スポーツマーケティングレポート

スポーツマーケティングの専門集団「ニールセン スポーツ」が様々なデータを発信します。

repucom

関連サイト:ニールセン スポーツ

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:65
  • 累計のページビュー:292108
  • (11月19日現在)

最新の記事

欧州サッカーにおけるSNSの戦略的活用『投稿を科学する』

海外のプロスポーツでは、ソーシャルメディアから利益を上げる手法が行われています。ソーシャルメディアのコンテンツを識別、分類し、ファンのニーズを掴み、媒体として利用するというものです。 それには「ファンストーリー」という考え方が使われています。ファンストーリーとは「スコア速報」や「チームのお知らせ」「イベントハイライト」「スタッツ」「アーカイブ」「オフショット」など、コンテンツの種類のことです。 ......続きを読む»

ワールドカップでのラグビー人気をトップリーグはどう活かすのか。サントリーサンゴリアスの挑戦

11月13日(金)、トップリーグが開幕。その開幕戦から遡ること10日前の11月3日(祝)、サントリーサンゴリアスと、東芝ブレイブルーパスの練習試合が秋晴れの中、行われました。会場はサンゴリアスが普段トレーニングを行っているクラブハウス「サントリー府中スポーツセンター」(以下、府中SC)。 ラグビーワールドカップを戦った日本代表選手は、まだチームに合流して間もないということで、この日の試合にはほとん......続きを読む»

10月25日開催『オープンスタジアム』に込められた鹿島アントラーズと小笠原満男選手の思い

10月25日(日)。この日にカシマスタジアムで『オープンスタジアム』が行われます。 普段の感謝を込めて、鹿島アントラーズの選手たちはサポーターや地域の人たちに楽しんでもらえることを企画中。当日は選手と触れ合える場所があったり、ブースが設置されたり、ピッチやロッカールームの開放も行われますが、そこには単なるファン感謝イベントではなく、被災地のクラブとして込められた思いがあるのです。 『オープンスタ......続きを読む»

ワールドカップで劇的に変化したラグビーの認知度

スポーツマーケティングの情報収集、分析、戦略化を実現する世界的な専門企業であるレピュコムでは3ヶ月に1回、日本国内における総合的なスポーツの意識調査を実施しています。 今回は9月末に実施しましたが、前々回の3月末に実施した調査と比べて、ラグビーに関する数字が大きく変化しました。調査はラグビーワールドカップの南アフリカ戦、スコットランド戦が終了した後にスタートし、回収期間中にサモア戦が開催された日程......続きを読む»

世界のラグビーに関する調査 Part.2:スポンサーシップ

ラグビーワールドカップに合わせて、世界各国のレピュコムの専門家がラグビーの商業的側面について調べました。パート2ではラグビーのグローバルスポンサーシップに焦点を当ています。 【各国でのラグビーのマーケット】 ◆イギリス(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド) イングランドは国内リーグに「プレミアシップ」、スコットランド、ウェールズ、アイルランド(とイタリア)は4カ国で「プ......続きを読む»

ラグビー女子、その名は「ゴリ女」。「カープ女子」「セレ女」に続けるか?

スポーツでたくさんの女性が応援することがメディアに取り上げられると「~女子」などと呼ばれることがあります。有名なのはプロ野球の広島カープを応援する「カープ女子」。他にもオリックスバファローズは「オリ姫」、サッカーのセレッソ大阪は「セレ女」、大相撲ファンの女性は「スー女」と呼ばれています。 今回、ラグビーでも新しい「女子」が誕生しました。その名は「ゴリ女」。このネーミングはトップリーグの強豪チーム「......続きを読む»

世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?

ラグビーワールドカップに先駆けて、世界各国のレピュコムの専門家がラグビーというスポーツの商業的側面について調べました。パート1はラグビーファンとその興味レベルについて焦点を当てています。まずは各国でのラグビーに関する興味レベルに関してです。 ◆イギリス イギリス(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)で、ラグビーはここ数年間、スポーツのトップ3の位置を占めています。特にその人気......続きを読む»

ラグビー人気復活のカギを握るワールドカップでの日本代表の活躍

まもなく、ラグビーのワールドカップがイングランドで開催されます。次回の2019年には日本での開催が予定されています。 スポーツマーケティングの情報収集、分析、戦略化を実現する世界的な専門企業であるレピュコムでは先日、日本国内における総合的なスポーツの意識調査を実施。その中で今回はラグビーに関する報告をお届けします。 まず、ラグビーに関して興味・関心の度合いを聞いたところ、以下の結果となりました。......続きを読む»

C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10

新シーズンを迎えた欧州サッカー。今週末にはイタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョーラも開幕します。 そこで今回は市場価値の高いヨーロッパ出身のサッカー選手トップ10をご紹介。このデータはスポーツマーケティングの情報収集、分析、戦略化を実現する世界的な専門企業であるレピュコムが、昨シーズン終了時点で調査したものです。 それぞれの選手に関して「認知度(AWARENESS)」「好感度(APP......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド新ユニフォーム、SNSでの広告価値は?

8月1日、マンチェスター・ユナイテッドの2015-16年シーズン新ユニフォームが発表されました。昨シーズンのナイキからサプライヤーがアディダスに変更になっています。 さて、今回はスポーツマーケティングの観点から、新ユニフォーム発表のソーシャルメディアでのキャンペーンに注目したいと思います。マンチェスター・ユナイテッドとアディダスでは「#BeTheDifference」というハッシュタグを使用したキ......続きを読む»

世界で人気上昇のツール・ド・フランス。しかし、日本では…

自転車のプロロードレース「ツール・ド・フランス2015」が幕を閉じ、チーム スカイのクリス・フルーム選手(イギリス)が総合優勝しました。 スポーツマーケティングの専門会社であるレピュコムでは、このツール・ド・フランスのファン拡大についての調査を行いました。 対象国はフランス、オランダ、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、UAE(アラブ首長国連邦)、南アフリカ、マレーシア、日本、アメリカの11カ国。......続きを読む»

伝統的なウィンブルドンが、最先端のSNSを活用

先週開幕したテニスの「ウィンブルドン」(全英オープン)。注目の錦織選手は残念ながらケガのため、2回戦で棄権となりました。 テニスでは「グランドスラム」と呼ばれる4大大会があります。1月の全豪オープン、5月の全仏オープン、ウィンブルドン、そして8月の終わりに開幕する全米オープンです。 この中で最も歴史があり、権威にある大会として位置づけられるのがウィンブルドンです。それはソーシャルメディアのファン......続きを読む»

7月5日に引退試合。日本代表から経営者を目指す中田浩二の現在位置

13年前の2002年6月、日本は熱狂の中にいました。FIFAワールドカップ日韓大会で日本は初勝利をあげ、さらにベスト16に進出したのです。 当時のフィリップ・トルシエ監督が採用した戦術は「フラットスリー」。そして、その左センターバックにはいつも中田浩二選手の姿がありました。 中田選手は昨年、34歳で現役を引退。その後、プロのキャリアをスタートし、また最後となった鹿島アントラーズで「クラブ・リレー......続きを読む»

川崎フロンターレがJリーグ初。日本のスタジアムIT化と先行する海外事情

6月7日、Jリーグ初の「ITスタジアム」が誕生しました。川崎フロンターレとNTTブロードバンドプラットフォームが、等々力陸上競技場で来場者向けに無料Wi-Fiサービス「FRONTALE FREE Wi-Fi」の提供を開始しました。 スタジアムでキャリアのWi-Fiが利用できることはこれまでもありましたが、今回は試合を主催するクラブがサービスを提供し、観客が自由に無料Wi-Fi利用できるものです。こ......続きを読む»

レブロン・ジェームズがクリーブランドにもたらしたもの

レブロン・ジェームズのクリーブランド復帰が、どれだけチームのビジネス、そしてクリーブランドの街を後押ししたのかをアメリカのメディア「CNBC」が報告しています。 レブロン・ジェームズはアメリカのプロバスケットボールNBAのスーパースター。高校卒業後の18歳、2003年のドラフト1位で地元・オハイオ州のクリーブランド・キャバリアーズが指名。 その後、スーパースターの道を歩みますが、キャバリアーズで......続きを読む»

UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い

6月6日(土)、ベルリンのオリンピア・シュタディオンで、欧州サッカー最大のイベント「UEFAチャンピオンズリーグ」の決勝、バルセロナvs.ユベントス戦が開催されます。 ピッチ上では最も成功していると言える2クラブですが、レピュコムではオフザピッチでの調査を行いました。データを比較してみると、やはり、バルセロナの優位性が目立ちます。 年間のテレビとラジオの放映権料は、バルセロナが1億610......続きを読む»

本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA

今週末に最終節を迎えるイタリアの「セリエA」。かつては世界最高峰のリーグと言われてきましたが、最近は人気、実力とも陰りが見えてきました。 例えば、ユニフォームスポンサー料では、イングランド「プレミアリーグ」、ドイツ「ブンデスリーガ」、スペイン「リーガ・エスパニョーラ」、フランス「リーグアン」に後れを取っています。 ※参考記事:「70億円!高騰するプレミアリーグのユニフォームスポンサー料」 ......続きを読む»

日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰

2014年のシーズン終了後、浅田真央選手が休養を発表。現役か引退かを、「ハーフハーフ」と発言していましたが、5月18日に現役続行を発表しました。 浅田選手は世界選手権で3度、グランプリファイナルで4度、全日本選手権では6度優勝していますが、オリンピックではバンクーバーで銀、前回のソチでは6位と金メダルに手が届きませんでした。 レピュコムが行った「セレブリティDBI」と呼ばれる調査では、浅田選手の......続きを読む»

ステファン・カリー、NBAシーズンMVPは調査データでも人気上昇中

レギュラーシーズンが終了、チャンピオンを目指し、激しいプレーオフが行われているアメリカプロバスケットボールのNBA。今シーズンのMVPは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのガード、ステファン・カリーでした。 カリーは「現役最強シューター」と言われる6年目の27歳。3年連続で3ポイントシュート成功数が1位。今季は286本の3ポイントを沈め、自身の持つNBA記録を大きく塗り替え、チームのウェスタン・カ......続きを読む»

メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

現地、ラスベガスで5月2日(土)、日本時間では3日(日)に世界ウェルター級3団体王座統一戦、フロイド・メイウェザーvs.マニー・パッキャオ戦が行われます。この戦いは、ファンが実現を期待してから5年かかっただけに、注目は極めて高くなっています。 ウェルター級(63.5~66.7kg) で、WBA・WBCの世界チャンピオンがメイウェザー。戦績は47戦47勝無敗、26KO勝ちというパーフェクトな経歴......続きを読む»

世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート

世界的なスポーツマーケティング会社「レピュコム」では、女性アスリートの影響力を「セレブリティDBI」(注1)という手法で調査。世界15カ国のそれぞれで、最も影響力のある(市場価値の高い)女性アスリートを選びました。 全世界で見た場合、最も影響力のある女性アスリートはテニスのマリア・シャラポワ選手。女性著名人・有名人の総合ランキングでも、シャラポワ選手は女性アスリートで最も上位の25位にランクインし......続きを読む»

UEFAチャンピオンズリーグ、ベスト8のユニフォームスポンサー料

前回、欧州6大サッカーリーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス、オランダ)のユニフォームスポンサー料ベスト10を掲載しましたが、今回はUEFAチャンピオンズリーグのベスト8に残っているクラブの金額を比較してみました(金額は推定)。 ※スコアはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 1stレグの結果 ◆アトレティコ・マドリード(スペイン) 0-0 レアル・マドリード(スペイン) ......続きを読む»

欧州ベスト10に6クラブ。プレミアリーグの高額ユニフォームスポンサー料の秘密

スポーツマーケティングの情報収集、分析、戦略化を実現する世界的な専門企業であるレピュコムでは、スポーツの持つ価値を調べるため、ユニフォームスポンサーの推定金額を調査。 今回は欧州6大サッカーリーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス、オランダ)で、各クラブのスポンサー料を調査した(金額は全て推定)。 ※ ユニフォームスポンサーの調査   6大リーグのユニフォームスポンサー総額......続きを読む»

プロ野球開幕。一番「興味・関心」を持たれている球団はどこ?

桜の開花とともに今年も日本のプロ野球シーズンが開幕した。近年はサッカーに押され、人気低下も叫ばれているプロ野球だが、昨年12月にレピュコムが行った調査で、日本国内におけるスポーツ観戦についての興味・関心の度合いを調査したところ、「興味がある」とした人が42.6%でプロ野球が1位となった。2位がJリーグ。以下、なでしこリーグ、大相撲、Vリーグ(女子)と続いた。 やはり、人気が高いプロ野球だが、そ......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss