柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜

データで見る前線の機能不全の原因、「選手の感覚と実際の数値ズレ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月14日現在、リーグ第6節、ルヴァンカップは第2節が終わったところです。 リーグは2勝1敗1分、ルヴァンは1勝1分です。総得点8点、総失点9点です。 年間3位を目指している柏にとって納得のいく成績ではなく、苦しい時間を過ごしています。

一番の問題は得点力不足という前線の機能不全です。 厳密に言うと得点だけじゃないのですが、とにかく得点不足が際立っているので、ここでちょっと整理してみます。

まず総得点8点の内訳が ディエゴ 2点 武富 2点 大谷 1点 クリスティアーノ 1点 小林 1点 手塚 1点 です。

PKが3点 ディエゴ×2、クリス こぼれ球からが3点 大谷、小林、手塚 CKから1点 武富 サイドのクロスからヘッドで1点 武富 という結果になっています。

まずは良いところから 大谷、小林、手塚のボランチ組はこぼれ球から3点をあげています。 これはとても良い数値だと思います。ボランチがこぼれ球に合わせてミドルシュートを打てばカウンターをくらいにくくなりますし、シュート精度がある中盤の底ってのは絶対に必要だと思います。 大谷に関しては、GKが弾いたボールに一度ディエゴを経由しているので、直接のこぼれ球ではないですが、流れからというわけではないので、こぼれ球としてカウントしました。

そしてサイドのクロスからヘッドで合わせた点。 これが唯一の流れから取った点でしたが、クリスが中にあげて武富がヘッドで合わせた点でした。 2点リードしていたので余裕があったクリスが素晴らしいクロスを中にあげ、これも武富が頭で合わせました。

さて、ここからは問題点です。 問題点1「CKの攻撃のアイディアの少なさ」 CKで点を取った武富。 武富は素晴らしいのですが、問題はCKキックの数。 なんと1試合平均6.3回、リーグ3位のCKを獲得しているにも関わらず取った点はわずか1点。 CKの攻撃に問題があることがわかります。

問題点2「助っ人外国人の不発」 そして、期待されていたブラジル人トリオの得点はPKのみ。 PKをもらったのはハモン、武富、伊東の3人でクリスとディエゴは実際のところ点を取れていないのです。 助っ人外国人が期待してたほど結果を出せていません。

問題点3「流れからの点が少ない」 前述したクリスから武富の唯一流れから取った点ですが、これ以外で流れから取れていないというのが最大の問題です。 しかもこの点数も中央を崩して取った点数ではなく、クロスからの点。 つまり中央からは1点も取れていないのです。 パスから中央を崩していく攻撃がレイソルの攻撃のメインのはずです。 それが全く機能していない。前線が機能不全におちている証拠です。

その原因はなんでしょうか!? 私はハイプレスの守備とパスサッカーの攻撃の組み合わせが悪い気がします。

ハイプレスをするなら攻撃の主体はカウンターであるべきで、せっかく前線で奪ったボールを大切にしすぎて最終ラインまで戻すことが多々あります。 相手のDFラインが整うまで待ってあげているわけですから、相手からしたら守りやすいでしょう。 そして整ったDF相手に中央を崩そうと狙いますが、楔のパスで中に入っても、クリスのドリブルはことごとく捕まり、ディエゴに入って中央に収まったボールを受けに来る3人目、4人目の動きが悪く、最終的にサイドに流れるのですが、アイディアなく放り込まれたボールは、ヘッドが物凄い強い大型のFWがいるわけではないので、人数が揃った相手DFにただ跳ね返されるだけです。 実は1試合平均17.2本、リーグ4位のクロスを放り込んでいるのです。 この結果、FKも増えますが同じ理由で点が取れません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
データから見る戦術論いろいろ(仮)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

データで見る前線の機能不全の原因、「選手の感覚と実際の数値ズレ」

コメントいつもありがとうございます。

私もおかしいな〜?と思って調べたらビックリしました(笑)
でも決定率さえよくなれば一気に上位にいけるってことですもんね。ケチャップのようにドバッ!となってほしいもんです。

ダイレクトパス、シュート、ほんとそれが見たいですね!!

データで見る前線の機能不全の原因、「選手の感覚と実際の数値ズレ」

なんだか数字を出して解説されると、もうぐうの音もでませんね(笑)
ものすごーく解りやすかったです!(笑)
ほんと、コアサポの皆さんは「シュート打てよ!」と叫んでいましたが、
「シュートは打ってるよなぁ」というのが正直な感想でした。
確かに、シュートを打つのにモタモタして、やっと打ったらヘロヘロだった、というのはありますが・・・。
「相手DFを崩す」というのはできているのだと思います。
他のチームがやりたくてもなかなかできないことをできているので、
「悪くない試合だった」と言ってしまうのもわかります。
ダイレクトパスで崩してからの「ダイレクトシュート」が見たいですねー。
どうも最後のフィニッシュでもたついている感が否めないのです。
打ってはいるけど、寄せられてコースがないとか。

ドフリーのシュートは枠に入れて欲しいです(涙)

こんな記事も読みたい

【浦和レッズ】(勝手に思いついた)浦和レッズの新スタジアム構想とは?「Jリーグ」成熟期のアイコンとして。【黒髪のかねろの整理場所】

《放送予定》4月15日 J2第7節ツエーゲン金沢vs岡山結果 柳下監督インタビュー、「ヤングツエーゲン」特集②石田崚真選手、県選手権決勝優勝チームインタビューほか【情熱サッカー@kanazawa】

20170407 ベガルタ仙台-浦和レッズ【気の向くままに】

試合後の独り言「ラストピース細貝」2017リーグ第6節 柏レイソル0-2清水エスパルス@日立台【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

試合後の独り言「監督の判断」2017リーグ第5節 サンフレッチェ広島0-2柏レイソル@エディオンスタジアム広島【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

連敗脱出!- 2017 J1 第5節 vsサンフレッチェ広島@Eスタ【太陽王発電観測所】

試合後の独り言「勝者のメンタリティ」2017リーグ第4節 柏レイソル0-1ベガルタ仙台@日立台【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

2017 J1 第4節 柏レイソルvsベガルタ仙台@日立台【太陽王発電観測所】

ブロガープロフィール

profile-iconreysolista

柏レイソル好きです。サッカーファンではなくて、レイソルファンです。なので海外サッカーはそこまで観ません。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:48864

(04月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017シーズン予想
  2. 低レベルのメディアに意思表示
  3. 試合後の独り言 2016リーグ第8節 鹿島アントラーズ0-2柏レイソル@県立カシマサッカースタジアム
  4. 柏レイソルに貢献できること。
  5. 試合後の独り言「ラストピース細貝」2017リーグ第6節 柏レイソル0-2清水エスパルス@日立台
  6. 試合後の独り言 完敗 2017リーグ第2節 柏レイソル1-3ガンバ大阪@日立台
  7. 試合後の独り言「背番号10の反撃の狼煙」2017リーグ第7節 ヴィッセル神戸1-2柏レイソル@ノエビアスタジアム神戸
  8. 試合後の独り言 2016リーグ第7節 ガンバ大阪0-1柏レイソル@吹田S
  9. 試合後の独り言 2017リーグ第1節 サガン鳥栖1-3柏レイソル@ベアスタ
  10. データで見る前線の機能不全の原因、「選手の感覚と実際の数値ズレ」

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss