地球は青い!

ミシャよ、あなたもこの歴史の一部だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この日を待っていた。サポーターや浦和に関わる人みんながそうだろう。 アジアを2度目の制覇は他のJチームにはない偉業である。浦和がビッグクラブとなるためにタイトルの少なさをよく指摘されるが、その上でもACLタイトル2個という事実は浦和の歴史にこれからずっと残る大きなこと。昨年はルヴァンを獲ったから少しずつ揃ってきてるかな。

本当に苦しい大会だった。今年の序盤はミシャの攻撃サッカーが良い方向に働いていて、大勝の連続だった。あの時の強さなら浦和がそのまま頂点までいくことも想像できたかもしれない。だが、浦和にはその後、1つの終わりを突然迎えた。ダービーの後から崩れだしたし、大体そういう認識で他の方々は思っているだろうが、私は少し違う。昨年タイトルを獲れなかったとき、限界は見えていた。崩壊も始まっていた。

ミシャは毎年研究してくる相手に対して、それを上回る攻撃戦術をアレンジさせて、シーズンを戦うのだが、いわば昨年は集大成だった。それでも最後勝てず、攻撃だけでそれ以上を求めるには限界だった。浦和が向き合うべき課題は他にあったのだ。サンフレッチェを率いていた時も同じ。攻撃一辺倒で相手を上回ることはどこかで限界を迎える。特にJリーグは実力伯仲で、水物である攻撃だけでは、頂点は難しい。そしてそれを突き詰めすぎると、どこかでバランスを崩壊させるポイントに達する。浦和の今季は最初の勝てていた時から、不安定状態にあった。ダービーはただのきっかけに過ぎない。

そんな中、予選は突破していた浦和は、済州に逆転勝ちし、ベスト8に進んだ所で、体制が変わった。堀監督は最初の1か月こそ、ミシャの戦術を踏襲したが、柏戦で4141に変更を加え始めた。個人的にミシャサッカーが出来なくなったことはシステムとは関係ない。正直、4141にした最初の数試合はミシャの攻撃が出来ていた。攻撃時は前線が5枚並ぶに近いシステムで、よく考えてみると、ミシャの時も攻撃時は4141みたいなものだ。それでも徐々に攻撃性を失い始めたことは、堀監督の守備への意識、バランスによるもの。2列目の4枚のポジションはボランチくらいまで低く、興梠が孤立してしまう。そのかわり、大崩れすることはなくなった。この点に関しては、来季への話にもなるので、本文の最後にもう少し触れたい。

次に迎えた川崎はたぶん、アルヒラル並みに強い。選手の個人技はアルヒラルの方が上だが、攻撃の緩急、いくらラインを下げてもその裏を突くスタイルは対応がとにかく難しく、あれは本当に凄いと感じている。風間のスモールフットボールもあそこまで突き詰めると本当に面白いものだ。浦和は堀監督になって、徐々に攻撃力もなくなっていたし、1stlegでは引きすぎたこともあって、とにかくやられた。でも最後、高木のシュートが入ったシーンを今になって思い返してみれば、頂点に立つ布石だったのかもしれない。なぜなら普通、打ち損ないがあんな良い感じに入らない。しかも時間帯も完璧な決勝点。出来すぎだった。済州戦の逆転の時間帯といい、流れは来ていた。

準決勝の上海戦は2度目の対決。グループリーグでH/Aで既にやっており、お互いがお互いを知っているので、非常に硬い試合となった。この時の記事でも書いたが、この2チームは何度やってもこんな試合展開、スコアになると思う。それくらい分かり合った両チームだ。ただ、浦和に槙野あってのものだ。今の日本でフッキを試合から180分消せ、と言われて消せる選手は何人いるだろうか。少なくとも浦和に槙野以外は見当たらない。

決勝はラスボスに相応しかったアルヒラル。サッカーはミシャサッカーのようにエレガントで、攻撃の考え方もそうだし、守備に穴がある部分もミシャサッカーだった。高い位置で潰しに行く昨年のミシャサッカーに本当に似ていたと思う。最後は何か、過去の浦和が目指したものを超えていけ、と言われているような相手だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ACL優勝 おめでとう浦和レッズ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

【J2・第42節_vs町田(H)】 『ミライへ』△1-1【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

祝!浦和10年ぶりのアジア王者【スポーツ えっせい】

【浦和レッズ】いざ、頂点に!【スポーツが好き過ぎて】

【決戦】スタンドもフェアな戦いを【赤い日々】

アルヒラル戦の感想と、2ndレグに向けて【パルシェン】

ACL決勝を左右する二人のブラジル人の存在【「読裏クラブ」のワンツー通し】

雌雄は埼玉スタジアムで決する【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:2343378

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss