湘#48 れび@湘南サポBLOG

【湘南AC2016】 『湘南スタイル』って何だろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて『湘南スタイル』とは何ぞや。色んな所で、色んな人が、色んな言葉で既に語っている。何を今更そんなネタを…と思う人もいるかもしれない。ただ、思ったことはないだろうか。

“チョウ監督が去った後の湘南ベルマーレは『湘南スタイル』を継続できるのか?”

2015年末、チョウさんが去るかもしれないという報道があった。監督が変われば、方法論も変わる。これまで観てきた、俺達の愛した『湘南スタイル』では無くなってしまうのではないかという不安が、ぐるぐると渦巻いた。そんな日がいつか来てしまうのだ、残念ながら。

ただ、今の『湘南スタイル』は「”チョウ・キジェ”スタイル」だけれど、監督が替わってもアイデンティティとして今後も『湘南スタイル』で戦っていくことをクラブは明言している。

ならば、そのサッカーを『湘南スタイル』の新しいカタチと認識するには、何が必要なのか。いつかやってくる未来に最低限何が継承されていれば、それを『湘南スタイル』だと受け入れることができるのだろうか。



…なぁんてことをオフの間に書いてみようかなと漠然と考えていたら、「Advent Calendar」の募集があったので、せっかくだからと乗っかってみました。

ようするに、自分の中で『湘南スタイル』として譲れない部分は何になるのだろう…ということです。特に目新しい考察にはならないかとは思いますがw、よろしくお願いします。

『湘南ベルマーレ Advent Calendar 2016』http://www.adventar.org/calendars/1738

湘南公式の『トップチームフィロソフィー』の項目には、「湘南スタイル」の定義として「攻撃的で、走る意欲に満ち溢れた、アグレッシブで痛快なサッカー」と記されていますね。まずはここを最初のステップとしてみましょうか。 (余談ですが、このページの右側の『マニフェスト730』、まだ見てない人は必見ですぞ。)

流石の公式と言うべきか。けしてウソはついていないけれど、抽象的すぎる気がしますな。どんなサッカーでも当てはまってしまうくらい、許容範囲が広すぎる。ひとまず「アグレッシブで痛快」という修飾語は置いておいて、「攻撃的」「走る意欲」の2つを拾ってみましょう。

今の『湘南スタイル』で「意欲的に攻撃的に走る」と言えば、「最後まで走りきる運動量」「前からのプレッシング」「カウンター」などですな。スタイルの根幹たる攻撃的守備。追いかけまわして、複数人でボール奪取。そこからの切り替えの速さでカウンター。

湘南を語る時によく用いられるワードだし、エッセンスとしてはこれで十分な気もする。でも、監督が変わったらボールへのアプローチの選択も変わるかもしれないし、ポゼッションだのカウンターだのといった戦術的なニュアンスも省いたほうがいいのかもしれない。

サッカーのスタイルについて語るのに戦術的なニュアンスを省いていいだろうのかという気もするけどw、チョウ監督自身が「カウンターが優先順位の一番だけど、ポゼッションも出来ないとアカン」的なことを言っているしね。ここは一つ視点を変えてみることにしましょうか。



では視点を選手から観客席に移して、もう少し考えてみるとしましょう。選手達が「意欲的に攻撃的に走る」ことで、ベルマーレサポーターはそこに何を感じて、何に熱狂してきたのか。何か一つだけに絞って挙げるとしたら、皆様ならどんな場面を選びますか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
湘南ベルマーレ 2016
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

> 静岡発平塚行さん

どもっす。大宮さんが余裕ぶっこいてペース落としても、湘南は10人になっても一人が1.1倍走ってました。ギアが噛み合うと、ホントに胸を打つ試合をしてくれますね。…今年は安定感が無いのが難点でしたが。

オシムサッカーとの相似は、よく言及されてますね。より縦の意識とカウンターに先鋭化してるのが湘南、オシム流はより柔軟なイメージです。代表監督に引き抜かれずに、千葉がオシム流を継続していたら、いろんな方面の歴史が違ったでしょうね。

【湘南AC2016】 『湘南スタイル』って何だろう?

先日の大宮戦、残念でしたね。
10人であそこまで追い込んだ事は本当に脅威でした。大宮の選手もサポもみな戦慄したんではないでしょうか。

初めてこちらに投稿させていただいた時、「チームが生き物のように躍動するサッカー」と書きましたが、義弟に連れられて平塚で生観戦した時の衝撃は忘れられません。
それはオシム率いるジェフが、当時最強と言われた磐田をズタズタに切り裂いた試合を見た時と同じような感覚でした。

私個人としては「湘南スタイル」と「オシムのジェフ」のサッカーは何となく似ているような気がしています。どちらもボールを奪ったら最後、次から次へと敵陣に選手が押し寄せ、ゴールを陥れる。
でも大きな違いは「オシムジェフ」はどこか冷静で理性的。対する「湘南スタイル」は野生のオオカミやジャッカルの群れのように粗野で荒々しい・・・・その荒々しさゆえ観る者を虜にするのではないかなとも思います。

> shonannokazeさん

どもっす。実際の試合内容とスタッツからは考えられないくらいに燃えました。そして燃え尽きました。120分叫びっぱなしで喉がイカれましたw。

自分でもサッカーやってて、プロリーグの発足に胸踊らせたのに、実際にはどのクラブにも全く興味をひかれませんでね。どこも似たようなツマラン試合やっとるなぁと、ずっと斜めから見ていたし興味もありませんでした。茅ヶ崎に縁ができて湘南ベルマーレに出会えたことを、ホントに神様に感謝しています。

自分は楽しみ続けられたか…と言われると、どうだろうな。今年の応援のモチベは、J1残留しても主力4人が消え去る現実に対しての反骨心でしたからね、連敗中は特に。

地元だからという理由で応援できないヨソモノがクラブを愛し、愛し続けるには、きっかけと理由が必要です。それがサッカーのスタイルでもイケメン選手でもフードパークでもw何でもいいんです。その根っこを明確にしてみたかった…というのが、今回のネタの源泉でした。

「【湘南AC2016】 『湘南スタイル』って何だろう?」へのコメント

昨日はお疲れ様でした。
結果は残念でしたがスタイルを体現できた試合でしたね。

私も湘南スタイルってまさにおっしゃる通りだと思います。
NHKのサタデースポーツでも、うちがボールを奪い前がかりになった瞬間に記者席がざわつき出すって言ってました。何か始まるワクワク感っていうものでしょうか。
かく言う私もそうでした。
平塚近隣住まいなのでJ加入時にはスタジアムにもよく行っていたのですが、成績が低迷し出すと興味を失いサッカーと言えば日本代表というありがちなパターンになりました。それと仕事も平日休みの為、必然的にスタジアムへは行けなくなったのですが・・・・・
一昨年に大病して休職し、ちょうどリオW杯を見まくったのですが代表戦で消化不良に陥りました。
何か替わりになるものを求めて、或いは連勝に釣られてリハビリがてらスタジアムに行って見たらハマりました。
後から考えたら良い内容とは言えぬ讃岐戦だったのですが、それでも一言で言ったら面白かったのですね。その後は回数がどんどん増えました。

今年は正直辛い年でしたが、それでも十分「たのしめ」ました。
湘南スタイルってフードパークとか含めてスタジアムの雰囲気にも、更には我々サポーターにもあると思います。
フードパークって他サポさんもウェルカムって凄く解放感ありますよね。あとはスタメン発表前の他サポさん歓迎ムード。これらはアウエーの地ではなかなかないしなんか「たのしく」なります。
アウエーと言ったらそこに集うのは若者中心のコアサポだけでなく、多種多様の人々です。逆にBMWに来られる他サポさんと比べての話ですが。これと似た風景を今年見ました。
厚木であったいきものががりの地元ライブに集まる人もこんな感じです。男女全ての世代に渡り個人グループ拘らずみんなで「たのしめ」るのが湘南スタイルなのではないでしょうか。昨日のサンタ帽もですね。

長くなって申し訳ございません。
昨日の試合の話も聞けたら嬉しいです。

こんな記事も読みたい

【C大阪】 オフシーズン雑談 Vol.3~"20"の魂を引き継ぐ『健勇』【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

CWC決勝で可能性を見せたのは、Jリーグではなく鹿島だ!【東京ドームに計画停電を!】

「J2」清水の戦い。メリークリスマス!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

2016年回顧録 ~遅すぎた原点回帰~【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

『湘南ベルマーレ Advent Calendar 2016』 に参加します【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

曺監督2017シーズンも続投【毎日フットボール】

【天皇杯・4回戦_vs柏】『青空になる』○3-1【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

【J1・2nd第17節_vs名古屋(A)】 『ノンプレッシャー』○3-1【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconrevys48

2010年:年末に神奈川県茅ヶ崎市に転居。
2011年:湘南ベルマーレの試合を見守る。
2012年:湘南のサポーター活動参加。
2013年:大分以外のアウェイに全て遠征。
2014年:平塚の観戦をメインスタンドに。
      東京都日野市に転居。
2015年:二度目のJ1で悲願の残留!
      しかしオフに主力4人喪失。
2016年:脆さ露呈、再びJ2から出直し。
      更にオフに主力3人喪失。
2017年:ゴール裏引退。見守り隊へ。
  • 昨日のページビュー:120
  • 累計のページビュー:808666

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【急転直下】あの男が帰ってくる!?
  2. 湘南2017 ~ゆく人くる人のこる人~
  3. 湘南2016 ~ゆく人くる人のこる人~
  4. 『Shonan BMWスタジアム平塚』から『湘南スタジアム茅ヶ崎(仮称)』への本拠地移転はありえるのか
  5. 拝啓、遠藤航様
  6. 拝啓、浦和レッズ様
  7. 2015年回顧録(ベストゲーム/ワーストゲーム)
  8. 「祝!胸スポ獲得!」 &「ロアッソくん襲撃事件」
  9. 湘南2014 ~ゆく人くる人のこる人~
  10. 【J1・2nd第17節_vs広島(A)】 『タチムカウ』×0-5

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss