スポーツマーケティングレポート

2016年レビュー 世界のスポーツを振り返る:モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

間もなく本格的なシーズンを迎えるモータースポーツ。2016年の結果とマーケティングで注目されるポイントをを振り返ります。

**◆モータースポーツ 2016年レビュー **

2016年、F1世界選手権は3年連続でメルセデスが勝利しました。タイトル争いは早々にメルセデスチーム内で展開され、メルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの優勝争いは激戦へともつれ込みました。結果、最終戦のアブダビGPでロズベルグが、ハミルトンを凌ぐポイントを稼ぎ出し、見事ワールドチャンピオンに輝いています(アブダビGPの1位はハミルトン、2位がロズベルグ)。

2016年からF1に新規参入したハースは、すばらしいデビュー戦を飾りました(オーストラリアGPで6位入賞)。また、アゼルバイジャンのバクー市街地は2016年からGPの開催地となりました。

ル・マン24時間レースは、ラスト数分に大逆転劇が起こり、歴史に残る劇的な結末となりました。セバスチャン・ブエミは、フォーミュラEの第2シーズンのチャンピオンとなり、フランスのセバスチャン・オジェは、世界ラリー選手権(WRC)を4連覇。その後、オジェの所属したフォルクスワーゲンはWRC撤退を発表しています。

アメリカでは、サイモン・パジェノがインディ・カーシリーズの王者に輝き、アレクサンダー・ロッシがインディアナポリス500マイルレースで優勝。ジミー・ジョンソンは、NASCARスプリントカップで自身7度目のタイトルを獲得しました。

二輪では、マルク・マルケスがMotoGPの世界タイトルを獲得。ホルヘ・ロレンソ(2015年王者)は、これまで所属したヤマハから2017年からはドゥカティに移籍することが明らかに。ジョナサン・レイは、スーパーバイク世界選手権で見事、連覇を達成しました。

◆欧州のオートバイ人気

MotoGPに関心のあるスポーツファンの割合

MotoGPに関心を示す割合は、スペインとイタリアがずば抜けています。スペインは現王者マルク・マルケスと前王者ホルヘ・ロレンソの出身地で、イタリアはレジェンドのバレンティーノ・ロッシの故郷だからでしょう。実際イタリアでのMotoGPの人気は、F1と比べてもほぼ変わらないほど。

イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、イギリスの5国では、イタリアのスポーツファンが最も世界スーパーバイク世界選手権に関心があり(32%)、続く英国では14%が2016年シリーズを見たと答えました。

◆F1のローカルヒーローがもたらす影響

F1でローカルドライバーがマーケットに及ぼす影響は特筆に値するものでした。2016年は、オランダの19歳、マックス・フェルスタッペンがスペインGPで最年少優勝記録を更新。地元オランダのテレビ局Ziggo SportでF1特集などが数多く放送されました。すると、同チャンネルでも前年比で1300万人もの視聴者数が増加。そうした盛り上がりは雑誌でも特集を組まれるなど、フェルスタッペンの宣伝効果は絶大でした。

また、初のインドネシア人F1ドライバーとなったリオ・ハリアントは、シーズン開幕から12試合連続で完走。すると、インドネシアでの2016年前半の視聴者数は、昨年と比べて156%増をマーク。ハリアントの出場、そして地元で無料テレビ放送を拡大したことが結果に出ました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
モータースポーツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年版日本人トッププロレーサーは誰だ?【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ【under green flag 2】

自動車部・全日本運転競技選手権大会・全日本学生自動車連盟年間総合杯【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセンスポーツ」(社名:レピュコム)が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:1005
  • 累計のページビュー:248730

(02月16日現在)

関連サイト:ニールセンスポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  6. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  7. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  8. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  9. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss