて「ノーミス10本連続」など、日本随一の厳しい練習に裏打ちされた高難度な演技構成を隙なく演じていた佐賀女は過去のものとなり、本番で「まさか」というようなミスも出るようになっていた。

長らく光岡三佐子監督が率いてきた常勝軍団は、光岡時代からコーチだった横川由美に2010年から監督が代わった。すぐに勝てなくなったわけではないが、やはり少しずつ「なにか」が変わっていたのかもしれない。 横川監督に話を訊くと、「2013年の佐賀インターハイのあと、自分の中にも少し虚脱感のようなものがあって。絶対に勝つ! ではなくてもよいのではないか、と迷いが生じたこともありました。」と言う。

それでも、2015年を迎えるころには、「もう一度、チームを立て直そう」と考えるようになった。 そのとき、東京の佐賀女OGの教えるクラブから佐賀女に、と来たのが現在、チームを引っ張る存在の仙波佳紘だ。 他にも、県内外から「佐賀女で」と有望選手が徐々に集まるようにもなりつつある。 ジュニアまでの実績はそれほどではなくても、高校で頑張れば上を目指せそうな、そんな素質と気持ちをもった選手が増えてきている。

正直、以前の「常勝軍団」だったころとは雰囲気は違っているかもしれない。 そのころのキリキリとした厳しさを知っている卒業生などの目には、「甘い」「これでは勝てない」と映るかもしれない、と思う。

しかし、今の佐賀女子では、健全に明るく、「新体操がうまくなりたい」という気持ちに沿った指導がされているように感じた。

取材に行ったのは、九州大会を2週間語に控えた6月11日だった。 今年の佐賀女子の団体は、「ロミオとジュリエット」の曲を使った、ドラマチックな作品で、ストレートに伝わってくる良さがある。 選手の質もかなり高く、選手の個性に合った表現も随所に見える、「勝負できる作品」に思えた。 まずは九州大会で優勝、そして勢いをつけて高校総体での復権を、と攻め上がるには絶好の作品のように感じた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会レポート2【日本体操協会公式ブログ】

2017新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会レポート1【日本体操協会公式ブログ】

福岡舞鶴高校壮行演技会、本日開催!【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:529
  • 累計のページビュー:7894250

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss