スポーツマーケティングレポート

国際パラリンピック委員会(IPC)パラリンピックに関するレポート vol.2

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際パラリンピック委員会の本部はドイツのボンにあり、英語名は「The International Paralympic Committee 」(IPC)です。パラリンピック関連組織を統括し、パラリンピック・ムーブメントの認知拡大を担います。

委員会は陸上、水泳、射撃など9つのパラ・スポーツ競技の国際機関としても機能していて、パラリンピック以外の世界選手権などのイベントも統括しています。

1988年から、IPCと国際オリンピック委員会との協力合意の締結により、パラリンピックとオリンピックの開催場所が統一されることになりました。

リオ2016に続き、次の夏季パラリンピックは2020年に東京で開催され、平昌(2018)と北京(2022)が順に冬季パラリンピックの開催地となります。

IPCの活動資金の約半分がパラリンピックで得られた収入です。また、IPCはコマーシャルプログラムを展開しており、「Toyota」「Visa」「Samsung」「Panasonic」「Atos」(情報テクノロジーサービス企業)、人工装具やリハビリ器具のサプライヤーである「Otto Bock」がワールドワイドパートナーとなっています。

「Allianz」(保険・金融サービス)と「BP」(国際エネルギー企業)はインターナショナルパートナーとなっており、どちらも多国のパラリンピック委員会を支援しています。

◆ブランドの確立

パラリンピック・ムーブメントの発展とロンドン2012の成功は、IPCのブランドロゴである「Agitos」の認知が向上したことからもわかります。

2012年のロンドン・パラリンピック開会前までは、イギリス国内で「Agitos」のロゴの認知は50万人でしたが、大会閉幕後、2000万人まで増加しています。

IPCの関連団体である「Agitos Foundation」は2012年に創設され、世界人口の15%の人は障がいを持ち、その内の80%が発展途上国で生活している状況の中で、「すべての人が暮らしやすい包容的な社会の実現のためにパラ・スポーツを普及させること」を目標とし、最前線で活動するグローバル組織です。

「Agitos Foundation」は、パラリンピックに対する世界中からの高い注目度を利用して、良いブランドイメージをスポーツや社会貢献との関わりを通じて構築することを目指しているブランドに、絶好の機会を提供しています。

◆IPCの理念

国際パラリンピック委員会は、パラリンピックとパラ・スポーツを、スポーツとしてだけでなく社会的意義があるものとして重要視しています。メジャーなイベントを通じて、IPCはスポンサー企業が社会貢献していることを示し、人々の障がいの捉え方を良い方向へ変えていくことを率先して行っているのです。

ロンドン2012を契機に、イギリス国民の障がいへの向き合い方は大きく改善し、ロンドン・パラリンピックの直後、イギリス国民の3人に2人はパラリンピックが自分の障がいに対する意識や態度を再考するきっかけとなったと答えています。

大会閉幕後、イギリスにおける68%の人々がパラリンピックに勇気づけられたと答え、48%がパラリンピックに関する報道を増やしてしてほしいと答えています。

◆人々の障がいに対する意識の変化(イギリス国内)

ロンドン2012が障がいに対する意識を変化させるきっかけとなったと思う人の割合 ・2012年5月:34% ・2012年9月:64%

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツマーケティング
五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

全世界スポーツ選手中、第一位がテニス選手【マーケティング目線】

大会レポート 第8回パワーチェアーフットボールブロック選抜大会②【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

大会レポート 第8回パワーチェアーフットボールブロック選抜大会①【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「海からもらう『愛』」Ocean’s Love茅ヶ崎ボランティアスクール【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

クラブは『円』に振ってはイケマセン 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

パラ・スポーツの興隆、パラリンピックの発展 パラリンピックに関するレポート vol.1【スポーツマーケティングレポート】

「楽しいサッカー」 開催第40回記念インクルージョンカップ6人制フットサル【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「共生社会の実現へ」 開催第40回記念インクルージョンカップ6人制フットサル【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:292044

(11月18日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss