スポーツマーケティングレポート

東京五輪正式種目決定!「野球・ソフトボール」への関心の高さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

レピュコムでは年間に4度(3・6・9・12月)調査する「‪‎SPONSORLINK‬」から、オリンピック、パラリンピックに関する結果を公開しました。

◆五輪での観戦意向が最も高いのは「野球・ソフトボール」

今回の発表は2016年6月に調査されたもので、それによるとオリンピックで「観戦したい」スポーツは「野球・ソフトボール」がトップとなりました。

「野球・ソフトボール」は、調査時点では東京オリンピックの正式種目に決定する前でしたが、それでも最も高い興味が示され、日本での野球人気を再確認する形となりました。以下、「サッカー」「陸上」「水泳」「体操競技」と続き、「野球・ソフトボール」と、ほぼ同じ程度の観戦意向が示されました。

◆パラリンピックで認知が高いのは「車椅子バスケ」「車いすテニス」

パラリンピックでは競技の「認知」と「観戦意向」に分けて調査を行いました。認知が高いのは「車椅子バスケットボール」「車いすテニス」「陸上」「水泳」「ブラインドサッカー」などでした。ただ、観戦意向ではどの競技もそれほど高くはありませんでした。

◆オリンピックとパラリンピックの持つイメージの違い

オリンピックとパラリンピックに対するイメージを一般、オリンピックファン、パラリンピックファンに分けて調査してみました。いずれも「夢を与えてくれる」が高くなっていますが、一般の人とそれぞれのファンでは多少異なります。

オリンピックファンは「グローバル」と言った部分に魅力を感じ、パラリンピックのファンは「挑戦している」「魅力的、感動する」「社会貢献」と言った項目が高くなっています。

調査方法:インターネットウェブ定量調査 調査対象:16歳~59歳の男女 ※回収後に人口統計に合わせて、性別、年代、都道府県でウエイトバック実施 2016年6月調査 調査時期:2016年6月13日~ 2016年6月15日 調査地域:全国 サンプル数:2060人

★データで見るスポーツマーケティング



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
五輪
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

俺から見たリオデジャネイロ・オリンピック:日本対ナイジェリア【バルセロニスタ】

手倉森ジャパンについて個人的に心配している2つの事。【FCKSA66】

やはりオーバーエイジ枠はいらなかった【毎日フットボール】

街で試合結果を言っちゃいけない法案を提案します【Armar know Jack Bigwild】

全ては小学校の野球指導にあり 【倉俣監督BLOG】

リオ五輪・男子テニス ドロー発表! 錦織は1920年以来のメダル獲得を目指す! 【0 to zeroのhorizon】

メキシカンリーグ・レポート2016 メキシコシティ2(8月3日)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

四国を死国にする気だぜ 第29回JRグループ硬式野球大会~JR東日本東北×JR四国【僕の中の大投手 諭】

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:116
  • 累計のページビュー:284405

(09月06日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss