地球は青い!

ACL、物語はまだまだ続く・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の2ndlegに繋がった。悪くない結果で、自分たちの巣へと彼らは戻ってくる。あとは、本当に浦和次第だ。選手だけでなく、クラブに関わるみんな、全員の力次第だよ。

フッキのミドルは凄かったけど、形はどうあれ、無失点は難しいと思っていたし、どこかでどういう形かで、フッキかオスカルにやられるとは思っていた。問題はアウエーゴールを奪えるかどうか、だった。この試合も前半で取れず、ずるずる行くと分からなかったが、サッカーでは点の直後に、逆の方に入りやすい。ワンチャンスですぐに取り返せたのはとても大きい。

あと、守備は予想以上だった。やられたシーンもあったし、相手のシュート数も予想通りだったものの、予想外だったのは浦和の中盤の守備と約束事が珍しくしっかりとしていたことだ。フッキには槙野を付け、抜かれた後、青木が素早くカバーに入る。青木が縦を切り、中盤とサンドし、自由を奪い、遠藤やマウリシオでインターセプトする。守備の基本ではあるが、いつもは出来ていない浦和が、事前に相手の個が強く、マークすべき選手が分かっていると、しっかりと規律をもって出来るのだ。また、今日は最後の所で、人数をかけることができたし、フリーにさせて、破綻になるケースを最小限に抑えられたのではないだろうか。

何故普段のリーグ戦でこの集中が持続しないのかが、疑問だが、おそらくモチベーションと事前の準備の差ではないだろうか。まあ、要はこれに賭けているという感じの所だろう。あと、正直なところ、鹿島や川崎のようにチーム全体として完成度が高く、攻撃のバリエーションが多い方が事前の対策は立てづらい。上海は潰し所が明確な一方で、鹿島や川崎はそうではない。その差も大きい。

そして個人的に今日良かったところは中盤のバランス。アウエーでは、どうしても攻め込まれた後、全体的に下がってしまうので、繋げず、2次攻撃、3次攻撃を受け、苦しい展開になる。しかし、今日の浦和は苦しい時、困ったときに中盤の落としどころというか、預けられるところが柏木と長澤の2か所あった。これはアウエーでは本当に大きいこと。すぐにボールを失わず、ラインを上げられ、連続的に攻撃を受けることもない。矢島ではなく、長澤を使ったことは本当に素晴らしかったと思う。長澤自身の凄さは前に1度触れているし、これくらいは出来ることは分かっているので、割愛する。あと彼は、柏木のように中盤のスペースの顔出しだけでなく、縦に抜ける動きとパスが増えれば、もっとすごい選手になる。それが出来れば、川崎の大島とか、あのクラスだ。

アルヒラルも強いし、ホームでの上海戦も一筋縄ではいかない。まだまだ、ACLの頂は見えてこないが、この苦しいシーズン、あとはこれしかないので、一球入魂、一戦必勝、今日の集中力をもっていけば、まだまだ勝負できる。頑張ろう。

最後に、まずは無事に帰ってきてね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

レッズにとって、ACLは特別!【サッカーバカのブログ】

2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書【1Q92】

浦和☓鳥栖 同じミスの繰り返し【浦和な生活】

【浦和レッズ】私と堀監督のサッカー感の違い【スポーツが好き過ぎて】

ACL切符は捨てよう VS鳥栖【パルシェン】

鳥栖戦の浦和はプロじゃない【地球は青い!】

Jリーグホームスタジアム訪問記~浦和レッズ~【This is J-league】

2017天皇杯4回戦 浦和☓鹿島 真ん中の強さと試合運びの差【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:175
  • 累計のページビュー:2283014

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss