地球は青い!

ACL、遂に最後まで続く・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

90分がこんなに長いものなのか。普段は1時間とか2時間なんてあっという間なのに。

ただ、おそらく上海とは何回対戦してもこんな展開、試合になると思う。やはり上海はボールが持てる選手が前線に多く、オスカルとフッキは攻めているときも常に見ておかなければならないので、浦和は攻撃に人数もかけられないし、トーナメントのような固い試合では特にこうなるだろうね。

1stlegの時にも言ったけど、川崎や鹿島より対策をしやすい。上海は個人技が中心なので、前線の選手がダイレクトでつながる場面はほとんどない。必ず、中盤で外国人選手にボールを持たせてから、展開する。一度ボールを持つので、浦和は次のコースの的も絞りやすい。そして上海としても一度持ってからだと、動き出しのタイミングが難しく、3人目の動きが出にくいので、どうしても攻撃はノッキングを起こしやすくなる。いや、本当に何度対戦してもこういう展開になるだろう。

しかし、浦和の選手たちも非常に集中していた。クロスに対する守備も相手の前を取られる場面は試合を通して1度もなかったし、ラインコントロールも良かった。また、槙野も遠藤も相手のつぶし所がはっきりしているときというか、マンマークの相手を試合から追い出させることは長けている。それにアジリティよりフィジカルが強い選手の方が得意なので、彼らにとってはフッキはそれほど苦手ではないかもしれない。

今日はこの2人に限らず、みんな集中出来ていたと思う。

長澤も本当に惜しい選手だ。前も言ったが、川崎フロンターレの大島の一歩手前だ。あと彼に相手を殺せる縦があれば、日本代表でもおかしくない。中盤でのボールキープ、体の使い方や視野は日本人離れしているし、守備もなかなかしぶとく出来る選手。浦和で密集でこんなに安心してボールを預けられる選手は他にいない。柏木でも狭いエリアだとそこまで安心感はない。あとは試合を決める選手になってほしい。そこさえ身に付けば・・・、そこさえ身に付けば、長澤の名前は一気に全国区になるはずだ。

上海上港とやるときは本当に不思議な感覚になる。バスケじゃないけど、守備をしているというより、フッキ、オスカルとのone on oneを何度も繰り返しているみたいなこの感覚。そして今日に関しては審判も現代サッカーに逆行するようなデュエルさせない笛で、昔堅気の審判というか、あまり大きな国際大会では吹いてはいけない審判だ。流すのか、吹くのか、そもそも吹きすぎだ。

試合の雰囲気も、対戦相手選手や戦術も、審判も、そして浦和の選手のモチベーションも、まさにACLという感じの試合だった。この1点の重い独特な雰囲気は何度も味わいたいと思うとともに、本当に時間が長く長く長く感じるもので、心臓には良いものではない。

まあ、ここまで来たら優勝しかない。次のアルヒラルはサウジアラビア最強のチームらしく、中東の雄みたいなので、何ともラスボスに相応しい。

レッズはまた2戦目をホームでやれるのは大きい。中東のチームはホームで強いが、日本まで来るような遠いアウエーではチームが変わるほどだ。1戦目では勝ち負けもだが、負けてもアウエーゴールを奪えれば、また分からない展開に出来るし、何よりこれでアジア全土を巻き込んだ大会のフィナーレの試合が埼玉スタジアムというのが、素晴らしい。チケット取れないだろうな・・・。

次の1戦目にマウリシオがいないのは本当に痛い。個人的に遠藤と阿部の真ん中はあまり好きではない。特に中東のアウエーで守備に追われるのは目に見えている。申し訳ないが、前の神戸戦で来季のACL圏内はいよいよ厳しくなったし、ガンバ戦、広島戦、そして優勝のかかっている本気の鹿島戦で、代役というか、センターバックの1つの答えを探す3試合にしてしまっても良いのではないかと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浦和‐上海【no title】

【図解で分析】日本のダブルボランチは動きすぎだ ~日本代表vsニュージーランド代表~【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

【図解で分析】内容では躍進するベガルタに川崎が勝てた理由 ~川崎フロンターレvsベガルタ仙台~【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

いざ、決戦の地へ(ACL準決勝)【赤い日々】

浦和のサッカーから失われた「展開」【地球は青い!】

アウェイゴールという安全神話???【サッカーバカのブログ】

原口元気の最大の魅力とは【パルシェン】

今こそサポーターの力を(ACL準決勝)【赤い日々】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:1128
  • 累計のページビュー:2312640

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss