地球は青い!

鳥栖戦の浦和はプロじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しい戦いが続くな。鳥栖戦はまさにそんなことを思わず呟いてしまうような中身と結果だった。シーズン序盤から守備がフワフワしていて、結果も出なくなり、改善できずに監督も代わった時点で苦しいシーズンになることは明らかだった。しかし、修正は難しいのか。

開始直後にまたも先制点を与える。これで何試合連続だろうか。先制点を取った試合をすぐには思い出せない。それだけに浦和の選手たちは注意して入ったであろうが、外から見ていると、とてもそのようには見えなかった。試合後の選手のコメントでもある通り、おそらくアウエーでもあり、鳥栖が開始直後からあれほど前から来るとは思ってはいなかったのだろう。最初の失点も、その後何度か続くピンチも共通している点は、玉際の部分で、言い方を変えると気持ちの部分で鳥栖の選手の方が食らい付いていた。

もちろん、戦術面も確かに良くない。浦和のラインコントロールは下手くそだ。この点に関して、細部まで練習をしていないのだろう。裏をとられ出すと、今度は裏が怖いので選手間でばらつきが発生し、よりバラバラになり、そして中盤のプレスとも全く連動していない。にもかかわらず、後ろ4枚になってから、基本的にラインは異常に高い。これは今後もどんどん狙われるだろう。申し訳ないが、この問題を解決出来るかどうかは堀監督の進退にかかってくると思う。

しかし、個人的には前半の気持ち、玉際の部分で鳥栖の選手に後手になっていたことが1番腹立たしい。後半の失点の場面でもそうだ。相手のゴールキック、これまでに何度も見てきた失敗の経験。ただこれも切り替えが遅れた。鳥栖は後半は特に浦和の背後にロングボールが増え、イバルボで競り勝つという柏戦のような展開を多用してきたが、浦和としてはまた同じ過ちを喫した。

守備が脆いと言われているが、選手1人1人の意識や対応だけで良くなる部分もある。それだけにこの鳥栖戦は引き分けという結果はさておき、中身はもはやプロとは言えないものだったと言っても過言ではない。

まだみんな来季のACL券を諦めていない。選手もそうだと信じていた。しかし、そうではない選手もいたようだ。戦術は仕方ない面があったとしても、玉際や気持ちの部分で負ける選手は自己申告で外れてもらいたい。あと7試合しかないんだよ、リーグ戦は。もう天皇杯もルヴァンもない。口では諦めてないと言うのならば、あと少しなんだから踏ん張れよ。

去年自分達が何故失点が少なかったか。もう一度去年の自分達のコメントを見直してくれ。ACLを通じて、玉際を意識するようになって、戦えるようになってきた。確かにこう言っていたよ。言葉の通り、取られてもすぐに取り返すサッカーを掲げ、玉際で負けてなかった。そこから攻撃にも繋げられていた。

鳥栖戦の失点シーン、繰り返す同じ失敗、攻守の切替や玉際で後手を踏む、正直、この試合の浦和はプロじゃなかったよ。

次の上海戦、前も言ったけど、無理に守備のことばかり考えるな。計算するな。今の迷路に入っている浦和にとっては考えてやろうとしても逆効果になる可能性がある。これまでの5年半をいつも通りぶつけていこう。最善はそれしかない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

鳥栖戦の浦和はプロじゃない

以前、フィンケ時代~ペトロビッチ(ミシャ)監督初期はよく読ませていただきました。ペトロビッチ(ミシャ)監督時代が終わり、また興味が湧いてきてこのサイトを見させていただいております。
出足が遅い部分に関しては、言い訳にはなりますが、単純に疲れ(体ではなく頭?)が大きな原因があると思いました。
仕事に例えると、『寝不足が続いて朝が起きられない(前半途中まで)→お昼頃から体が動き出す(ハーフタイム)→夜(後半半ば)に全開』という感じでしょうか。

それにしても、今回の試合のミスの仕方などは、フィンケ時代の試合を観ているようでした。
あの当時はセンターバックは暢久と坪井で、ベテランも含めて致命的なミスをする。4バックの練習をするのに、選手同士でロープを結んで行う等。

私個人としては、次のACL戦は4バックと3バックをうまく使い分けて、相手に的を絞らせないようにやってもらいたいと思っています。

こんな記事も読みたい

【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦【1Q92】

J2リーグ 第34節 岡山x讃岐(0:1)【J2にしがみつく】

FRIDAY。【■booby論■】

Jリーグホームスタジアム訪問記~浦和レッズ~【This is J-league】

2017天皇杯4回戦 浦和☓鹿島 真ん中の強さと試合運びの差【浦和な生活】

堀監督になって何が変わったのか【パルシェン】

今更ながらの槙野不要論【赤い日々】

浦和には今を乗り切る駒が足りない パート2!【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:5771
  • 累計のページビュー:2281986

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss