スポーツマーケティングレポート

急速に拡大する欧州ラグビーのスポンサーシップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年のラグビーワールドカップは、ラグビーにとって史上最大規模で、最も深く“つながり”を得たイベントでした。記録という記録がフィールド内外で破られ、ラグビーのブランドをはじめ、スポンサー企業やクラブチームにも膨大なチャンスが広がることになりました。

2015年、ワールドラグビー(ラグビーユニオンの統括団体)は、世界中のラグビーファンや視聴者に忘れられない瞬間をライブで提供しました。この年のワールドカップは英国では、2011年のニュージーランド大会と比べて、6600万人以上の視聴者数を獲得しました。

英国やアイルランドでは、クラブチームもますます強大になりつつあります。クラブチームや各国のラグビー協会では次々と新しいスポンサー契約が締結。新しい冠スポンサーやソーシャルチャンネルで大型の投資が行われるなど、改めてそのポテンシャルが注目されています。

商業的に成長の勢いをみせるラグビーは、これからシーズン本番を迎えます。そこでニールセンスポーツでは欧州ラグビーに関して、深く掘り下げて考察したいと思います。

◆欧州のラグビーを取り巻くメディア

ワールドカップ以降、英国でもラグビーの注目度が上昇。2016年の上半期は昨年の同時期と比べると、「とても興味がある」もしくは「興味がある」と答えた人の割合が6%増えました。

メディアで起こった最も大きな変化は、人々がSNSを通じてスポーツを追うようになったことでしょう。ニールセンスポーツの分析によると、2015年はシックスネーションズ(ラグビー欧州6カ国対抗戦)で57万4000の投稿でしたが、1年後には108万7166をマーク。89%増の成長を見せました。

シックスネーションズの最終週では、イングランドがグランドスラム(全勝優勝)を達成。この時、世界中のスポーツに関する投稿の中で10%を占めるほどでした。デジタルツールが盛り上がれば、企業もファンもあらゆるユーザーの利益にもなります。

ファンと繋がるためには、ターゲット層がどんなコンテンツを好むのか理解しなければいけません。イングランドラグビーと協賛企業は、2016年のシックスネーションズで、こうした目的を見事に果たしたと言えます。

◆ラグビー界へのスポンサーシップの増加

ラグビーはイギリス国内でも国際的にも進化しています。ここ4年でみても数々の大きなスポンサーシップが見られるようになりました。スポーツ業界でグローバルなスポンサー投資額は、2012年から2015年にかけて21%もの成長を記録しました。

英国だけで見ても、ラグビーは1位サッカー、2位モータースポーツに続く、3位となる3億6000万ポンドの投資額を記録しています。2012年から2015年の間、英国とアイルランドのスポンサーシップ総額では、ラグビーが8%を占めました。

今後、2017年にはシックスネーションズと英国大手銀行「ロイヤルバンク・オブ・スコットランド」(略称RBS)のスポンサー契約が終了しますが、新しい冠スポンサーが迎えられるのか注目されます。

国内でも、ラグビーのプレミアシップが「Aviva(アヴィバ)」との6年間の冠スポンサー契約を終えるので、2017/18シーズンは冠スポンサーが未定となっています。

◆次々と決まる大型のスポンサー契約

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
ラグビー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヤマハのスクラムって反則じゃないの!?【ラグビーファン歴30数年のモヤモヤブログ】

フルバージョン限定公開中【グラウンドから愛を込めて】

プレーヤーズブログ~新 しいことに挑戦の毎日です。【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセンスポーツ」(社名:レピュコム)が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:260467

(03月29日現在)

関連サイト:ニールセンスポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  6. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  7. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  8. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  9. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss