新体操研究所

2014全日本選手権 「一番見たかった景色」

このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本選手権では、素晴らしい演技の数々を堪能させてもらった。

しかし。

そんな素晴らしい演技と並んで、いや、ことによってはそれ以上に私を感動させたのは、観客席の光景だった。

平日の金曜日はさすがにややさびしい観客数だったが、土曜にはかなり増え、1階席はほぼ満員だった。 さらに、日曜日になると! 団体の始まる前には、南側スタンドは2階席の上のほうまでほぼ埋まっていた。 男子側も女子側も!

長いこと、全日本選手権を見ているが、おそらく過去最高の観客数ではなかったか。 2年前、大会直前に青森大学が「金スマ」に出て告知をしたときも観客が多く、一番上まで埋まっているのを初めて見た、と思ったが、今回はそこまで大きな告知イベントはなかったにもかかわらず、あのとき以上では? と思う観客の多さだった。

私ごとになるが、スポーツナビに原稿を寄稿するようになってちょうど10年になる。 このブログを開設して、8年。 さらにさかのぼれば初めて、ネットで新体操の情報を発信し始めたのは2002年だった。

自分が「新体操母」だったころに、望んでいた「毎日のように新体操の情報が得られる日々」を実現したい! と思ってやってきた。 選手たちにとっては、「いつか自分が載ることがあるかも」という励みに少しでもなれば、と思ってやってきた。

果たしてそんな思いは叶ったのか? 最近は、よくわからなくなってきた。反応なんてそうそう伝わってくるものではないので。

しかし、この日のこの観客席の光景は、私にとっては、なによりのご褒美だった。 こんな光景を見ることができたんだから、自分のやってきたことも、無駄ではなかったんだろう。 そんな風に思えた。

「赤毛のアン」風に言うならば。。。 「道の曲がり角」はすぐ目の前にある。 その先には今までとは違う道があるに違いない。 だけど、曲がり角の先にあるのは、きっと一番いいものなのだと、信じてみようかな。 この満員の観客席が思わせてくれた。

<撮影:清水綾子>



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2014全日本選手権
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7820362

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss