reportage -男子新体操 取材記録-

青森大学-采配-(前)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 絶対王者・青森大学の今年最大の武器は、ふたつのタンブリングである。ひとつめは、何と言っても男子新体操史上初となる大技・伸身2回宙返り。別名スワンドッペルとも言われるこの技、文字通り体を抱え込まない“伸身”の状態で、体を空中で後方に2回転させる。成功させれば、その後も語られることになる。

 もうひとつは、終盤の組み技。土台となる二人の選手が一人を垂直に投げ上げる技である。宙を舞う選手は、たった二人の土台で、高校生5人が力いっぱい投げ上げたほどの高さまで飛び上がり、空中で1回、2回―――なんと、空中で後方に2回転と、4分の1。ギュンギュンと回転のかかった体は、勢いそのままに地面に突っ込んでくる。それを二人の選手が両腕で抱えて受け止め、勢いを殺し、今度はその両腕を支持してグン、と前に押し出す―――青森山田高校の得意技としておなじみの“ブランコ”へとつなげるのだ。(ブランコは坂出工業高校:現青森大監督中田監督が平成4年に始め、平成8年に現在の人間が一回転する技を発表した)

 まさに大技と呼ぶにふさわしい技。間近にすると、頭で理解する前に肌が迫力を感じとり、息が止まった。

 このふたつの技で、ドッペルをするのも、投げ上げられる役を請け負うのも、タンブリングに定評のある外崎成仁。青大には彼なくしてはなしえない技がいくつもある。そのどれもが、演技の中核となる技ばかりだった。―――が、今年のインカレで彼を悩ませたのはこのふたつの技のどちらでもない。そのことを知る者は、僅か。
reportage-57752.jpg


 新体操の監督というのは、繊細で緻密な人間が少なくはないが、中田吉光という人間ほど緻密な監督を私は知らない。彼は普段から布団に入ると、頭の中で大会の流れを、シュミレーションする。

 それは遠征ではお馴染みの青大のグリーンのバスで学校を出るところから始まる。練習場所を共にする青森山田の選手とともにバスに乗り込むと、全日本選手権であれば、途中、盛岡で停車する。旧知の仲である野呂一希監督の率いる、盛岡市立高校の面々をひろっていくのである。彼らはたいてい、全日本選手権の出場を決めてくるから、これもいつものことだ。

 長いバスの旅を経て、インカレ前から予約しておいた宿舎に―――これは予約の際に、ネットで見た外観写真と施設情報をもとに想像するのだが―――着くと、受付で手続きを済ませ、食事や翌日の出発時間をフロントと話し合う。それが決まれば部員とミーティング、食事、風呂、就寝。そして翌朝に起床、朝食。決められたスケジュールどおりにそれらをこなし、宿を出る。

 会場入りすると公式練習の時間から逆算してアップを開始、万全の体制で公式練習に臨む―――と、これらをすべてひとつひとつ、頭の中で映像化して、確かなものにしていく。それはもう、習慣ともいえるものになっていた。
reportage-57755.jpg


 それほどまでに緻密な人間が、致命的なミスに気がついたのは、団体競技予選のなんと前日のことだった。演技の中に、0.3もの減点要素があることが発覚した。0.025単位の点差が勝負を分かつ新体操において、それは勝負をひっくり返すのには十分すぎるほどの減点である。

 具体的に説明すると、こうである。男子の団体では1回半以上の回転を伴う空中技で、頭から着地するもの、つまり前転の状態で着地するものは1回しか入れてはいけない、という決まりがある。この前転で着地する技を“転系”の技、という風に表現する。この転系の技は危険度が高いために、転で1回半以上回転する技は、大学や社会人では1回、高校以下の試合では完全に禁止されている。

 タンブリングの中でも難易度が高いこの技は、入れる場合にはたいてい、まだ体力のある演技の序盤、“第一タンブリング”で行うことが多い。青大もその例にもれず、第一タンブリングに、この転系の技を入れてきている。この時点で、まだ減点はない。

 さて、問題の減点対象はふたつめのタンブリング、第二タンブリングにある。ここでも要になるのは、やはり外崎。フロアを斜めに使って、手前に向かってバック転してきた外崎は、床を手で突き飛ばすとそのまま中に舞い上がり、着地点に控える3人の土台に飛び込む。土台の3人がそれを再び宙高く投げ上げると、外崎は空中で一回転、頭から前転の形、つまり転で着地する。
reportage-57758.jpg


 演技の見せ場のひとつでもあるこの技、一見するルールには触れない。外崎は手で踏み切って、組みを経て宙で1回転し、頭から着地しているわけだから、空中での回転は1回。1回転の、転系の技である。これであれば規定にはひっかからないはずである。解釈としてもこのルールは、1回半宙返り転を想定し作成されたものだった。―――が、ひっかかっていた。団体予選の前日、行動をともにしていた盛岡市立の野呂監督の進言で調べてみたところ、厳密に言うとこうした技も、制限される転系の技に含まれているということがわかった。あそこまで入念に大会までの道程を考える人間にとっては、迂闊だった、としか言いようがない。

 監督はおろか、選手ですら、そして実は審判ですら、このことに気がついてはいなかった。というのは実は問題のこの技、東インカレの演技でも入れているのだ。が、減点にはなっていない。単純に、審判も分かっていなかった。彼らも規定にひっかかるものを、1回半の転と想定していたためだ。

 だから3年の高岩馨が「(このままやっても)バレないんじゃないか」と思っていたことや、同行していた青森山田の荒川監督や盛岡市立の野呂監督が「このまま押し通せますよ」と言ったのにも、一理ある。
 が、どうだろうか。東インカレの時のように知らずにやっていたならまだしも、減点の可能性があると知りながら、それをやって減点されたら。やはり、と自責するのだろうか。

 問題は、着地にある。要は頭から落ちるから転としてカウントされるのだ。例えば、胸と両手で体を支える、腕立て伏せのような状態になる“伏臥(ふくが)”で着地すれば、減点にはならない。或いは片膝立ちの状態の“座”で着地すれば、これも減点にはならない。
 普通で言えばこちらの着地の方が選手にとっては格段に安全である。だが今回のことは技の安全性云々ではなく、試合前日に構成を変えることの方にリスクがあった。今からだとフロアを使っての練習は、午後の11分ずつの公式練習、2回きり。
reportage-57753.jpg


 大会までの道のりは、監督にとって負ける要素を徹底的に廃す作業に取り組む期間、と言ってもいい。常に「万が一」をつぶすのが彼の監督としての仕事だった。リスクを減らすことが彼の最優先事項だった。しかし今回は技を入れるにせよ入れないにせよ、リスクは背負わなければならない。ならば…いや、しかし…。思考は二転三転した。
reportage-57756.jpg


 団体の試合を翌日に控えたこの日、会場では朝から個人競技の試合が始まる。午後からは団体の公式練習がもうけられていた。午前の間中、監督の思考は流転し続ける。団体選手の間でも変える、変えないの情報は交錯し、「あれ、変えるんだっけ?」と互いに確認するのは一度や二度では済まなかった。昼ごろになって、結局、伏臥で着地する、ということで話が落ち着いた。伏臥であれば確実に減点はされないし、迫力でいっても、転にそうひけはとらないはずだ。何より、転での着地よりこちらの方がはるかに安全なのである。この程度の、しかもマイナーチェンジであれば、タンブリングの名手である外崎にとっては何ということもないだろう、と誰もが思っていた。
…だからそれに気付いた者は、チームの中にもほとんどいない。
reportage-57754.jpg


reportage-57757.jpg


 意外に知られていないことだが、青大の団体選手は大会での公式練習の前に、眠る。団体の公式練習や試合は、個人競技の後に行われる。個人演技は長丁場になる。たとえ見ているだけであっても、長時間座り続けていると体がだるくなる。だから、青大の個人選手の応援の合間に、適宜眠りに行くのだ。それが知られていないのは、彼らが使っていない通路やカーテンの裏など、人目につかないところを選んで、各自仮眠をとっているからだった。
 その、皆が休息をとっているはずのその時間に、中田監督は選手から声をかけられる。
「…先生、眠れません」―――外崎だった。

 たとえ難易度を落としていたとしても、この変更は、勝負強さで定評のある彼にも確実にプレッシャーを与えていた。それに、彼はもともと「人に投げられる」タンブリングが好きではなかった。自分の手で足で、踏み切るのならどんなものでも自信があったが、人を介して行うとなると、彼らしからぬ不安がよぎることがあった。そのタンブリングが、まさに試合直前の変更。練習時間はほとんどない。ほぼ、ぶっつけ近い状態。彼は眠れなかった。

 監督としても彼のこの行動は意外だったが、とりあえずは外崎を落ち着かせなければならなかった。
「わかった。タンブリングは変えない。そのまま行こう。だからお前は安心して寝ろ」
そう言って、彼に休むように促した。当然ながら、彼を安心させるための方便である。


 …さて、どうしたものか。一度はまとまりかけた思考が、彼の中で再び行きつ戻りつを始めた。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
青森大学
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大雪に戯れる犬【ディスクドッグプレーヤー 千葉和憲】

優勝報告!【山田幸代 『ラクロス』への挑戦!】

よし!順調!【カバディプレイヤー 山岸勇大】

ブロガープロフィール

profile-iconreportage

男子新体操とは??
女子のそれとは全く異なり、迫力のあるタンブリング(宙返りなどの技)と、キレのある動きで構成される競技。
棒、輪、縄、棍棒の4つの手具で行われる個人と、6人で手具を使わずに行われる団体とがあり、特に団体の演技は圧巻!
タンブリングの上をタンブリングで飛び越える「交差」や、6人が一糸乱れぬバック転を見せる「3つバック」など、思わず息を呑む迫力満点の見せ場が満載。死ぬ前に1回は見ておいて損はないです。
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:393123

(08月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 秘密、緻密 <香川県立坂出工業高校>
  2. 圧倒的な、
  3. 成長の源 <花園大学 久納直也>
  4. 限られたもの(前)
  5. 「いい選手」 <国士舘大学 佐々木智生>
  6. 未知の領域
  7. 09年全日本選手権前うち 青森大学 
  8. 青森大学-采配-(前)
  9. 限られたもの(後)
  10. 2012インカレ総括 団体

月別アーカイブ

2014
06
2012
10
09
08
07
06
05
04
03
2011
12
11
10
09
08
2010
12
11
07
06
2009
10
08
05
03
2008
12
11
09
08
05
04
03
2007
12
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss