新体操研究所

2013テレビ信州杯レポート⑱ 男子キッズ選手権の勇者たち⑥

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013テレビ信州杯レポート⑱ 男子キッズ選手権の勇者たち⑥

44 川嶋龍登(小2/草加ジュニア新体操クラブ)

rg-lovers-374341.jpg
女子の演技ではよく見かける「胸倒立」が入っていた。これはかなり柔軟性がないとできない技なので、相変わらず柔軟性がすばらしい! まだ2年生ながら、それらしい雰囲気で演じる力もあり、将来が楽しみな選手だ。 45 大坪 空(小4・神埼ジュニア新体操クラブ)
rg-lovers-374344.jpg
すべての要素が文句なしにうまい! おまけにゆるみのないまっすぐな脚のラインがとても美しい。これだけ基礎がしっかりしていれば、この先、どんな個性を見せる選手に育っていくのか楽しみだ。 46 中田光乃介(6才/BLUE TOKYO kid's)
rg-lovers-374345.jpg
バランスで少し動いてしまったり、本人にとっては「やや悔しい出来」だったかもしれないが、1年前は、「ゴーカイジャー」の曲で保育園のおゆうぎ? 的な演技だったことを思うと、飛躍的に「新体操」になっていた。キメのときの、下からの強い目線には6才とは思えぬ凄みがあった。 47 菊地圭祐(小6/ホークジュニア)
rg-lovers-374346.jpg
止まるべきところで少し動いてしまったところもあったが、それもそのはず! と思わせる動きの大きさとダイナミックさだった。たとえ今は減点につながったとしても、思い切りよく動けることはキッズ世代にはとても大切だと思うので、いい成長の仕方をしている選手だと感じた。 48 高橋 快(小2/STELLA)
rg-lovers-374348.jpg
所属クラブの女の子達だろうか? 彼の出番での、女子からの大声援はすごかった。本来は、男子新体操のコースはないクラブだが、「やりたい」という彼の熱意により、キッズ選手権への出場が実現したと聞いている。出場のために国士舘大学に指導を受けにも行ったのだとか。それだけの熱意はたしかに感じられる一生懸命な演技だった。非常に線がきれいで、表情も豊か。「表現力」に長けた選手になりそうだ。続ける環境を整えることは難しいのかもしれないが、ぜひこれからも男子新体操を続けて、来年のキッズ選手権にも出てきてほしい。 50 伴 日和(6才/国士舘ジュニア)
rg-lovers-374353.jpg
フロアに入ってくる姿から、もうかわいい。まだ6才とあって、立っていても歩くときも、体がふにゃふにゃしている感じなのだが、演技が始まると、シャキーン! といい緊張ができるのはすばらしい。もちろん、まだ抜けてしまうところはあるが、それでも、常に指先やつま先まで意識して一生懸命伸ばそうとしていることは十分に伝ってくる演技だった。 51 藤綱隼都(小4/東幡体操クラブ)
rg-lovers-374357.jpg
1年前のキッズ選手権でも、「まるっきりダンスじゃない?」な演技で沸かせてくれた選手だ。今年も、かなりダンス色の強い曲と振付ではあったが、タンブリングや斜前屈など、新体操的な能力もすばらしく伸びていたことにはビックリ! おそらく、もう少しダンス色を薄めた演技にしたほうが競技での評価はされやすいのではないかと思うが、「ダンス」も4年生でここまで踊れるのは、すごい! 採点では不利だったかもしれないが、他の選手にはない自分の魅力、持ち味をしっかりアピールできていた。 52 土井紀周(小1/会津ジュニア)
rg-lovers-374358.jpg
まだ1年生。演技中に、ところどころ不安そうな表情が見えたり、動きも半信半疑なところはあったが、バランスはびしっとしっかり止まれた。おまけに、曲と演技の終わりがずれそうになったが、ラストポーズへの入りを待って、見事に合わせたのはえらかった!                                         <撮影:清水綾子>




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2013テレビ信州杯(長野カップ)
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成24年度全国新体操女子審判ルール講習会-第2報(決定版)【日本体操協会公式ブログ】

【関係者】新体操女子一種義務研修会連絡事項【日本体操協会公式ブログ】

2013テレビ信州杯レポート⑰ 女子ジュニアクラブ対抗優勝/WingまつもとR.G.【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:1067
  • 累計のページビュー:7942399

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  6. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. オールジャパン直前企画27 大学生以上の女子選手たち⑤ 

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss