新体操研究所

2011全日本ジュニアレポート③ 佐久本歩夢(君津新体操クラブ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011全日本ジュニアレポート③

●男子個人3位:佐久本歩夢(君津新体操クラブ)

佐久本の全日本ジュニア最後の種目となったのはロープだった。途中で少し投げのコントロールミスがあり、あわや場外! という場面もあったが、なんとか処理して、持ちこたえた。ほかの種目に比べると、ロープの出来は決してよくなかったようにも思う。点数も8.875と、4種目の中で唯一、9点台にのせられなかった。
しかし、私は、彼のこのロープの演技には、泣けた。なんだろう。とても気持ちが伝わってくる演技だったから、だろうか。
これはほかの種目にも共通していたが、とにかく彼の演技からは「新体操大好き!」な気持ちが伝わってくる。今大会、技術や実施で彼を上回っていた選手はいたが、この「思いを伝える力」という点では、私は佐久本歩夢が一番だったと言えると思う。

rg-lovers-278640.jpg
2010年のユースチャンピオンシップで、私は初めて彼の演技を見たが、そのときから達者ではあった。とくに手具操作はかなり卓越したものがあったと記憶している。しかし、「美しく動ける」というタイプではなかったと思うのだが、今年になってユース、関東ジュニア、全日本ジュニアと見るたびに、動きが洗練されてきていることに驚く。去年からすでにジュニアではトップレベルの選手だったが、それにあまんじることなく、自分の欠点を客観的にとらえ、修正していく意識をもてる選手なんだな、と彼を見ていると感じる。 手具のうまさにもさらに磨きがかかっていた。 とくにクラブは、小さく手から離す回数がやたらと多いが、それが気持ちいいほどピタリピタリと決まるのだ。彼のこの手具のうまさは、彼の練習環境によるものもあるのではないか、と私は思う。 君津新体操クラブは、マットのない体育館で練習している。だから、四角いフロアマットで演技を通すという練習の量は圧倒的に少ないはずだ。それなのに、試合会場のフロアマットでの彼は、ほかの誰よりも通し練習をしてきたかのような動きを見せる。じつは、タンブリング抜きでの通しがほとんどで、タンブリングは体育館の脇に敷いてあるマットの上で別にやっている、なんて彼の演技からはとうてい思えない。 おそらく。いつでも思い切り練習できるのは手具操作しかないのではないか。それも大きな投げではなく小技。小さな投げや回し、そしてロープのエシャッペなど。おそらく彼は練習時間の多くを、そうして「できることをやる」で過ごしてきたのだと思う。そうしかできない環境にいたから。 それなのに、なぜ、こんなに試合でのびのびと、気持ちを込めて演技できるのだろう、と不思議な気持ちになりながら、ふと「そういうものなのかもしれない」とも思った。 千葉県の袖ヶ浦高校も、君津と同じような環境で練習している。そして、君津から袖ヶ浦に進学する選手は多いのだが、袖ヶ浦高校時代の斉藤剛大(現・国士舘大学)に、話を聞いたときに、彼は言っていた。「この環境で練習しているからこそ、どんなところにも対応する力はついた気がする」「フロアマットがあるとうれしくなって動きすぎてしまう」と。佐久本もそうなのかもしれない。 彼はきっと、試合だということや、現在の自分の順位などよりも、「四角いフロアマットの上で、ちゃんと通せる」ということがうれしくてたまらないのだ。だから、その気持ちが見ているほうにもしっかり伝わってくる。
rg-lovers-278638.jpg
佐久本は、3位に入り全日本選手権に出場することになった。 小さいころから新体操が大好きで、いろいろな選手にあこがれて、ずっと新体操のことばかり考えていた少年が、まず、憧れの舞台で踊る権利を得た。あこがれていた先輩たちと同じ舞台だ。 11月の幕張メッセで、彼がどんなに楽しそうに演技するか、楽しみでならない。初出場のプレッシャーなどおそらく彼にはないだろう。 きっとただうれしくて、うれしくて。自分のやってきた新体操を、自分のやりたい新体操を、見せてくれるはずだ。   <撮影:小林隆子> ※小林隆子(こばやしたかこ)  ⇒AJPS(日本スポーツプレス協会)会員のカメラマン。『DDD』『クララ』『スポーツナビ』などで活動するとともに、自ら運営するWebサイト『Figgym』では、感性豊かな新体操の写真を公開している。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
男子新体操(ジュニア)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ついに松田陽樹の出番です☆【Aomori University RG】

日程(新体操)2012【日本体操協会公式ブログ】

スポーツ選手活用体力向上事業報告:東京【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrg-lovers

椎名桂子 競技経験者でも指導者でもない一介のフリーライターだが、1998年から新体操にはまり、本業もおろそかになるほどのめり込み現在に至る。その執念が実り、2004年からスポーツナビで新体操コラム執筆の機会に恵まれる。「R25」「DDD」「Number」等にも、活動の場を広げている。2010年は、ついに女子新体操のみならず、男子新体操にも本格的にはまり、ますます切実に新体操情報の発信の場を求めている。

※このブログへのご意見・ご感想またはお仕事の依頼(!)、ご相談などございましたら、rgkeikos@yahoo.co.jpまでお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7913112

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013・女子チャイルド競技新時代到来!
  2. 祝! フジテレビ27時間テレビ 男子新体操SMAP(井原高校OB)100点満点獲得!
  3. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑥ 女子上位選手たち
  4. ハッピーカップ入賞者
  5. 2015コントロールシリーズ第1戦~ジュニア~
  6. 「テレビ信州杯長野カップ」の私的レポート①
  7. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑦ 女子上位選手たち
  8. 2012ユースチャンピオンシップレポート⑤ 女子上位選手たち
  9. 2012全日本ジュニア2日目レポート
  10. 2012インターハイレポート① 団体/個人優勝

月別アーカイブ

2017
08
07
2016
08
02
01
2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2009
09
2007
03
2006
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss