スポーツマーケティングレポート

開幕まで2年を切ったラグビーワールドカップの認知

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆全体では4割、ラグビーファンは75%が認知

ニールセン スポーツでは、開催まで2年を切ったラグビーワールドカップの認知度調査を行いました。大会が2019年9月に日本で開催されることを知っている人は全体で38%でした。

また、機会があったら会場で直接観戦してみたいと思う人は15%。来年にはチケット販売がスタートしますが、それまでにこれらの数字を上げる施策が今後、必要なようです。

ただ、ラグビーファンの認知率は75%あり、会場で観戦したい人も半数近くあります。また、ラグビーファンの中でも特に「トップリーグ」や「スーパーラグビー」(日本からサンウルブズが参戦)のファンは、認知や観戦の意向が強く出ています。

また、11月2日、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの日程が決まりました。日本は以下の日程でプールAを戦います。

【2019年】 ・ 9月20日(金)19:45 日本 vs. 欧州予選勝者 東京スタジアム ・ 9月28日(土)16:15 日本 vs. アイルランド 静岡・エコパ ・10月 5日(土)19:30 日本 vs. プレーオフ勝者 愛知・トヨタスタジアム ・10月13日(日)19:45 日本 vs. スコットランド 横浜国際競技場

★データで見るスポーツマーケティング



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
ラグビー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第69回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

【湘南校舎ラグビーフットボール部】関東大学ジュニア選手権準決勝 vs明治大【東海スポーツ】

愛知・豊田ラグビーフェスタ2017【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:130
  • 累計のページビュー:293376

(11月22日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss