スポーツマーケティングレポート

東京を駆け回るラグビー選手たち。AIGが仕掛けた動画の効果は70倍?

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大規模の保険会社『AIG』は、まさかが起こる前にリスクを予防する『ACTIVE CARE』(アクティブケア)という、先回りする新しい保険のコンセプトを日本でスタートさせました。

そのコンセプトを伝えるため、AIGは『#TackleTheRisk』という、3分間の動画を作成しました。

写真提供:AIG

内容はラグビーのニュージーランド代表『オールブラックス』の選手たちが、東京の街に飛び出し、そこで起こりうる危険を未然に防止するために、一般市民にタックルをするという内容でした。まさに『#TackleTheRisk』(リスクを防ぐ)です。

動画は『AIG』と『オールブラックス』、『成長中のラグビー市場、2019年ラグビーワールドカップ開催国である日本における危険防止』をつなぐストーリラインが見事に構成されています。

AIGのスポンサーシップの責任者であるダニエル・グランツ氏は、「私たちは日本の保険市場における事業拡大のため、AIGを象徴し、かつお客さまの印象に残る物を作成したかった。オンラインメディアにおけるこれらの活動で、私たちは柔軟かつ、鋭いアプローチをすることができ、その結果、お客様の印象に強く残る物を作る事ができた」と述べています。

キャンペーンの開始から、わずか2か月で動画の視聴回数が1億1000万回を達成。SNSの公式アカウントのフォロワーを数千人も増加させるなど、大きなインパクトを残しました。グランツ氏によると、AIGの動画の作成費や、オウンドメディアで流す費用といった、今回のキャンペーンの投資に対する効果は、投資『1』に対して効果が『70』ほどありました。

また、ニールセン スポーツの調査によると、今回の動画はソーシャルメディア単体で、およそ17億円ものブランド露出価値があり、紙媒体やテレビなどの従来のメディアでも、約5億円ものPR効果があったとされています。

さらにニールセン スポーツの分析によると、この動画に関するSNS上の投稿トップ5のうち、4つがAIGからの発信ではなく、他のアカウントによるものでした。これはソーシャルメディアの活用において、メッセージが伝わりやすいように整理されたものであれば、コンテンツは自然と拡散されていくということを証明しています。

グランツ氏は、「AIGはお客さま、代理店、ステークホルダー、社内啓発などの観点を考慮した上で、様々な方法を使い、今回のスポンサーシップの成功を評価した。スポンサーシップは、小規模な投資から大きな投資へと成長してきたため、よりビジネスやセールスチャネルなどへの影響を意識した投資と考え始めている」。

「効果的なものとするためにはデータ、評価測定、デジタルとの融合が必要不可欠である。スポンサーシップをより効果的に活用するためには、評価測定、ベンチマーク分析、改善の観点からデータが必要不可欠なものであることに疑いの余地はない。」と加えました。

★AIG & All Blacks YouTube動画 ★CASE STUDY: SPONSORSHIP ROI VIA SOCIAL MEDIA, AIG #TACKLETHERISK(英文)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
ラグビー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

色々開幕【前田壮一のスポーツ日記】

辻村貴浩 46日目 [ダスティーダッシュ]【ホシノドリームズプロジェクト】

辻村貴浩 45日目 [all-star表彰式]【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:717
  • 累計のページビュー:285121

(09月07日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss