新体操研究所

2013テレビ信州杯レポート⑨ 男子キッズ選手権/4~6年の部4~8位

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013テレビ信州杯レポート⑨ 男子キッズ選手権/4~6年の部4~8位

お待たせしました!
4~6年の部の入賞者を紹介しよう。
4~8位は、田中涼介(小4)を除けば、すべて6年生。
キッズ最高学年らしい実力と表現力を見せてくれた。

昨年も出場していた選手も多いが、それぞれこの1年間で飛躍的に成長したところを見せてくれたのが、とても嬉しかった。
とくに、2位に入った松永健人といい、5位の安藤未藍といい、NPOぎふ新体操クラブの選手達の変貌ぶりには目を見張った。彼らは昨年の時点でもキッズ選手としては十分うまかった。むしろキッズ演技では、力を余しているようにも見えた。

それが今年は。
キッズ世代の中ではかなり突出した力をもっているだろう高度なタンブリングを封印した演技でも、自分達の力を見せよう! という意欲、意思の見える演技をしていたと思う。
彼らが積み重ねてきた努力、時間はやはり並大抵ではないのだ。
たとえキッズ演技でも、そこに「差がある」ということを証明したかったのではないか。そんな風にも感じる演技だった。

小学生だから、それほど理屈っぽいことは考えてはいなかったかもしれないが、少なくとも、「キッズ選手権ってなんだろう?」程度の気持ちで出たのだろう昨年と比べたら、彼らの演技は「本気度200%」だった。
そして、そのことが、見ているほうにも伝わってきた。

この大会をきっかけにこういう「目覚め」をする選手が増えてくれることを、私は心から願っている。


●4位:向山蒼斗(国士舘ジュニア)

rg-lovers-372878.jpg
とても動きが美しく、シャープだった。今回は、かっこいい感じの曲に挑戦していて、これも似合っていたが、現時点では、もっと美しくせつないイメージの曲のほうが、より彼のよさが生きたかもしれない。いずれにしても、身体能力もさることながら、表情を含めた表現力に長けた選手で、今後もおおいに期待できそうだ。 ●5位:安藤未藍(NPOぎふ新体操クラブ)
rg-lovers-372879.jpg
すでに昨年、全日本ジュニアにも個人で出場しており、実力は折り紙つきの選手だが、昨年のキッズ演技は、やや淡々とした印象だったように記憶している。それが、今年はまったく違っていた。持っている能力が高いことはもちろんだが、それ以外に、自分の演技をよりよく見せようとする意識が格段に高まっていたように思う。一言で言えば、「本気出した!」演技。すばらしかった! ●5位:田中涼介(華舞翔新体操倶楽部)
rg-lovers-372880.jpg
公式練習のとき、試技順5番だったこの選手の演技が始まると、周囲の選手、指導者、そして観客席で見ていた保護者などもみんな息をのんで、静まりかえった。そのくらい、「あっ、うまい」と感じさせる力とオーラをもった選手だ。まだ4年生だが、演技にはなんと5連続のバク転が入っていたり、もぐり、パンシェなど高校生級の技も満載。柔軟性もあるうえに、キメの見せ方もうまい。将来が楽しみを超越して、末恐ろしい選手だ。 ●7位:野口勇人(神埼ジュニア新体操クラブ)
rg-lovers-372881.jpg
さすが神埼! と思わせる力強いタンブリングを見せる一方で、非常に徒手も美しく、大人びた表現力もある。バランスよく全方位に力のある実力派選手だった。大人っぽい表現もこなしてはいるが、そこはまだ小学生。こういった表現が自分のものになってきたときには、男性的なイメージの強い神埼にあって、ひと味違う個性のある選手になるのではないか。楽しみにしたい。 ●8位:吉田祥真(華舞翔新体操倶楽部)
rg-lovers-372882.jpg
体つきや、タンブリングなどを見ると、「がっつり系」である。どちらかというと力強さ、たくましさを感じさせる。しかし、それが踊ると、どこまでも繊細な印象になるから不思議だ。おそらく腕の曲線的な動き、指先までやわらかく、かつ表情豊かに動くことによるものだろう。この選手に限らず、華舞翔の選手達には共通する特徴だが、上半身の表現力がすばらしい! その繊細さが、足先まで徹底されれば、なお怖い存在になりそうだ。 ●8位:武田大河(神埼ジュニア新体操クラブ)
rg-lovers-372883.jpg
神埼出身の木原正憲(現福岡大学)を彷彿とさせる魅力的な動き方が時折見られた。身長も高く、スリムな体型で、動きやポーズがとても見栄えがするうえ、ちょっとした振りに味がある。神埼らしい力強さも今後ますます身につけていくだろうが、一方で、今の持ち味も大切にしてほしいと感じさせる選手だった。                                                 <撮影:清水綾子>




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2013テレビ信州杯(長野カップ)
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロンドンオリンピック報告演技会【グッズ通信販売】決定!【日本体操協会公式ブログ】

男子体操競技全国代表審判員研修会情報【日本体操協会公式ブログ】

2013テレビ信州杯レポート⑧ 男子キッズ選手権/3年以下の部「ファイティング賞」【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:746
  • 累計のページビュー:7943144

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  6. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. オールジャパン直前企画27 大学生以上の女子選手たち⑤ 

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss