新体操研究所

男子新体操の魅力⑤ 花園大学

このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSドラマ「タンブリング」放送直前! 勝手にタイアップ企画~
男子新体操の魅力を伝えます! ⑤ 
~花園大学(団体)~

花園大学の演技には、独特の味わいがある、と思います。
男子新体操ならではのかっこよさ、スピード感、迫力、美しさ・・・それらも十分に備えているうえで、花園大学の演技にはいい意味での「妙な感じ」があるのです。
2009年の花園大学の演技を見ていると「じわ~っ」とした動きが目につきます。なんともぼんやりとした表現ですが、「じわ~っ」としか言いようのない、そんな腕や上体の動きを見せるのが花園大学の演技なのです。
男子新体操の美しさは、全身をくまなく伸ばした姿勢にあると思います。このブログを書くにあたって多くの選手、チームの写真をたくさん見ましたが、やはり「伸びた姿勢」の美しい選手は、演技中のどのひとコマを切り取っても美しいのです。団体もそう。やはり、静止画で見て美しいのは、6人そろってぴしっと伸びた姿勢をとっているもの、が多いです。
しかし、演技を見ているときに受ける印象は、静止画とはまた違います。花園大学に関しては、静止画にしたらやや不恰好に見えてしまいそうな、曲線的な表現が随所にあったように思います。ただ、それは決して悪いものではなく、その表現こそが演技の幅を広げ、個性的な味つけを実現していたように私は感じました。

1


2
3


男子新体操は、女子に比べて、チームや選手ごとの個性が色濃く出るところがおもしろさにつながっていると思うのですが、花園大学などはその最たるものではないかと思います。本来の男子新体操ではあまりなかったであろう、または良しとはされなかったのではないかと思われる、背中を丸めた姿勢や、脱力した動きなどは、いい意味で、見ているほうの期待や予想を裏切ります。また、あえてフロアの一番前で6人を横一列に並べてみたりする、(フロア後方に5人横並びもありました)フォーメーションにも独自性を感じました。「え、次はどうなるの?」「うわ、そうきたかー!」というスリルと意外性のある演技、それが花園大学の特徴と言えるでしょう。
一方で、「ぴしっ!」とした動きに比べると、合わせるのが難しそうな「じわ~っ」とした動きであっても、そろえるべきところがそろっている、というところが、ただ「個性的な演技(能力や完成度はどうであれ)」を追求しているのではなく、きちんとした実力が伴ったものであるということを証明しています。意表をついた動きや振り付けで評価されようとしているのではなく、花園大学は、男子新体操の王道は王道として、尊重していることがわかります。やるべきことはやったうえで、自分達なりの味付けにもこだわっている、のでしょう。
「パクチー」という香草があります。タイ料理やベトナム料理によく使われていますが、その独特なにおいゆえに苦手な人も多いようです。しかし、一方で、パクチーの入ってない料理なんて! と熱烈に支持する人もいます。もとはと言えば、日本ではほとんど食されることのなかった香草でありながら、今では「なくてはならない」存在になっています。たとえその個性ゆえに嫌いだという人が少なからずいるにしても、です。
花園大学の演技は、どこかパクチーに似ています。あくが強いから、好きじゃない人もいるかもしれないな、とも思います。だけど、そのあくの強さゆえにクセになる、なければ物足りない、そんな不思議な演技を見せてくれるのが花園大学なのです。


4
5


                                                                                <撮影:榊原嘉徳>




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

高校選抜体操競技優勝者の写真【全国高体連体操部ブログ】

研究部報104号発刊【日本体操協会公式ブログ】

バレンタインデーの地域振興、ほんわかした裏側【男子体操オフィシャルブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:446
  • 累計のページビュー:7904714

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss