スポーツマーケティングレポート

スポーツコンテンツのSNSでの収益化 2017年注目のスポーツビジネストレンドvol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆選手個人のブランディング

ケヴィン・デュラントは、オクラホマシティ・サンダーから ゴールデンステート・ウォリアーズへの移籍を決めた時、「The Players’ Tribune」(アスリートが生の声をファンに直接発信できる新しい形のメディア)を通じて、個人的にファンに決意の説明をしました。

新しいサイトや技術が普及したことで、アスリートは自分のメッセージをコントロールし、ファンと直接つながることができるようになりました。また、アスリートはソーシャルメディアを利用し、コンテンツのキュレーションを行ったり、スポンサー、広告メッセージを有機的に統合したりすることで、個人ブランドを構築し収益化しています。

◆チームとブランドでソーシャルメディアを活用

チームやリーグは、次第にソーシャルメディアの膨大なフォロワーを有効活用して、ブランドとの協力関係を深めるようになっています。ニールセンスポーツがアメリカのリーグとチーム全般について詳細な分析を行ったところ、アクティブなスポンサー上位20社が管理するソーシャルメディアアカウントからシーズン中に得たメディア収益は、1チーム当たり合計250万~300万ドルに上っています。

大規模なフォロワー基盤を背景に「Facebook」が最も価値の高いプラットフォームとなっていますが、スポンサー価値を最も効率よく高めるプラットフォームとなったのは「Instagram」です。「Twitter」は最も価値が低く、その主な理由は、コンテンツが短時間で入れ替わるためインプレッション数が大きくなりにくいことにあります。

◆エンターテイメントとスポーツの融合

多くのブランドは、エンターテイメントとスポーツのジャンル横断からも恩恵を受けています。スーパーボウルなどの大規模スポーツイベントでは、以前から有名ミュージシャンが演奏していますが、スポンサーはソーシャルメディアなどのマーケティングチャネルをさらに有効に活用し、ブランドをコンテンツと統合、あるいはコンテンツをブランドで覆っています。

このことはファンの関わり方にも表れています。第50回スーパーボウルで最も視聴された10分間は。「ペプシハーフタイムショー」でした。さらに、試合前後のTwitterの会話でよく使われたハッシュタグのトップ10に「#pepsihalftime」がランクインしています。このハッシュタグは、ビヨンセがハーフタイムショーで初披露した新曲のタイトル、「#formation」の3倍もツイートされました。

◆チームは専用コンテンツで関係を深める

スポーツチームは、主要なゲーム以外に舞台裏の活動きやイベントを見せることでファンとの関係を深めています。ミシガンのフットボール監督ジム・ハーバウは、単に新人候補リストをウェブサイトに載せたりプレスリリースを公表したりするのではなく、The Players’ Tribuneと提携して「Singing of the Stars」イベントを創設しました。

これはファンがユニークかつ、創造的な方法でチームやその新人と関わることができるようにするイベントです。このプログラムではスポンサーを統合し、「ChadTough Foundation」として多額の資金を調達するとともに知名度を高めました。このような直接的で、バイアスのかからないコミュニケーションは、スポーツのエコシステム全体でフィールドの外側での関係を深めています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
バスケットボール
アメリカンフットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフ◆「スピンの効くショット」 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフスイング◇故障しにくいスイング創り 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【イベント情報】4/11(火)アスリートの競技生活とその後に続くキャリア ~私たちが引退して感じた事~【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセンスポーツ」(社名:レピュコム)が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:123
  • 累計のページビュー:269494

(06月28日現在)

関連サイト:ニールセンスポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss