地球は青い!

4-1-4-1は浦和の未来を作れるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏戦はなかなか評価の難しい試合だった。私個人の考えを言わせてもらえば、一定の評価はしたい。これは別に開き直っているわけでも何でもない。

正直、敗れた後のブーイングは当然といえば、当然かもしれないが、今日のブーイングは矛先が選手個人に向けられるものであるべき試合だったと思う。個人的には監督がチャレンジをしてきたことに関しては評価したいし、今の苦しいメンバー事情でやれることはやったのではないかと思っているからだ。この試合は勝つという結末を得られる選択も存在した。それを逃したのは、選手たち自身に他ならない。

堀監督はこのシステムでプレッシングサッカーをやりたいのだろう、ということは就任して間もない頃の投稿で書いたが、この柏戦でまさにそれをやってきたところで、確信に変わった。この試合の前半は堀監督時代の浦和ユースそのものだった。

この4-1-4-1というシステムだが、個人的には最もバランス的には良いのではないかと思っている。4-1-4-1とはいうものの、このシステムでは基本的に4-3-3のような形となる。守備の時には、前から嵌めやすく、ブロックを作るときには4-5-1の形で中盤を厚く可変することもできる。このシステムは守備的にも攻撃的にも戦うことができ、2列目で段差を作ることで選手の属するポジションも流動的に出来る。ただ、両サイドバックのケアとカウンターに対してはチームとして約束事が必要になる。

そして、前半はこのシステム、戦術の狙い通りだったのではないだろうか。高い位置で奪い取った後の早い縦の攻撃が出来ていたし、プレッシングがはまっていたことで、柏にあまりロングを蹴らせなかった。ただ、浦和としての誤算は前半で仕留められなかったこと。

これはチーム事情になるが、この戦い方をやるのであれば、DFがいない。 このサッカーでは、プレッシングを剥がされたとき、もしくはかからない時間帯で、後ろがリスクにさらされることは避けられない。だからこそ、前半で仕留め、先制点を取り、先にバランスを取ることがとても重要になる。しかし、それができなかったとき、柏戦のような我慢しなければならない時間帯がくる。前半で入れられれば、それに越したことはないが、まあ、今日のように入らないときもある。そのときに我慢できるかどうか。そこで我慢できれば、もう一度ギアを入れることができる。でも今の浦和にはそれは酷な話だ。

特にこの試合の柏はスタメンから意図がプンプン見えてきて、後半、浦和のプレッシングがかからない時間帯に、なおかつラインの高さを前半で感じ取っての上で、背後のスペースを顕著に使いだした。まさに前線の外国人のフィジカルとスピード、決定力を前面に生かすもので、それ以外には何もなかった。しかし、サッカーとはそういったシンプルな部分で差を見出せるものだ。今季、何度もやられているが、これは個人の問題でもあり、対策しようにもするための駒がない。遠藤では相手の強いフィジカルには対応できないことは既に何度も実証済みだが、その遠藤をCBから解放できないチームに浦和はなってしまっている。2失点目なんかは遠藤自身、対応を投げ出すほど、もはやどうにもなっていなかった。

遠藤自身のフィジカル的な問題もあるが、それより大きいのはCBとしての駆け引きの独特な勘である。ボランチで育ってきた選手とCBで育ってきた選手はこの勘に一番差があると思っている。例えば、鹿島の昌子にしたって、フィジカルがJの誰よりも強いかと言われれば、そうではないだろう。力勝負だけでパーフェクトに勝とうと思えば、リーグでナンバーワンの身体能力が必要だ。要はDFはずっと色々なFWとやっていると、もちろんやられることも何度も出てくる。そのため、自分より強い相手にやられないためにどうするか、敢えて相手に先に触らせる等、どうすれば、守れるのかを常に工夫する。だから良いCBになるためには何度も何度も若いうちにやられた方が良い。そして、だからこそ、失敗覚悟で橋岡は今のうちから積極的に使ってほしい。遠藤の守備はボランチの刈り取る守備で、力勝負から抜けられていない。これ、槙野も同じなんだよね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3連勝で首位キープ。鹿島 1-0 大宮【二つの歓喜をもう一度!】

『グランパス』VS 大分戦~画竜点睛を欠く~【赤の血潮と、青の魂】

【17/9/9:甲府対清水】光った小林監督の3つの采配、大きな勝利【1Q92】

ルヴァンカップ 準々決勝第2戦 浦和☓C大阪 またもやアウェイゴールに泣く【浦和な生活】

浦和の模索は続く・・・【地球は青い!】

ルヴァン準々決勝第1戦 C大阪☓浦和 凡戦の次の試合をどう戦うか【浦和な生活】

橋岡は浦和の未来!【地球は青い!】

清水×浦和 取り戻しつつある自信【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:5920
  • 累計のページビュー:2257624

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss