スポーツマーケティングレポート

スタメン発表でスポンサー企業を訴求する。スポーツチームのSNS有効活用を考える 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

★前編はこちらから

スタメン告知は主に文字と写真で構成されていますが、クリエイティブに作られています。その中で、スポンサー企業がどのように組み込まれているかを見比べるのは、興味深いことです。

プレミアリーグの12チームでは、Facebookに投稿する際、スポンサー企業をブランディングする何らかの“フォーマット”がありました。

それはアクションを必要としない露出(例:ユニフォームや道具など)か、ブランディングしたコンテンツか(例:スポンサー企業の協力する“フォーマット”で告知するなど)のどちらです。同様に、11のチームではTwitterでも何らかの“フォーマット”がありました。

マンチェスター・シティのスタメン発表の画像には、「HAYS」提供 ~世界中のスペシャリストをリクルートする とあります。

FacebookやTwitterの画像を見ると、6つのチームがスタメン選手全員でスポンサー企業のロゴを見えるようにしていましたが、こうした“フォーマット”を起用した例はトッテナム・ホットスパーがあります。

トッテナムは、SNSに情報を出す時の添付グラフィックで、スポンサー企業が特に際立つようにしています。

ハダーズフィールド・タウンは、スポンサーが協力した“フォーマット”使って、スタメンを告知しています。

また、マンチェスター・シティ、ニューカッスル、スウォンジー、ウェスト・ブロムウィッチは、画像にスポンサーを組み込んでいます。これらの“フォーマット”は、ヨーロッパ中でトレンドになりつつあります。

一例はバルセロナ。バルセロナはFacebookでもコナミとパートナーシップを結んでいますが、ここ数年は、チームの情報を発信するのに、画像や動画を使って投稿しています。

また、ストーク・シティは鮮やかなテンプレート画像を作成。これをシーズン中に活用して、新しいユニフォームの袖パートナーが露出するようにしています。

★レポート:THE STARTING LINE-UP OPPORTUNITY(英文)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヨング・オランイェ、スコットランドに敗れる(EK予選:スコットランド-uit)【我がフェイエノールト】

ロシア・ワ-ルドカップ予選 スロヴェニアvsスロヴァキア戦【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

マドリーの移籍市場を振り返る【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:296524

(11月25日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss