スポーツマーケティングレポート

本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に最終節を迎えるイタリアの「セリエA」。かつては世界最高峰のリーグと言われてきましたが、最近は人気、実力とも陰りが見えてきました。

例えば、ユニフォームスポンサー料では、イングランド「プレミアリーグ」、ドイツ「ブンデスリーガ」、スペイン「リーガ・エスパニョーラ」、フランス「リーグアン」に後れを取っています。

参考記事:「70億円!高騰するプレミアリーグのユニフォームスポンサー料」

今シーズン2位を確定させ、既に来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場を決めているローマでさえ、胸スポンサーを獲得できていないなど、セリエAを取り巻く状況は厳しいようです。イタリア国内での観客動員数の減少が大きな要因とみられていますが、意外にも(?) 日本での人気はまだまだ高いようです。

3月に日本で調査した「Sponsorlink」の結果によると、スポーツの国際大会への興味度でセリエAは総合で6位。男性ではすべての年代でトップ10入りを果たしました。

また、男性の10代以外では、他の欧州リーグよりも高い順位になっています。これは日本代表である本田圭佑選手(ミラン)、長友佑都選手(インテル)がセリエAのビッグクラブに所属していることなどが原因と考えられます。

今季はセリエAで4連覇を果たしたユベントスが、12年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進みましたが、本田選手、長友選手の去就と共に、今後も日本国内での人気を維持できるか気になるところです。

※Sponsorlink 調査概要 調査方法:インターネットウェブ定量調査 調査対象:16歳~59歳の男女 サンプル数:2,879 ※性別、年齢、地域別に割り付け

★データで見るスポーツマーケティング ★レピュコムジャパン ★レピュコム Twitter



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

清武弘嗣。酒井宏樹。ハノーファーの2人の今季を総括。【FCKSA66】

WhoScoredから見る2014-2015シーズン各国リーグ最終成績・選手の平均点ベスト20(リーグ・アン編)【北のお部屋】

セレッソ大阪が示す欧州移籍の可能性【Jリーグ戦記2015】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセンスポーツ」(社名:レピュコム)が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:157
  • 累計のページビュー:278047

(07月26日現在)

関連サイト:ニールセンスポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss